--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.13

W杯初戦

4年間待ってこれだったか・・・・と思った90分(´・ω・`)

うん、まさかこんな結果になるとは思っていなかったよ。
まさか3-1だなんてね。
俊輔の1点目は、キーパーチャージを取られてもおかしくないかな
と言うプレイだったので、ゴールが決まった、いいの?やったー!
と、喜びにタイムラグはあったけど
まさか審判ったらこんなことを言ってたなんて。

サッカー=主審が日本の得点を誤審と認める、豪選手のコメント

 GKシュウォーツァーによれば、この試合の審判を務めたエジプト人のエッサム・アブデルファタ主審が、中村俊輔のゴールは誤審だったと謝罪したという。
 この審判は試合後、主将のビドゥカと言葉を交わした際、「最終的にオーストラリアが勝ったので、神は自分の側についている。(自分の審判は)最終的に結果に悪い影響を与えなかった」と話したという。



これが事実だとしたら、これこそ問題発言なんじゃね?
後半、駒野がペナルティエリア内で倒されたプレイでPKとらなかったのも
実は恣意的だったんじゃ?と思わせられるし
大体においてファウルのとり方も甘かったと思う。
(ぶっちゃけ、韓国サッカーが削るサッカーだと思ったのは
ヒディンクのせいだったのか、とも思えるし)
いろんな意味で審判のレベルは上げてほしいと思うし
いくらなんでもこんなことをゲーム中に言っちゃう神経が信じられないわ。

このゴールに関しては高原、柳沢がGKに突っ込んでしまう前の段階で
すでにDFに押されてることを考えりゃ、相殺で得点っつーことで
ぶっちゃけOKなんじゃないかとも思うw

こんな記事もある
日本の決定力不足に厳しい評価

12日のW杯初戦でオーストラリアに敗れた日本について、各国メディアは厳しい評価を下した。

 ▽ブラジル 元ブラジル代表で日本代表監督の経験もあるファルカン氏が「怖い相手ではない」と指摘するなど、22日に対戦する日本への警戒心は緩んだようだ。評論家のバスコンセロス氏は、リードを守りきれなかった日本の「試合運びのつたなさに非常に驚いた」とあきれた様子だ。別の評論家は後半、相手ゴール前で高原のパスを受けた柳沢の力のないシュートが象徴的だったとして「あれを決めれば勝利は間違いなかったのに」と嘆いた。

 ▽イタリア スポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトは日本の積極性のなさを指摘。一方で、各メディアは主審の重大なミスが2度あったと報じた。一つは日本が先制した場面のGKへのブロック。1―1の終盤にケーヒルがペナルティーエリア内で駒野を倒したが、反則を取らなかった判定も「PKだった。最悪の審判ミス」(コリエレ・デラ・セラ紙)。ANSA、ガゼッタ紙も同じ論調で幻のPKを惜しんだ。 (共同)



フリット氏「俊輔弾は正当」

往年の名選手たちには日本に同情的な人もいた。オーストラリアびいきの英国で日本-オーストラリア戦のテレビ解説した元イングランド代表DFサウスゲート氏は「駒野がエリア内で倒されたのにPKをもらえなかったのが不運だった」と話した。また元オランダ代表MFフリット氏は「中村のゴールは正当だ。オーストラリアGKが墓穴を掘った形だった」と主張した。

[2006年6月13日11時8分 紙面から]日刊スポーツ



まあ、こういう記事が出ても
3-1で負けたという結果は残っている。

うん、いろいろ言いたいことはあるさ。
例えば、川口くんの確変(ネ申状態)が目立つ=攻められているってことだし
柳沢と高原が決定的なチャンスにキッチリ決められなかったし
中村はスタミナ不足を感じられたし
ヒデは・・・・やっぱりもう合ってないんじゃないか、潮時かも
と思わせるように見えたし
DF陣のふがいなさも見えた。

そしてジーコ・・・・彼は采配には向いてないのかもね。
選手の自主性を、と彼は言うけれど
最終的にチームを指揮するという部分で
もうちょっと(いやかなり)早く決断してもらいたかった。
確かに坪井で1枚カードを使わざるを得なかったけれど・・・・。

あのあと、眠れなくてアメリカ×チェコ戦を見た。
とても面白い試合だったよ。
チェコが3-0で勝ったけれど、アメリカもがんばっていたし。
これ見た後、日本の試合を改めて思い起こすと
ぐだぐだだったな・・・・。
ある意味これが日本の実力だったのかも、と
ちょっと諦めモードになっちゃったりして。

まあ、まだ完全に決勝トーナメントに進出できないと
決まってしまったわけではないから
ここは豪戦から反省し、切り替え
クロアチア戦こそがんばってほしい、心からそう思う。

がっかりしても情けなく思ってもだめぽだと諦めても・・・・
それでもアテクシ日本代表を応援してるもの。
スポンサーサイト
Posted at 20:41 | スポーツ | COM(3) | TB(0) |
2006.06.13

いくらなんでも('A`)

小中と、母親が通信簿の家庭欄に
「漫画ばかり読んでいて困っています」
と書いていた過去を思い出す今日この頃。

【ファンキー通信】マンガが読めない子供たちへ・・・

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

いくらなんでも漫画すら読めないってどういうことだよ?????
こ、これがゆとり脳?

ゆとり教育フラフラ組の息子ですら読めると言うのに
意味がわかりません><
漫画なんて誰かに読み方を習わなくても
自然に覚えるものだと思ってました><
Posted at 13:26 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。