--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.10

W杯が終わった

この1ヶ月、一喜一憂してきたW杯も幕を閉じ
ちょっとつまらないと思う今日この頃。

昼寝をたっぷりして決勝に備えた甲斐もあって(w
無事に最後まで見ましたよ。
前半いきなりのPKにええ!と思いつつ
その後コーナーからイタリアが同点に追いつき
ちょっとグダグダの後半、そして延長
延長後半のジダンの頭突きに最後のPK・・・

つくづく日本はまだまだだな、と思ったと同時に
サッカーはやっぱり格闘技・・・・とも思ったw
肘打ちに足ふみ、足蹴に膝蹴りに頭突きw
最後の頭突きは余計だと思うけどwww

ジダンの退場について、某キャスターが
「よっぽどのことを言われたに違いない」
なんて言ってたけどさ
ジダンの頭突きはアレが初めてってわけじゃないことを
理解しておかなきゃいけないと思うよ^^^^^^^^^^^^
キレやすいのは仕様です><
決して人格者ってわけではありませんので^^^^^^^^^
まあ、挑発を受けたのかもしれないけどさ。
報復行為は(・A・)イクナイ
しかもあんな派手に('A`)ヴァー
ありゃ擁護できないと思うよ。

こんな波乱もあったけれど
W杯はイタリア優勝で幕を閉じた。
終わってみればやっぱり欧州勢ばかりの決勝Tは
ちょっと物足りない気もしたけれど
やはりレベルの高い試合が続いて面白かったよ。

4年後は南アフリカでの開催になる。
今回ベテラン勢が多く活躍した分
うまく若手にシフトできていないチームが
どんなサッカーを見せてくれるのか、楽しみでもある。
日本はまずは世代交代、そして予選突破できるか・・・・
オシムジャパンの今後に期待しつつ
4年間楽しみにしていよう。
スポンサーサイト
Posted at 10:43 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.07.10

今更ながら中田引退のこと

中田引退発表の日に、エントリ書いたのに
なぜか反映されていなかったので腐っていた今日この頃(´・ω・`)

日本がW杯GLで最下位に終わり、消えてしまってからというもの
代表について今まであまり言われていなかったことが
ちょっとずつ記事になっている。
それでも中田叩きみたいなのは、ちらほら以前から見られていた。
なまじアジア杯で中田がいなかったときに
ちょっと結果みたいなのを出したもんだから
不要なんじゃないか?みたいな論調はあったしね。

でもそれでも、ジーコが中田を呼び
中田もそれに答えるように努力していた様子は
試合を見ていてもわかった。
ただ、周囲とプレイが合わないと感じられることも多くて
中田だけ浮いてるのか?と思ったことも事実。
ここまで合わないのなら、いっそ外れた方が中田や代表のためかも?
なんて思ったことすらあった。

それでも中田は自分のできる最高のプレイをしようとしていたと思うし
その最高のプレイを仲間にも求めようとしていた。
それがプロというものであり、当然だとアテクシも思う。
ただ中田の最高のプレイについてこれる選手が
実はいなかったんじゃないか、そう思う。
実力があったとしても、意識が低かったと言うことかもしれない。
そんな中で現役引退までしてしまうことになった中田には
同情してしまう。

中田の引退発表前から、代表の中で中田が浮いた存在であったような
そんな報道がいくつか流れていた。
オージー戦で負けてしまった後
中田が提案して選手だけで食事会に行ったと言う記事がある。

16人だけの寄せ書き-決起集会で露呈した温度差

 ボン郊外の日本食レストラン内に日の丸が掲げられている。そこには日本代表選手のサインが書き込まれている。15日夜、オーストラリア戦敗戦のショックを払しょくし、クロアチア戦に向けて気勢を上げるため、中田が提案し、選手だけの決起集会を行った。その時、日の丸を見つけて「サインを書こう」という話になり、中田が先頭に立って書き入れたものだ。ところが、サインの数は16人分しかない。当日、中村は発熱で欠席したものの出席者は22人。つまり、その席にいた中の6人は書かなかったことになる。この事実がチーム内の溝を象徴していた。

 今大会を集大成と位置づけた中田はチームワークも重視し、チームの輪にも積極的に入ろうとしていた。練習前には仲の良いグループでウオームアップを行う。中田はこれまで1人離れて体をほぐしていたが、W杯前には一時、小野らを中心とする黄金世代と一緒にリフティングに興じたこともある。「ヒデさんが1人でいるからチームを盛り上げるためにも誘った方がいいかな」という後輩の誘いに応じ、中田が歩み寄ったのだ。

 しかし、それも長続きはしなかった。控室でも読書をするように1人を好み、練習前もストイックに集中を高める中田。楽しい雰囲気でボールと戯れる黄金世代。他にもチーム内にはいくつか仲の良いグループもあった。ただ、中田の妥協を許さぬ姿勢は1人、明らかに突出していた。



2ちゃんねる等で憶測として、サインを書かなかったのは
黄金世代の仲良しこよし組じゃないかと憶測も流れていた。
何しろ記事もそんな感じだし。
でも所詮憶測だし、と思っていたが、実際にサインしなかったのは
黄金世代組だったようで本当にがっかりした。
記事


たかがサイン。
だが、一丸となってクロアチア戦でがんばろうという
そういう会の席上であること
日の丸を飾って応援してくれている店側への気持ちの問題
それを考えると、サインを書かなかった6人の
プロとしての意識の低さが露呈しているのではないかと
そう考えざるを得ない。

中田は、代表だけでなく現役から引退してしまう。
最後のW杯があのような形になってしまって
本当に悔しいだろうとは思うけれど
向上心旺盛なようだから、彼なりにやっていくことだろう。
非常にもったいないとは思うけれど
それは中田自身が決めたこと。
代表の中ではなかなか伝わらなかった思いだが
その思いを汲んでくれる人がいることを感じて
引退を決めた中田。

本当にお疲れ様でした。
Posted at 01:30 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。