--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.24

本荘高校の話★2

今でも出身地の応援を、甲子園ではしてしまうアテクシって
愛県精神たっぷりよね、と思う今日この頃。

さて、前のエントリに引き続いて本荘高校VS秋田高校の話。
サンスポがこの件について、コラムを書いてるので引用。

「作戦」と「フェアプレー精神」

打者に故意に三振させた秋田県の本荘高野球部が、フェアプレー精神に反するとして始末書を取られたというニュースには苦笑させられた。22日の秋田大会準決勝で12対1とリードした本荘が、雨天ノーゲームを避けるため、七回表一死二塁で監督が打者に三振するよう指示し、打者がボール球を振って三振したという。

「アンフェアなプレーをしないように」と県高野連が指導したが、次打者のとき三塁走者が意味のない本盗を狙ってアウトになった。その裏、秋田の攻撃終了終、規定により雨天コールドゲームが成立し本荘の勝ちとなった。「せこい」ともいえなくないが、雨中戦ならこれも作戦のうちだろう。

プロ野球でも力投を続ける投手が打席に立つと、さっさと空振りして三振する。だからといって始末書など取られはしない。故意の三振がアンフェアなら敬遠の四球も始末書ものだ。スポーツは相手が嫌がるところを突くのが大事な戦術で、それを「アンフェア」といわれたら、野球は成り立たない。大きなお世話である。

今夏の高校野球地方大会は長雨の影響で、多くの大会で大幅な日程変更を余儀なくされている。「各連盟は大変なご苦労が伴うと思われますが、今後の球場確保や審判割り当てなど一層のご努力をお願いします」と、日本高野連は各大会本部や出場校に異例の激励メッセージを送った。

秋田は珍しく予定通り23日に決勝を終えた。日程にゆとりがありながら前日、試合開始時から雨が降り最悪の状況にもかかわらず準決勝を強行したおかげだった。選手のコンディションより、観客が集まる日曜日決勝にこだわった形だっただけに、始末書提出には余計首をひねった。

(サンケイスポーツ・今村忠)



それから、2ちゃんからの引用なのだが
試合経過についての詳細があったのでそれも見てもらうといいかも。

試合経過その1

【教育】 「屈辱だ」 試合成立狙った監督、"わざと三振、無気力ホームスチール"など指示…高校野球秋田大会★6
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/
newsplus/1153686542/304


304 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/07/24(月) 09:27:21 ID:onIYxWJ30
5回表:本荘の攻撃
①5回表に本荘が4点を追加し9-1とする。
②8点差のためこのままでは本荘の7回コールド勝ちとなる。

5回裏の秋田の攻撃が終了後、雨足が強くなり、試合が一時中断。

6回裏:秋田の攻撃
①打者が1球ごとに打席を外す。
 →頻繁に打席を外すのは遅延行為の疑い。
②無得点に終わり8点差は変わらず。秋田の7回コールド負けが近づいて
くる。
③7回コールド負けを回避するには7回裏に8点差を6点差以内にする必要
あり。
 しかしながら7回表に本荘に3点を追加されたので、
雨天中止とならなければ、実際には11点差を6点差以内、
つまり7回裏に5点取る必要があった。

試合経過その2

315 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/07/24(月) 09:32:59 ID:onIYxWJ30
7回表:本荘の攻撃
①この回から、秋田の投手の投球テンポが遅くなる。
 本荘が追加点、10-1とする。
②本荘の4番に対して2番手投手を降板させ公式戦未出場の1年生を登板。
 →投手交代のため時間が経過。
 →投手交代は何アウト、ランナー何塁の場面ですか?
  また交代時の点差は何点差でしたか?9点差ですか?
 →公式戦未出場の選手を登板させるのは本荘の4番に失礼な行為?
③投手交代後、本荘は点数を追加し、スコアは12-1となる。
④1アウト2塁で秋田3番手投手が本荘の8番打者に敬遠を意図
 →明らかなボール球を空振りしたのが本荘に対する処罰の理由のため
 →敬遠は遅延行為
⑤本荘の2塁走者が三盗を試みる
⑥秋田の三塁手はアウトのタイミングなのにタッチせず三盗成功。
2アウト3塁
 →アウトにできるのにアウトにしないのは明らかな緩慢プレーかつ
遅延行為
 →インターネット上にこのプレーに関する画像あり
up7987.jpg


⑦このプレーを受けて本荘の監督が8番打者に対してボール球でも打つよう
指示
⑧雨による視界不良のため本荘の8番打者が空振り三振。2アウト
 →この三振を審判が緩慢プレーと判断し、本荘高校が注意を受ける
 →意図的な三振である可能性も
⑨本荘の9番打者に明らかなボール
 →2アウト3塁で9番打者の投手と勝負しないのは不自然。遅延行為の
疑い。
⑩13点目を狙い本荘の三塁走者が本盗を試みるがタッチアウト。本荘の攻撃終了。
 →この本盗を緩慢プレーと審判は判断。



これが事実だとすれば・・・・

秋田の高野連は腐ってる。
ホントにおかしいと思うよ。
遅延行為こそ責められる行為なんじゃないだろうか?

正直、本荘高校とは野球に関してはちょっとした
恨みみたいなのがあるw
母校が一番強かったと思われていた時に県大会で本荘高校と対戦
負けちゃった→本荘高校甲子園出場('A`)
だから、あんまり応援とかはしたい高校じゃないのは確かだったりする。
ええ、個人的なホント些細なことなんだけどw

でも、でも今回の件は些細なひっかかりは忘れて
本荘高校を応援したいと思ってる。

秋田高校側は、遅延行為を認めてはいない。
が、実際遅延行為と思われるようなことはしていたようだ。
昨日(昨夜)も書いたが、ルールの中で勝つために
最大限の努力をしようとした中で
本荘の監督としては流れを何とかしようとしたんだろうと思う。
もちろん、秋田の監督もノーゲーム再試合に賭けていたことだろう。

この件でアテクシとしては本荘の監督や
試合をしていた秋田高校・本荘高校の生徒を責める気には
あまりなれない。
どちらも雨の中で勝つためにがんばっていたことだけは確かなのだから。
問題は審判・高野連にあると思う。
秋田の監督にもちょっぴり、ね。
12-1の絶望に近い大差をつけられていて
あんなコメントを出す監督の神経も疑う。
でも一番は、偏ったジャッジをし片側にだけペナルティを負わせ
まるで本荘だけを悪者にしようとする行為ではないだろうか?

今はどうだか知らないが、アテクシが高校生だった頃は
当時推薦が理数科にしかなかったことから
野球のうまい中学生を推薦で理数科に入れてると言う噂すらあった。
受験でも野球部出身者は成績があまり重視されないとかね。
ちなみにわが母校(一応進学校)でも
野球部の頭の悪さは有名だったよwwwwwwwwwww
赤点常連組なのになぜか留年はなしだしwwwwwwwwwww
それでも「野球部だから」で笑い話だった件wwwwwwwww
秋田高校がやってないとは思えないけどね、当然。
何でそんなに必死かというと
甲子園に行った=田舎の高校の名誉であり
進学校なんかだと「文武両道」だと喧伝できるワケですよ。
インターハイ出場、インターハイ優勝なんかよりも
甲子園に出場の方が上だったりするのが、田舎クオリティw

それくらいどこも必死なのよ^^
ところが、OBの権力が一番絶大なのが秋田市内の高校。
問題の試合も秋田高校よりのジャッジが見られたらしいし
決勝も不可解なジャッジがあったようで、ホントに本荘高校は
かわいそうだと思うよ。
そして決勝前に始末書の件が報道されてしまうのもどうかと思う。
しかも遅延行為について触れていたのは読売だけであって
朝日や毎日の記事だけ読んだら、本荘がフェアプレーしていないように
受け取れてしまう。
監督のコメントだって「ボール球でも振って来い」→「三振して来い」
になってるしね( ゚д゚)

この件、どっちがフェアでないかではなく
両方とも勝つために最善と思われる策をとっているが
両方とも「遅延行為」「敗退行為(?)」という点で
あまり褒められたことじゃなかった。
つまり、始末書を書くとしたら両校ともであって
本荘高校のみではないはずなのだ。
いまさら「遅延行為があった」なんて死んでも言うはずないだろうから
このまま秋田高校側は処分なし、高野連も間違ってないの一点張りだろう。
朝日にしたって一度載せた記事を撤回することはないと思う。
なにしろ本荘の監督が始末書を提出してしまっているし
実際アンフェアなプレー(?)を認めているから・・・・。

だが、本荘高校だけが悪者になってこのまま甲子園なんて
かわいそ過ぎると思うのはアテクシだけだろうか?
彼らだって必死で戦ってきたのだ。
対戦高校だけでなく、不可解なジャッジとも。
それなのにこの件が大きく報道され
しかもヒールのまま甲子園のグランドに立つことになってしまった。

だから、アテクシは元地元代表の高校として
応援してあげたいと思うのだ。
スポンサーサイト
Posted at 18:05 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.07.24

本荘高校についての偏向報道に気をつけろ!

夏休みに入ったと言うのに涼しい日が続いている今日この頃。

サッカーが終わったら今度は野球ですよ^^^^^^^
プロ野球はあんまり好きじゃないけど、高校野球はなんか好きで
毎年見てたりする。
今は県大会の季節。
いくつかすでに出場校も決まっている模様。

さて、秋田県大会では久々に本荘高校が出場を決めたらしい。
ところが準決勝での戦い方について
ちょっとイヤーな報道がされているらしいことを知った。
で、記事を検索してみたらね~・・・・

試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会

 秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘に故意に三振するなどフェアプレーに反する行為があったとして、県高野連は本荘に対し23日の決勝開始までに始末書を求めることにした。

 問題の行為は7回表、雨が降り続く中であった。高校野球では、7回が終了すれば雨天でコールドが成立し、そこまでの得点の多いチームが勝者になる場面だった。

(中略)

 試合後のインタビューに、尾留川監督は「選手に、空振りしてこいと指示した。マナー的にはどうかと思ったが、早く終わらせて試合を成立させたかった」と答えた。

 秋田の佐藤幸彦監督は「最後まで一生懸命やろうとしていたのに、負けた以上の屈辱だ。悔しい」と話した。



さて。
これは朝日の記事だ。
(ちなみに毎日も短いながら同じ感じの記事でしたよ
高校野球:故意に三振、秋田・本荘高が始末書

だがちょっと待ってほしい。
ここに読売の記事がある。

監督が三振指示、雨天ノーゲーム避け…秋田大会準決勝

 22日に行われた夏の高校野球秋田県大会の準決勝・本荘―秋田戦で、雨天ノーゲームを避けるため、本荘の打者が、監督の指示を受けて故意に空振りしていたとして、県高野連は試合終了後、同校野球部に対し、フェアプレーするよう指導し、始末書の提出を求めた。

 同校は、相手の遅延行為に対抗するためだったと説明している。

(中略)

 本荘の尾留川徹監督は「相手チームが試合を遅延させ、ノーゲームにしようという意図が見えた。早く試合を進めるようボールでも打ちにいけと指示した」と説明。

 秋田の佐藤幸彦監督は「ばかにされた思いで大変悔しく、憤りを感じている」と話している。



比べてみてどう思いますか?

県大会は、ホントに両校とも勝つために超必死だったりするわけ。
今回、本荘高校は7回表に試合を進めるために
監督が空振りを指示したとして始末書を書かされた。
確かにマナーとしてどうかな~?とは思うが
勝っている側はそりゃ、試合が成立してくれた方がありがたいわけだ。
反対に12-1で負けていた側の秋田高校はといえば
これで試合不成立になればやり直しになる。
雨もざーざー降ってきているし、不成立になってくれれば・・・・
そう考えるのも不思議ではないどころか、当たり前に思うものだ。
スポ少の野球だって当たり前に考えること。

試合が成立するかしないか・・・・お互いの高校にとっては
大きな問題だったのは、野球知らなくてもわかると思う。

遅延行為では、と、相手チームが思うようなことが
実際には試合中にあったのかもしれない。
(秋田にいないので見てないしわからないのよね)
あったとすれば、どっちもどっちのような気がする。

ただ、朝日(毎日)の報道ではそんな様子はさっぱり伺えない。
朝日(毎日)の記事だけで
本荘の監督の行為を断罪するようなブログが見られる。
卑怯だ、監督を辞めさせるべき、さっさと負けて帰って来い
なんて調子だ。
例に出したブログのどこにも
遅延行為についての言及がないことを考えると
朝日、毎日の報道の罪がわかってもらえると思う。
なにしろ監督の答えすら違ってるんだから
朝日なんて意図的だとしか思えないもの。
(ちなみにどなたも実際の試合を見たわけではなさそう)

まあ、ニュースについてブログを書くときには
別の社の同じタイトルの記事を見比べる必要はあるかもね。
じゃないとちょっと恥ずかしいことになるよ^^^^^^^^
Posted at 03:36 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。