--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.26

TBS・・・・

うちのアンテナと相性が悪いみたいだし
実家にいた頃は放送すらしてなかった局なので
ほとんど見ることのないTBSだが
あまりにもひどすぎると思う今日この頃。

TBSがおわび、安倍長官と旧731部隊一緒に放映

 TBSは26日、同社の報道番組「イブニングニュース」が21日の放送で旧日本軍731部隊の映像を扱った特集の一部に安倍官房長官の写真パネルが数秒間映っていたと発表したうえで、「意図的ではないが、おわび申し上げます」とする談話を出した。安倍長官は26日午前の記者会見で「私の政治生命を傷つけようということであれば大変大きな問題だ」と語り、総務省の調査結果を待つ考えを示した。

(中略)

 TBS広報部のコメント 「ニュース内容とは関係のない写真パネルが映し出されたことについては、決して意図的なものではありませんでした。しかしながら報道の趣旨とは全く無関係な方々にご迷惑をおかけしたことにつきましておわび申し上げます」

<すぐデリられるであろう、Youtubeの動画



ちょwwwww朝日に突っ込まれてるwwwwwwwwww
ってところは(つ´∀`)つ置いといて。

TBSがこんなに胡散臭いことをやりまくってることを
意識していない人も多いかもしれないが
オウムの坂本弁護士殺害のきっかけになったのが
TBSが放送前のVをオウム幹部に見せたことだというのは
知っている人も結構いるんじゃないだろうか?
それ以来、TBSではワイドショー関係は自粛してほとんど放送していない。
また、石原都知事の発言に正反対のテロップをつけて
訴えられたことを覚えている人もいるかもしれない。
*まとめサイト
あまり知られていないが東条英機の孫の発言も正反対に報じたり
米議員の発言を翻訳ミスしたり
(★18年6月 「ニュース23」が、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について
「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語った
ヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長(共和党)のコメントを、「行くべきではないと強く思っている」
との日本語字幕を付けて放送。7月5日になって、番組中で釈明した )
これまたいろいろやっているようだ('A`)
そして記憶に新しいのは白いんげんダイエットの件。
この件では健康被害が出たこともあって、行政指導を受けている。
次回同じようなことをしたら電波停止などの行政処分も
と宣告されていたはずなのに。

今回は多数への健康被害はなかったが
安倍官房長官の名誉毀損にもなりかねない使い方で
TBS側は意図的ではないとコメントしているけれど
動画を見る限り必要とは思えないカメラワークで
必然性のないシーンを意図的にカットせずに流していると
受け止める人のほうが多いのではないだろうか?
小道具だったと言い訳しているが
それならなぜそんな小道具がアングルに入っているのか
非常に不自然だからだ。

本当にこの放送局は何をしたいのだろう?
大体報道番組なのにあからさまに意図的と思える
発言の取り上げ方をしたりしているが
大体同じ方向性の取り上げ方だったりする。

こんなことを平気で繰り返す放送局が存在し続ける日本は
あまりにも自由すぎないか?^^;
繰り返してるんだから自浄なんてできるとも思えない。
結局体質は、オウムに肩入れしていた頃と
大して変わっていないということなのだ。
行政が放送に介入することはあまり好ましくないことだろうが
ここまであからさまにヒドイ放送局は
もういっそ、放送免許を取り上げた方がいいかもしれない。
TBSがなくなっても、民放は他4局もあるんだし^^
スポンサーサイト
Posted at 17:31 | テレビ | COM(2) | TB(0) |
2006.07.26

審判の技術向上を願う

ひいきのチームが負けたのを、審判のせいにするのはよくないけど
やっぱり審判の質が低いと腹が立つよな、と思う今日この頃。

モンテディオ、不可解判定に負けた

 ◆J2第29節 山形0―1東京V(22日・山形県総合運動公園) モンテディオ山形は、前半に林晃平(28)とレアンドロ(21)の2トップが一発レッドカードを受けたのが響き、0―1で東京ヴェルディに敗れ、7位から8位に後退した。ベガルタ仙台は1―1で格下・愛媛FCに痛恨のドロー。MFチアゴネービス(21)が、後半28分に同点ゴールを決めるのが精いっぱいだった。

 山形に対する不可解な判定の連続に、試合終了のホイッスルがなると、スタジアム中に怒号が渦巻いた。前半で2トップが一気に退場して0―1での敗戦。サポーターたちは、家本政明主審(33)へ「八百長、家本!」と怒りをぶちまけた。さらには、東京Vの選手が乗るバスを取り囲む事態にまで発展。樋口靖洋監督(45)も、「これもサッカーだと考えなければいけない。ただ、判定の基準がどこにあるのか明確にしてほしい」と納得のいかない表情だった。

 0―0で迎えた前半31分、林が相手DFと交錯した際、ひじ打ちを食らわせたとして、一発退場。同38分には、FWレアンドロが相手選手を蹴ったとして、同じく即レッドカード。前半途中で0トップ布陣を余儀なくされた。2人もの数的不利を強いられた山形は、完全にサンドバッグ状態。FWを2人から3人に増やした東京Vに前半44分、先制点を奪われた。痛い連敗に、指揮官は「選手たちはよくやった。次は勝ち点3を取れるよう、全員で戦いたい」と自らを奮い立たせた。

(2006年7月23日11時02分 スポーツ報知)



サカ好きねらーの間では
「また家本か」
で通じるような審判が、またやらかしてくれたようで
腹立ち紛れにバスを囲む会発動。
ちなみにご本人、警備員に囲まれながら帰宅されたようで^^^^^^

先日のW杯では高評価だった上川さんもいるが
全体的にJの審判のレベルは高いとは言えない。
すぐファウルを取る、試合コントロールができていない
感情的に見えるジャッジ、偏向ジャッジなど
まあ、ある程度は話半分で聞いてもいいかなと思えることもあるが
実際何このジャッジ?????
と思うことがあるし、さらに特定の審判がヒドイ判定を下していたりで
首を傾げるどころか、なんで審判なんだ?と思うことすらある。

で。

今回の騒動の発端となったジャッジをした家本審判は
協会の覚えはめでたいが、サポからは非常に嫌われているw
というか、家本主審の時は諦めるしかないまで言われているらしいw
何しろ彼の場合は今回に限ったことじゃなく
八百長とか買収とかのレベルじゃなく
単にジャッジが下手なんじゃないかまで言われてたりするw

90分通して一貫したジャッジをしていてくれれば
まだ見ていて納得できるのだが
これを取ったのに何でこっちは取らないの?とか
辻褄あわせかよ!とか
感情的になってんじゃないの?とか
そう思われるようなジャッジをしているような審判だと
納得できないよね、特に割を食った方なんかはさ。

そりゃ審判だって神様じゃないんだから
90分間ノーミスは難しいとは思う。
でも勝敗に関わるようなミスジャッジはやめてほしいのよね。
審判初心者のミスならまだしも、仮にもプロ審判が
何度も何度も不可解なジャッジをしたりするのは
さらに容認できない。
ホント、審判には意識を変えてほしいと思うよ。
なんとか審判のレベル向上を図れないもんなんだろうか?

ぜひ考えてほしいものだ。
Posted at 15:56 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.07.26

日経のスクープメモ

ブログを書く時って、そりゃ書きたい!という欲求があるときに
思いつくまま書くけどさ
その前にある程度情報を集めたり精査したり
読者とかほとんど意識してなくても突っ込まれる要素は
なるべくないように考えたりして書いているんだけど
ちょっと突っ込まれ要素がありそうなことを書いてみようかな
なんて思ってしまった今日この頃。

大儀もなけりゃ思想も特にないアテクシ。
それでも子供の頃からなーんとなく
「天皇陛下」にはちょっと特別な思いはあったりした。
まあ、歴史好きだったので単なる憧れみたいなものだと思ってるけど。
やっぱり日本史には欠かせないのが歴代天皇ですから。

その昭和天皇のお言葉の書かれたメモが見つかったと
巷では大騒ぎになっている模様。
しかもそれが「靖国のA級戦犯合祀」に関するモノだということで
ネット上では結構な騒ぎだったりして。

昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ

 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に語っていたことが19日、日本経済新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。 (07:00)



正直、一報が出た時点では
「あれ~?どこかで聞いたことのあるようなお言葉ですわ~」
くらいしか思ってなかったw
ニュースを見るのに2ちゃんも利用するんで
ウヨ・サヨ言われるようなスレもよく見るアテクシなんで
多分2ちゃんで見たことがあるんだと思うんだけど
きっとデジャブよね、うん。

そう思ってまあ、聞き流してたわけですよ。
日テレの昼のワイドショー斜め聞きした時だって
「メモを政治利用するのはどうかと思う」
的な発言を聞いて、そうだよな~と思った程度。

ところが改めて昨日今日と、関連スレを見てみたら
捏造じゃないか?とか、昭和天皇のお言葉じゃないんじゃ?
といった説が
出ているらしいことを知った。

あちこちの番組等で手帳に「貼り付けられた」メモの
特集を組んでいたらしいし、実際に画像も流れたので
疑問に思った人なんかが検証していたらしい。
もちろん、それがすべて正しいとは断言できないのだけれど
非常に気になったのでまとめサイトを見たり
他のスレを読んだりと、自分なりに見てみた。

まとめサイトとして貼られていたサイト
極右極論
いわゆる富田メモに対する疑惑まとめサイト
依存症の独り言

なにしろのほほーんと暮らしているものですので
初めて知った事柄も多くてお恥ずかしい限りです><
でもよくよく考えてみると
昭和天皇が靖国参拝(←なにしろ陛下なので参拝と言う言葉は
不適切なんだがどの言葉を当てるのがいいのか^^;)を
取りやめることを自由意志で決めることができないとかは
当たり前のことなのかもしれない。
しかも戦犯合祀の3年前から参拝していなかったことも
正直知らなかった(不勉強にも程があるw)。
昭和天皇が御自身のことをプライベートでは「朕」と言っていたことも
初めて聞いたので、事実ならなるほどそれで御言葉に「私」は
ちょっと不自然かも、と思わざるを得ない。

大体お言葉の中身をデジャブだと思ってしまったのには
どうやら理由があったようで
陛下の靖国参拝が取りやめになった理由を聞かれた
徳川侍従長が自分の考えを語ったと言う言葉に
よく似ていたからだった。

まあ、88年4月のメモと言われているのに
藤尾氏を文相と書いている時点で
疑問を持たなきゃいけないと思うんだがどうだろう?
彼が文相の座にいたのは86年中曽根政権時であり
靖国関連の発言が発端で
86年9月に罷免された経緯がある人だったりする。
つじつまが合わないわけですがw

メモ自体は冨田氏が書いたのは本当だろうし
実際に奥様が保管されていた日記や手帳とともに
輪ゴムでくくったメモを手渡したようなので
(AERAに記載されていたようです)
存在自体は疑っていない。
が、書かれていたのが昭和天皇の御言葉なのかは
疑念の余地があるのは確かなようだ。
貼り付けたのは日経の記者のようだし
公開されているのがそこだけ、というのも不思議だ。

メモの検証はアテクシにはムリなので
経緯を見守ることにするけれど・・・・。

昭和天皇の御言葉と言われているものが出てきたことで
この御言葉を利用して靖国のA級戦犯分祀を進めようとしたり
天皇制すら反対の立場のサヨ団体が
「天皇すら反対なんだから靖国参拝反対!」
「A級戦犯を分合祀しよう!」
なんてがなりたてるようになっているのが我慢ならない。
国家の象徴である天皇・皇室の方々は
常日頃から発言には慎重を期していらっしゃる。
もしも、本当にもしもだが
これが昭和天皇の御心だったとしても・・・・
陛下は世に出ることをお望みになっただろうか・・・。
Posted at 03:18 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。