--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.31

やりきれないね

夏休みに入ると、水の事故の話題が多くて
子供が犠牲になっているのを見るとやりきれないな~
なんて思う今日この頃。

7歳女児、プールの排水口に吸い込まれ死亡…埼玉

 31日午後1時40分ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野、「ふじみ野市大井プール」で、遊泳中の同県所沢市山口、市立小手指小2年、戸丸瑛梨香(えりか)ちゃん(7)がプール側面の排水口(直径約60センチ)から配管の中に吸い込まれた。

 消防署員ら約50人が駆け付け、配管を重機で壊すなどして捜したところ、同日午後7時45分ごろ、排水口から約5メートルの配管内で瑛梨香ちゃんを発見、近くの病院で死亡が確認された。

 排水口には格子状のアルミ製のふた(約60センチ四方)2枚が取り付けられていたが、うち1枚がはずれており、東入間署は業務上過失致死の疑いがあるとみて、市やプール関係者から事情を聞いている。



10年位前かな~?
プールの排水口に吸い込まれる事故が結構続いてからは
安全管理とかすごく言われてたはずだったような気がする。
だから今頃なんで?と言うのが、ニュースを最初に聞いたときに
思ったことだった。
最近こういう事故があまりないから
危険だと言う意識が低かったのかな、とかちょっと思ったり。

事故がおきたばかりだから、詳しいことはまだまだわからないけれど
なくなったお子さんのご冥福を祈るばかりです。
スポンサーサイト
Posted at 23:52 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.07.31

ふざけんなよ

なんか納得いかないのよね、そう思う今日この頃。

【コラム・断】ふざけんなよ!

 「まだ降ってんだろ。ふざけんなよ!」。横を向くと、怒鳴り飛ばす30代の若い母親と、シュンとして俯(うつむ)く10歳くらいの男の子がいた。どうやら「こんな雨、平気だからいこうよ」とその子が言ったらしい。それに対して「ふざけんなよ!」である。青筋を立て、苛立(いらだ)った顔をして本気である。恐れ入った。
 父親なら「よし、いくか!」と一緒に雨の中に走り出したかもしれぬ。逆に、尻込みする子どもに「いくぞ」と促してもかまわない。ずぶ濡(ぬ)れになりながら雨の中を走る。そのうち悠然と歩きはじめる。子どもにはそれが楽しいはずである。楽しむことができる子どもにするのは親の役目である。家にたどり着いたら頭から熱いシャワーをかけてやる。小さなことだが、このような経験は、その子に楽しい記憶、ある種の勇気の発露として蓄積されるにちがいない。
 母親にそれを求めるつもりはない。だが「ふざけんなよ!」とは何事か。ふざけているのは、その母親の頭の中である。「お母さんは雨に濡(ぬ)れるのがいやだから、もう少し待とう」でいいではないか。汚れること、昆虫をいじること、危ないこと、といった自分の嫌悪感をそのまま子どもに押しつけすぎなのだ。口の利き方も知らない。そのくせ子どもには「早くしなさい。ほんとにグズなんだから」とかいいながら、自分の化粧は、なんの効果もないのに、いつ果てるともなく延々と続けているではないか。
 当然、若い母親がすべてそうだというのではない。若い父親でも、子どもよりは自分が大事、という未熟な親はいる。親はなくとも子は育つ、といわれるが、親がいるのになぜ育たない? 親じゃないのか。ただ子を産んだだけの、ただの男女か。(評論家 勢古浩爾)



冒頭の部分だけみると、DQN親だわ~!と、確かに思う。
アテクシも家での言葉遣いが決していいほうではないが
外では「他人の目」と言うのもあるので少しは気をつけてる。
それができない点で、(ノ_-;)ハア…とは思う、うん。

でも・・・・その後はどうだろう?
雨の中走る楽しい体験・・・・それ以前に「風邪ひかれちゃ困るわ」と
母親の多くは思うんじゃないだろうか?
もうちょっと待てば止みそうだから・・・・そう思うかもしれない。
まあ、10歳の子で急いでるなら
「これくらい平気だから走るよ~」
と、アテクシなら言うと思うwwwwwwwwww

ただ。

この評論家のいいたいこともわからなくはないんだけど。
確かに言葉遣いの悪い感情的な叱り方をする親も
たまに見かけることがあって引くのは確かだけど。
過保護に守りすぎる親に引くこともあるんだけど。

でも。
でも。
たまたま見かけた母子を例に出した上で相対化できることなんだろうか?
この母親だって普段は感情的になるような親じゃないかもしれない。
たまたま虫の居所が悪いときだったのかもしれない。
こういう場面って、目立つんだよね。
だからつい、いろんな妄想をめぐらせてしまいがちだったりする。

他人にはどうしても、その場面だけが印象に残る。
アテクシもスーパーで2~3歳の子を厳しく叱る(怒鳴る)親を見て
「何もそこまで怒らなくても」
と思ってしまうことはある。
が、やってる方は必死だったりするのだ。
普段から後先考えずに行動する子供を持ってれば
そりゃ爆発することだってある。
だって母親だって人間だもの、感情もあるのだ。
感情的に怒鳴るのが良くないのはわかっていても
どうしようもない時があるものじゃないのだろうか?
まあ、ここで例に挙げられた母親は
擁護できるレベルじゃない人っぽいけどさ。

子供より、自分の感情優先の親も気持ち悪ーだけど
何よりも子供優先の親も引くんだけどね。
バランス感覚のほうが必要だと思うアテクシ(´∀`*)

ところでこの文章、結局何が言いたいのかよくわからないんだけど
それってアテクシの読解力不足でしょうか^^^^^^^^^
Posted at 02:33 | 日記 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。