--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.31

ご帰国

2週間のオランダ旅行はとっても楽しかったようで
うらやましいわ~!と思う今日この頃。

皇太子ご一家が帰国

 オランダで静養していた皇太子ご一家は31日午後、成田空港着の日航機で帰国された。
 ご一家は17日に出発し、18日から同国アペルドールン市内のヘット・アウデ・ロー城に滞在。動物園の訪問や、森林の散策やドライブを楽しんだほか、同国に住む雅子さまの両親の小和田恒、優美子さん夫妻と夕食を共にした。
 静養は雅子さまの治療を兼ねていたが、宮内庁東宮職は今後の公務復帰について、「医師と相談して判断していきたい」としている。 
(時事通信) - 8月31日16時0分更新



適応障害の診断を受けたと聞いたときは
お子様を望む声の多い報道なんかもあったし
おかわいそうな雅子さんと思ってたけど・・・・

18日 馬車庫での様子が報道陣に公開
19日~21日 ヘット・アウデ・ロー城内や付近で静養。
        散策・堀のカモに餌を与える・乗馬・サイクリング・愛子さまがフラフープ。
22日 午前/夫妻で森林を車や徒歩で散策。午後/一家で「ブルヘルス動物園」を来訪(東宮職発表)

23日 小和田様ご夫妻と渋谷節子様ご夫妻が訪問。一緒に夕食。←←←

24日 動物園へ(毎日新聞)
25日 夫妻でハーグ国際司法裁判所を見学。ベアトリックス女王と一緒に美術館で絵画鑑賞

    その間、愛子さまは小和田夫妻宅で過ごした。←←←

26日 大野教授四日市で講演
28日 ベアトリックス女王主催の夕食会。ベルギー皇太子ご一家、ルクセンブルクの大公夫妻も参加。



これだけ忙しいスケジュールをこなされたんですから
ご公務ができないっておかしな話だわ、と思うわけですよ。

今までの状況も、よくよくスケジュール見ると
ご公務→体調・愛子様などを理由にほとんどキャンセル
私用→スキー・TDR・コンサートなど、時間延長で楽しむ
とか
天皇皇后両陛下にお会いになるのすら拒む割に
那須で小和田夫妻とはお会いになる
とか
ちょっと首をかしげる不思議行動の数々。

適応障害

 適応障害とは、ある社会環境においてうまく適応することができず、さまざまな心身の症状があらわれて社会生活に支障をきたすものをいいます。だれでも、新しい環境に慣れて社会適応するためには、多かれ少なかれ苦労をしたり、いろいろな工夫や選択をする必要にせまられることはよくあることです。それがうまくいかなくなった場合には、会社では職場不適応、学校では登校拒否(不登校)、家庭では別居あるいは離婚などといった形であらわれます。

 適応障害の治療は、まず原因となっている心理社会的ストレスを軽減することが第一です。環境要因を調整し適応しやすい環境を整えることや、場合によってはしばらく休職、休学して休養し、心的エネルギーを回復することが必要です。また、心理的葛藤に関してカウンセリングを受け混乱した情緒面の整理をすることや社会適応へ向けての心理的援助を求めることも大切です。そして、不安を主とする場合は抗不安薬、うつ症状を主とする場合は抗うつ薬の服薬など、それぞれの病型に応じて薬物療法が必要な場合もあります。



どうも雅子さんの場合、「皇室」に適応障害を起こしてるようだし
原因となっているストレスを軽減するには
皇室からお出になるのが一番じゃないかしら^^^^^^^^^
本当に適応障害だというのであれば
それが一番の解決策だと思うのです(´∀`*)

だいたい、出発前の両陛下へのご挨拶すらままならなかった雅子さんが
オランダに到着して馬車庫見学の時には
素晴らしい晴れやかな笑顔を見せていたというのを見て
「適応障害」という診断も、本当なのかしらん
と思ってしまいましたけどね^^^^^^
本当に適応障害で苦しんでいる方々の中には
苦々しくおもってる方もいるんじゃないかしら。
だって雅子さんの様子を見てれば
「怠け病」とか思われそうだもの。

それにしても王室のお城でご静養されてるというのに
皇族でもない、一民間人である小和田夫妻とか妹を招待するって
なんか図々しいんじゃないの?と思ってしまうわ。
美智子様も紀子様も
ご自分のご実家のご両親・ご兄弟に
そのような待遇を与えたことなんてないと思うんだけど。

今後の雅子さんが、また適応障害を理由に
ご公務(宮中祭祀も)をなさらなかったりしたら
やっぱりご実家にお戻りになった方がよろしいのじゃないのかしら
なんて思ってしまうのでした(´∀`*)
スポンサーサイト
Posted at 18:43 | 日記 | COM(2) | TB(0) |
2006.08.31

舌戦

字面にするとさすがにキツイかなーと思うけど
アリだと思ってしまうアテクシって極右?と思う今日この頃。

いえいえ、ノンポリです(´∀`*)ウフフ

姜尚中氏の福岡応援に石原知事反発 「怪しげな外国人」

 五輪の国内立候補都市を巡り、石原慎太郎・東京都知事が、福岡市の応援演説をした姜尚中・東大教授に激しく反発、「怪しげな外国人」などとかみついた。

 姜教授は演説で「金持ちの、金持ちによる、金持ちのためのオリンピックで、世界に勝てますか」と東京を批判。すると、続く東京側のプレゼンテーションで石原知事が「さっき、どこか外国の学者さんが東京は理念がないとおっしゃっていた。何のゆえんだかわかりませんが」と発言。その後の祝賀パーティーのあいさつでも「怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは」などと述べた。

 姜教授は在日韓国人2世で、熊本で生まれ育った。



またアカヒさん、こういう発言は嬉々として抜き出して報道しちゃう
さすがですよアカヒさんヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

まあ、石原さんのこういう発言、決して品がいいとは言わないけど
生姜さん(姜教授の2ちゃん的愛称?w)のことを知った上で
揶揄する表現として「怪しげな~」と言ったんだろうと
日本語を理解して使いこなせる人なら思うと、アテクシは思う。
日本語が不自由だったり重箱の隅をつつきたい人には
通じないとは思うけど^^;
だからアカヒもわざわざこの部分を抜き出して記事にしてるんだろうね。

でもアテクシ的にはさ。
五輪誘致の最終プレゼンの場に
何でこの人呼ぶの?福岡は('A`)
としか思えないんですけど^^^^^^^^^
W杯みたいに、共催に持っていきたかったとか?w
絶対ありえないけど。
そんな提案したら、フツーに選考から外されそうだけどwww

とにかく東京おめでとう!と
この記事を読んで心から思いました(´∀`*)
Posted at 04:18 | 日記 | COM(0) | TB(1) |
2006.08.30

双方向だったはずなのに

スレ張り付きで様子を見ていたオーマイニュースが
とうとうやっちゃったわ!
とwktkしている今日この頃。


異なる意見戦う場に~創刊にあたって
編集長 鳥越俊太郎

記者名鳥越俊太郎

 
いよいよやって来ましたねぇ、創刊の日が。

 私がオ・ヨンホ代表と最初に会ったのが今年の4月7日。で、その後二度お会いして編集長の役を引き受けると決めたのが4月21日ですから、うーむ、まだ4ヶ月と1週間しか経っていないわけですが、来ちゃいましたねぇ、この日が。

(中略)

 オーマイニュースの第一の合い言葉は「市民みんなが記者」です。とはいえ、これまで記事を書いた経験もなく果たして記者活動が出来るのだろうか? 先ずは皆がそう思いますよねぇ。何を書いたらいいのかしら?

 確かに新聞記者は少しづつ経験を積んでプロの記者になって行きます。私も記者一年目は何をどう書いていいものやら頭を悩ましていました。書いた原稿をデスクに赤字を入れられる位ならまだいい方で、何度も破り捨てられてクズ籠行きもありました。でも、どうでしょうか、書くという行為は普通の市民なら何らかの形でやっている行為ですよね。

 確かに同じ専門家といっても医者が手術をするように市民が手術をするというのはこりゃ、ちょっとありえませんがね。書くのなら別に事実関係がしっかりしていて文意が分かればいいんじゃないでしょうか?

(中略)

 オーマイニュースの第二の合い言葉は「責任ある参加」です。

 日本の文化は一言で言うと「均質な文化」です。国民全員が同じ言語、伝統、習慣、風習を持ち、しかも同じような新聞やテレビを見ている。日本村のような状態ですね。だからここでは実名、顔出しで本音を言う文化よりも匿名文化が発達しました。「本音」と「建前」を使い分ける文化ですね。

 これは日本のテレビとアメリカのテレビを比べてみればよく分かりますが、日本ではNHKや民放の報道番組でも事件の証言者が殆ど首なしだったり、モザイクがかかっていたりします。本当は誰が話しているのか分からないのです。これはアメリカのテレビではありえません。日本の番組を参考までにアメリカのABCテレビの友人に送ったことがあるんですが、それは日本の女子高生の援助交際の話だったので全編これモザイクだらけでした。その結果全く使えないということで参考にもなりませんでしたね。

 匿名や首なし映像もどこかで事実の確認と言う担保がなされてればまだいいのですが、それさえない場合はそれは公的なメディアの場で使うには問題ある訳ですね。

 インターネットの世界は匿名文化が花盛りです。私はそれはそれで、そういうものだというみんなの認識でやっているのならいいんですけど、ニュースや情報という事実関係を大事にする場面では匿名は問題を孕んでいます。私たちオーマイニュースはやはり少々ガマンをしても匿名文化を実名文化にかえるべく努力をする時代になったという認識でやって行きたいと思っています。

 言論には言論で、議論には議論で。

 小泉首相の靖国参拝に異見を述べただけで加藤紘一議員の自宅が放火されたとみられています。そんな時代に私たちは今、生きています。少なくともオーマイニュースの場では異なる意見がキチンと姿を見せながら戦うところを見たいものです。

 異論、反論ドンドン書いて下さい!
 そんな活気のあるメディアにしようではありませんか!!



重くて表示も見づらいコメント欄は用意されていたので
一応双方向コミュニケーションを取るつもりはあるんだな
という程度の認識はあった。
なにしろ編集長の鳥越さんも上のように書いてるし。

まあ、だったらIza!みたいにトラックバック機能とかつけてくれると
外部ブログとも連携が取れて面白いと思ったけどね。

コメントがオピニオン登録・記者登録した人しか書けないとか
かなり閉鎖的だ。
その閉鎖的な中でも炎上しちゃうオーマイニュースの記事って('A`)
と思っていたが、とうとうやってはいけないことを
オーマイニュース側はやってしまった・・・・。

編集部側が編集する前の記事のコメント欄削除は
まあ、妥当だと認めよう。
一部ジャーナリストのコラムのコメント欄がないというのも
ビミョーだけど認めてもいいかもしれない。
ホントはどの記事にもコメントなりできるようにするのが
「双方向コミュニケーション」を謳っているんだから
当然のような気もするんだけどね。
でも。

今まで存在し、コメントがいくつもついた記事の
コメント欄を消してしまうのは横暴すぎるんじゃないか?
上の記事、異論反論ドンドン書いてください!
と書かれてある通り、当初はコメント欄もあったし
いくつかコメントがついているのをアテクシも見た。
が、今はない。
一部の記事だけコメント欄自体をなくしてしまうなんて!

3日でギブアップですか、鳥越さん?

せっかく新聞社と販売店の押し紙問題など
既存のメディアでは報道しにくい問題を書いた良記事が
アップされたというのに。

**追記**
どうやら23:50頃、コメント欄が復帰したようです^^^^^^^^
「間違えて」見えないようにしてしまったんですかね^^
で、鯖強化案内が昨日あったばかりだというのに
システムが込み合っておりますってwwwwwwww

ニュースサイトとして致命的なところが
たくさんありすぎですね^^^^^^^^^^^^
Posted at 21:02 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.30

オーマイニュース(w

反権力・反体制の思想信条は勝手だけど
教育現場で子供にそれを押し付けるのは許せないと思う今日この頃。

幸いアテクシ自身はそういう教師に出会ったこともないし
ダンナも出会ったことがないようだ。
小学校では国歌を教えてくれないようだが
幸いうちの子供たちの通っていた幼稚園で教えてくれたので助かった。
なんかさ、当たり前のことが当たり前にできないってのが
一番問題なんだと思うんだよね。
国旗や国歌に対してなにか思うところがあったとしても
何も知らない子供たちに、一方的な思想を教え込んで
歌っちゃいけない雰囲気に持っていきたがる教師の存在は鬱陶しいし
声高に主張して毎年騒がせる市民運動家たちにも
本当に心の底から嫌悪感を抱く。

いつまでも黙っていられるか!?
さまざまな枠を超えて大きな声で抗議する


 「国歌については、他の式歌と同様の声量で歌うことができるよう指導する」という、このあまりにも笑ってしまうような、町田市教育委員会の卒業式・入学式の指導通知が2004年12月に出された。

 翌年には子どもの中学校卒業が控えていた。すぐ教育委員会に赴き、「なぜこんな指導通知を出したのか」を聞いたのだが、そのとき教育委員会の対応は「君が代を大きな声で歌うのは難しいんですか……」と人ごとのように語るばかり。「こんな奴に何もできないだろう」と、1人の一般市民にきちんと答える気もなかったに違いない。今までは教組や労働組合なり、組織を持った団体が交渉するだけだったのだろう。その通り、通達当初はいろいろな団体が、別々に抗議に行き、結果は芳しいものではなかった。
 
 また、わたしがこの抗議活動をしていく中で、中学のPTAでも「歌いたいという人もいれば、歌いたくないという人もいる、どちらかを決めてしまうのは問題だろう? しかも声の大きさなど測れるものではなく、非文化的で、教育に馴染まない」と投げかけても、「ここで話す内容ではない」と、PTA役員たちは校長の顔色を見るばかり。自分の子どものことですら、教育現場では話せないような状況になっていた。PTAにはすでに教師の姿は排除されなく、校長の代弁者のようになったPTA役員達は、直接自分には関係ないかのように押し黙っている。このようなことの積み重ねが、現在の教育現場の実態につながっているのだろうと少しずつ分かってきた。
 
 しかし、「今この町田の状況を許せば、必ず全都・全国へ波及してしまうだろう。だから絶対にこの町田で食い止めないと……」という危機感が、一般市民も政党や宗教などさまざまな団体も、その枠を超えて一緒に抗議をするようになっていった。
 
 いろいろな一般市民がつながると、行政側はありきたりの団体交渉で進めることもできず、相手にする実態が分からず、これほど怖いことはないのだ。こうして、町田では、教科書採択問題、JC靖国・遊就館ツアー問題などに多様な市民、保護者が繋がって立ち向かっている。

 もう黙ってはいられない。



町田に住んでいなくて本当によかったw

で、この記事、何が言いたいのかよくわからないんだよね。

 「国歌については、他の式歌と同様の声量で歌うことができるよう指導する」という、このあまりにも笑ってしまうような、町田市教育委員会の卒業式・入学式の指導通知が2004年12月に出された。


確かに笑ってしまうような通達だw
わざわざこんな指導通知を出さないと
君が代を歌う下地すら作れない状況が問題だと
アテクシなんかは思う。
いちいち指導されなくても、それなりに歌えるように指導するのが
教師の役目だろうし、当たり前の姿だと思うから。

すぐ教育委員会に赴き、「なぜこんな指導通知を出したのか」を聞いたのだが、そのとき教育委員会の対応は「君が代を大きな声で歌うのは難しいんですか……」と人ごとのように語るばかり。


ホント、教育委員会の中の人も大変だね。
正直、アテクシだって思うよ。
「君が代を大声で歌うのは難しいんですか」と。

わたしがこの抗議活動をしていく中で、中学のPTAでも「歌いたいという人もいれば、歌いたくないという人もいる、どちらかを決めてしまうのは問題だろう? しかも声の大きさなど測れるものではなく、非文化的で、教育に馴染まない」と投げかけても、「ここで話す内容ではない」と、PTA役員たちは校長の顔色を見るばかり。自分の子どものことですら、教育現場では話せないような状況になっていた。PTAにはすでに教師の姿は排除されなく、校長の代弁者のようになったPTA役員達は、直接自分には関係ないかのように押し黙っている。このようなことの積み重ねが、現在の教育現場の実態につながっているのだろうと少しずつ分かってきた。


ここが一番わからない。
何が言いたいんだろう?
市からの指導が問題なのか
それとも君が代を歌わない自由を侵害しているといいたいのか
さっぱりわからないのだ。
とりあえず、この通達に反対なのはわかるのだが
その理由がさっぱり見えてこない。
まあ、結局は君が代を歌うこと自体に反対なんだろうと
推測はできるけどね。

問題点がぼやけてるんだよね。
抗議活動などの言葉からは
記者が君が代を歌うことを快く思っていないことくらいしか
伝わってこない。
何が問題なのか、どこが問題なのか
はっきりとした問題提起がなされていない。
最後の締めの部分で【これからも抗議活動を続けていく】
という自分のスタンスを表明しただけ。

こんなんが記事になって対価をもらうってんだから。

アテクシ自身は国旗にも国歌にも敬意を払うべきだと思うが
上から強制・指導されるものじゃないと思っている。
が、自分の思想信条から国旗国歌に反対する教師や保護者が
こうやって強硬な抗議活動をしていく限り
上からの押し付けが強まるんだとも思ってる。
自分たちの活動が子供たちの自由を奪ってるということが
なぜわからないんだろう?
Posted at 00:44 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.29

市民置いてけぼり('A`)

ちょ、そんなの知らないって!
と思う今日この頃。

日中今昔ものがたり 杜の都から

中国との関係は結構深い都市だということを
こっちに住むようになって初めて知った。
魯迅が留学してたとか、中国人留学生が結構いるとか
そういうのは一応、ね。
なんか中国と交流する話とか、ニュースになることもある。

でもこんな話初耳なんですけど^^^^^^^^^^^^^
1 長町に中華街構想が浮上

どうやら前藤井市長の頃に話が持ち上がっていたらしい。
長町的にも歓迎ムードだったようだ。
全然しらなかったってばwwwwwwwwwww
一応仙台市民なんですけどwwwwwwwwww

でも知らないうちに計画が上がったように
知らないうちに計画が頓挫していた件wwwwwww
4 新市長が反対、計画は白紙に
5 中華街、治安に不安も

全部読んでみて、やっぱり不安と負担の方が大きいと思う。
梅原知事の判断は適切だったと思うよ。
最後の記事の中に、こんな意見が載っている。

 ある知事は語る。「世界のあちこちにチャイナタウンはあるし、日本にもすでにたくさんの中国人が入ってきている。門戸を閉ざす発想では、問題は解決しないのではないか」



世界アチコチにあるチャイナタウンの現状を考えると
何も自治体の予算を割いてまで作るものとは思えない。
基本的にこの中華街構想は、予算を出すのは自治体で
中華街自体は中国の財団が握ることになっている。
中国人のコミュニティは、日本人のそれよりも排他的になる。
全ての中国人が悪いわけじゃないし
個人個人はいい人だっている。
だが、集団の中国人となると話は変わってくる。
チャイナタウン化したらどうなるか・・・・。

 梅原市長は7月3日、仙台市内のホテルで行われた中国観光相の歓迎レセプションで、大学時代第2外国語として学んだ中国語であいさつした。経産省で国際交渉にかかわってきた梅原氏は「中国とは30年以上の長い付き合いがある」と自負する。

 市長が強調するのは「中国は政府も軍も党も財閥も一つにまとまっている。中国とつき合うにはリスクを考えないといけない」との認識だ。中国は「日本を極東の片隅に押さえ込み、日米同盟関係を分断する戦略」を持っていると指摘。「それを前提に、政府も自治体も国民もつき合わなければいけない」と主張する。

 その梅原氏には、中瑞財団が土地を購入する中華街構想は危うく映った。「チャイニーズコミュニティーに所有権が移れば、その人脈でテナントが回り始める。そうなると手がつけられない」。中国の地下組織がはびこり、治安上の問題が発生しかねない、と危ぶんだ。



考えすぎだという声もあるかもしれない。
だが自治体単位ではなく日本全体で
中国人による犯罪も増えている。
中華街がそういう人たちの逃げ場になりうることは容易に想像できる。
基本的に彼らとは価値観・考え方が違うことを忘れてはいけない。
法に関する考え方も日本人とは違う。
「みんな仲良く~、差別はよくない~、中国人だっていい人もいる~」
で解決する問題とは違うと思うのだ。
同族意識、身内意識は日本人のそれより固い。

どうせ開発するなら、仙台市民中心の開発をしてもらいたいものだ。
中華街なんか作るより、観光都市としての側面を
もっとアピールできるような開発とかさ。
中華街なんてわざわざ作らなくても
中国人経営の店なんて仙台にもあるじゃないか。

計画が頓挫してくれてホント、よかった。
Posted at 12:51 | 日記 | COM(2) | TB(0) |
2006.08.29

何がしたいんだろう

やっぱりおかしい、と思う今日この頃。
何がって言うのはこの後すぐwwwwwwwwwww

オーマイニュース 内外から強烈「逆風」

2006年8月28日、「市民記者」として登録すれば誰でも記事が書ける韓国発のニュースサイト「オーマイニュース」が正式にスタートした。「市民みんなが記者だ」という言葉をコンセプトとして掲げており、同日昼までに1,145人が市民記者として登録した。だが、編集委員から編集方針に疑問を投げかける声も出ているのに加えて、ネットやブログの捉え方に、外部から反発も出ている。

編集方針に疑問を投げかけたのは、同ニュースの編集委員を務めるジャーナリストの佐々木俊尚さん。同ニュースが設置したブログに、06年8月23日から同24日にかけて、2回に分けて投稿された。佐々木さんの記事のポイントは、以下の3つだ。
「客観報道を装いながら、実は『左より』の記事に」

1. オーマイニュースは、そもそもどういう立ち位置なのか。客観報道を装いながら、実は『左より』の記事になっているのではないか。
2. オーマイニュースは何を書こうとしているのか。読者を感動させるためには、書き手と読み手の共通の基盤を探る必要があるのではないか。
3. オーマイニュースはブロゴスフィア(ブログやブロガーによって構成されるコミュニティー)と、どういう関係を持とうとしているのか。

特に、上記1. と3. が、議論を呼んでいる。1. については、27日に編集次長の平野日出木さんの名前で「佐々木編集員の問いかけに対して」という記事が掲載され、その中でこんな説明をしている。

「客観性は、ひとりひとりの客観的たろうという意志では担保できません。数多くの、ロングテールに生息する多様な個人が、主観を交換し合ってこそ実現するのです。ですからスタッフとして私は、オーマイニュースを可能な限り多様な見方が交差するプラットフォームにしたいと願っています」

呉連鎬(オ・ヨンホ)代表取締役兼CEOも、記者会見で「編集部は中立を守る」と、同様の発言をしている。そうは言っても、「市民記者が書いた記事の編集責任はオーマイニュースにある」(鳥越俊太郎編集長)ため、編集部には、記事のバランスを取るための努力が求められることは間違いないようだ。

3. については、ネット上でさらに熱い議論を呼んでいる。というのも、鳥越さんが匿名掲示板などに対して、事実上の「宣戦布告」をしているからだ。

「2chはどちらかというと、ネガティブ情報の方が多い。人間の負の部分のはけ口だから、ゴミためとしてあっても仕方ない。オーマイニュースはゴミためでは困る」(06年7月10日、ITmedia)
「ブログはそれでいいんです。匿名掲示板とか、ブログの存在を全く否定する気はない。彼らはそこで遊んでいればいいし、楽しんでいればいい」(06年8月7日、月刊「FACTA」)

「宣戦布告」しただけあって、2ちゃんねるの「ニュース速報+」と呼ばれる掲示板では、辛辣な意見が相次いだ。

「確かにサヨク再興のため、何が論破されたのかも考えずにネットに進出し、ただ同じ事を繰り返してるだけって感じだなw」
「左翼のデンパ飛ばしブログと、何が違うの?」

(中略)

「オーマイニュースも、意味のある、良い情報を伝えているブロガーとは、積極的に一緒にやっていきたい。伝統的メディアとブロゴスフィア(ブログやブロガーによって構成されるコミュニティー)は分かれてしまっている気がする。オーマイニュースがその橋渡しをしたい」

さらに、9月2日には、都内で鳥越編集長を始めとするオーマイニューススタッフと、ブロガーとの対話集会も予定されている。

いずれにせよ、新しい試みなだけあって、「舵取り」は一筋縄ではいかなさそうだ。



オーマイニュースが一度炎上した時、ちょっと見てみたんだけど
本登録が始まるかどうかの頃だったんで
ヲチする気にもならなかったんで、すっかり忘れてたw
で、久々に見てみたよ^^

まずは・・・・
コメント閲覧がやたら重い。
鯖が弱いのか、プログラムが重いのか・・・・
一応さ、ニュースサイトの位置付けなんだろうし
もうちょっと何とかならないもんかね。

次に、記事の底の浅さに驚いた。
読みたいと思わせる記事がほとんどない。
だからアクセストップ10を上から見てみたんだけど・・・・

1位の記事
具体的な論拠を出さずに嫌韓流本の批判
2位の記事
中国に留学していた日本人男子留学生の悪口
→なぜか小泉批判に転換w
3位の記事
鳥越編集長が異論大歓迎!と表明している記事
4位の記事
小泉首相の靖国参拝について批判する記事
5位の記事
やたら重いjpgファイルの靖国批判漫画
タイトルと漫画の内容って一致してないと思うんですけど^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)ポカーン

読んで納得できる記事がNEEEEEEEEEEEEEEEEEE!
他の記事も特に目新しい視点のものがあるわけでもなく
何かと言えば最後は小泉批判になってる不思議wwwwwwwww
最初に予想した通り、やっぱり左寄り思想の喧伝の場に
成り下がりつつあるような感じを受けた。
まだ始まったばかりだし右寄りの記事を書く人がいないのかもしれない。

一応編集部で原稿には目を通しているはずだというのに
個人批判の文章が載っているのはなぜだろう?w
首をかしげるような論理の飛躍がある記事が載っているのは
なぜだろう?
校正とか助言とかしないんだろうか^^;

なーんか、「市民○○」とつく運動に胡散臭さを感じるのと同じように
この「市民記者」の記事にも胡散臭さを感じるのだがw
Posted at 01:46 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.08.28

飲酒運転なんて

酒飲みは、酔っ払って判断力が鈍るとは
思いたくないものらしい、と思う今日この頃。
飲んでも運転だってできちゃう自分、すげぇ!なのかしら。

カブトムシ捕り暗転、飲酒追突で3幼児死亡 福岡市職員逮捕

 福岡市東区の博多湾に架かる「海の中道大橋」で、一家5人が乗った多目的レジャー車(RV)が飲酒運転の乗用車に追突され海に転落した事故で、東署は26日未明、車に閉じ込められていた男児の死亡を確認した。死者は幼児ばかりのきょうだい3人となった。
 乗用車はいったん逃走しており、同署は業務上過失致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、乗用車を運転していた福岡市西部動物管理センター職員、今林大容疑者(22)を逮捕した。
 調べでは、死亡が確認されたのは福岡市博多区千代、会社員、大上哲央さん(33)の長男、紘彬ちゃん(4)。二男、倫彬ちゃん(3)、長女、紗彬ちゃん(1)も死亡した。
 大上さんと妻、かおりさん(29)は転落後に車から脱出。駆け付けた救急隊が投げた浮輪につかまり、通り掛かった漁船に救助された。夫婦とも軽傷。大上さん一家は志賀島にカブトムシを捕りに行った帰りだった。
 追突した乗用車は橋の上を約300メートル逃走した後、走行不能となり停車。今林容疑者は現場近くにいたところを取り押さえられた。逮捕後、容疑を認め「前方の車に気が付かなかった」と供述した。知人の19歳の男も同乗、直前まで一緒に近くのスナックで酒を飲んでいたという。
 調べでは、乗用車は25日午後10時50分ごろ、大橋上で大上さんのRVに追突。RVは歩道に乗り上げた後、橋の中央部付近で高さ約1・1メートルのガードパイプを突き破って海に落ちた。橋から海面までは約14メートル。水深は約6メートルあった。
 大上さんとかおりさんは、倫彬ちゃんと紗彬ちゃんを車内から助け出して抱きかかえた状態で救助された。子ども2人は救急隊の応急措置を受けたが、死亡した。紘彬ちゃんは26日未明、車内から引き上げられ、死亡が確認された。
 海の中道大橋は、福岡市東区和白から志賀島へ向けて延びる細長い半島状の「海の中道」と博多湾内の人工島を結ぶ橋。

【飲酒運転による最近の主な事故】
 1999年11月 東京都世田谷区の東名高速道で飲酒運転のトラックが乗用車に追突、乗用車が炎上し女児2人が死亡
 2001・5 石川県小松市の市道で、飲酒運転の無職男の車が児童3人をはね、いずれも重傷
 02・7 山梨県上野原町(現上野原市)の中央自動車道のサービスエリアで酒気帯び運転のJR東海バスが乗用車と接触
 02・12 千葉県松戸市の市道で飲酒運転のパチンコ店員の車が主婦ら5人をはね、全員が死亡
 03・8 乗客34人を乗せた高速バスが東名高速道を酒気帯び運転、静岡県警が運転手を逮捕
 04・11 三重県松阪市の県道で酒気帯びの少年の車が車2台と衝突、2人が死亡
 05・2 千葉県松尾町(現山武市)の県道で泥酔した建設作業員の車が同窓会帰りの男女をはね4人が死亡、4人重軽傷
 05・5 宮城県多賀城市の国道で飲酒運転の解体作業員のRV車が高校生の列に突っ込み、3人が死亡、15人重軽傷
 06・1 青森県むつ市の国道で酒気帯び運転の会社員の車が神楽の列に突っ込み、10人が重傷、5人軽傷



もうね、何度こういう悲惨な事故を起こしたら
飲酒運転がなくなるんだ?
酒気帯び・飲酒運転は罰則なんていわずに
面取り・再取得への制限を付けるといいと思うよ。
事故起こしたら一生運転できないようにしてしまえ。
大体、車自体凶器になりうるのに
正常な判断力を欠く状態になった上で操るなんて言語道断。
そんな状態で事故を起こしたら
危険運転致死罪すら甘いと思う。
もうね、殺人罪でいいと思うよ。

被害者の方は本当にお気の毒で・・・・。
奥さんが4回も海に潜って子供を必死で助けようとしたとか
ご主人も立ち泳ぎで子供を抱きかかえて救助を待ったとか
それでも幼い子を3人も一気に失って・・・・。

飲酒運転なんて、なくなってほしい。
心から思うよ・・・・。
Posted at 23:20 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.27

閑話休題

金容雲(キム・ヨンウン)漢陽 (ハニャン)大学名誉教授
「日本語は全て古代韓国語から始まった」★3


「お前がいくら嫌いダケド(싫다케도)、私はお前が好きだ。」

ここで「~ダケド」は「~だとしても」を短く発音した慶尚道(キョンサンド)の方言だ。
「ダケド」は日本語でも同じ発音と意味で使われる。

金容雲(キム・ヨンウン)漢陽 (ハニャン)大学名誉教授は、現代日本語が慶尚道全羅道
(チョンラド)の方言と似ており、日本語は韓国語に由来したと主張する。金教授は最近
出版した著書『日本語は韓国語だ』(カナブックス)で「ダケド」のように現代日本語に残
っている慶尚道と全羅道方言を紹介する。日本語の「~だっけ」と「申し」は、全羅道方
言の「~당께(ダンケ)」と「마시(マシ、言葉)」にそれぞれ由来したというのだ。

金教授は7世紀以前まで、古代韓国語の発音が日本語のようにパッチム(終声になる子音
字)がなくて母音が単純で形態がそっくりだったと説明する。また嶺南と湖南地域では、
日本の東海(日本海のこと)隣接地域と往き来してお互いに意思疎通をしたはずだという
分析だ。金教授は「言語は文化」と言い「日本語は韓国文化を収容した歴史と一緒に発展
した」と強調した。慶尚道でよく使う方言である「이바구(イパク、話)」が日本語の「イワク
(曰く、おっしゃる)」と変形された例は、韓国人が書く言葉を高級語として崇めた彼らの
歴史が盛られているという説明だ。

日本の東京生まれである金教授は、両国の言語の類似性と差異を自分が体得した経験と該
博な知識を土台に文化的意味を付与しながら解く。さらに具体的な証拠を探すために韓国
「三国史記地理誌」と日本「古事記」「万葉集」など古代文書の古語を参照した。金教授
は「百済人が日本に渡ってお寺を建ててあげて壁に刻んだ吏読(リトウ、漢字の音と訓を
用いた朝鮮語の特殊な表記法)が日本の‘カナ’文字の原型になった」「日本語は言葉と
かな文字が全て古代韓国語から始まった」と主張した。

韓国語の「~テムネ(だから)」が日本語では「~為に」と変形されたり「転がる」と乗
ることを意味する「マ」(‘お御輿’の‘マ’)が日本に渡って‘タイヤが付いたひくも
の’を意味する「구루마(クルマ)」になったと言う解釈には首が自然にうなずいてしまう。

金教授は「今見れば全然似ていない韓国語と日本語の単語も時代をさかのぼると同根の言
葉が相当数ある」と言い「古代韓国人が日本社会と文化の基礎を準備した結果」と主張した。

ソース:東亜日報(韓国語)<いくら違ったと言うにも…日本語先祖は韓国語>
http://www.donga.com/fbin/output?n=200608250041&top20=1



コイツら、日本統治時代にハングルと日本語の両方を教えられたこと
意図的に忘れてないか?
とりあえず近隣国で、過去にも交流がゼロだったわけじゃないことも
全然頭に入ってないみたいだな。

現代韓国語と現代日本語に似た語があるのは
当然の帰結なわけだが。

都合のいい単語だけ抜き出して、これとこれが同じだから
韓国起源!って、どうしてこんなのが教授なんだと
半万年問い詰めたいwwwwwwwwwww
系統だった言語研究の成果じゃないことだけは
この頭の悪い翻訳文見ただけでも理解できる。
「だけど」と「だとしても」は、日本語じゃ違うってことを
誰か教えてあげたらいいと思うよヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
Posted at 21:45 | アジア | COM(0) | TB(0) |
2006.08.27

他人を助ける嘘

人の記憶って曖昧だから
過去を美化したり嘘を真実だと思い込んだりすることって
よくあることだと思う今日この頃。

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん

 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。
 照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
 同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。
 照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。
 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。



こういう証言を今更・・・・という気もする。
でもこの年齢になったからこそ言えたのかもしれない。

今回の証言は、終戦間近の沖縄の話。
沖縄は米軍との地上戦が行われた地域だ。
戦後長い間返還が認められず、ようやく日本に返還されたのは
昭和47年、1972年になってからだった。

近代史は本当に駆け足で教科書程度しかやってないんで
ほとんど詳しくなかったから沖縄戦にしたって
地上戦が行われて、集団自決があって、ひめゆりの塔がある
程度の知識しかありません。
でも最近ニュースか何かでちらっと
「集団自決は軍の命令」
って部分だけ聞いた覚えがあって
「へー、軍の命令なんてあったんだ」
「まあ、あの当時は生きて虜囚の辱めを受けずなんてのがあったし
軍の命令とかなくてもそういう流れはあったかも」
なんて思ってた。
戦中は「鬼畜米英」とか言われてたし
捕虜になったら大変な目に遭うと思われてただろうし
地上戦なんて起きてて砲弾飛び交う真っ只中にいたら
捕虜になるくらいだったら死んだ方がマシ
と、当時の人が思ってもしょうがないなという認識。

でも軍の強制があったとはちょっと思ってなかったのよね。
戦後の沖縄の新聞で「鉄の暴風」での軍による命令話や
大江健三郎著の「沖縄ノート」内での軍の命令への言及なんて
ぶっちゃけさっぱり知らなかったですよ。
そして同時に、曽野綾子さんが「ある神話の風景」という著作の中で
軍の命令による集団自決について検証され
事実はなかった、遺族年金をもらうための方便だったことを
明らかにしていたことも。

戦後61年経った今、もう戦中の事実を語る人たちはそう多くない。
いい話も悪い話も事実を検証する時期になっているんじゃないだろうか。

なんでもかんでも「軍靴の足音」「戦争賛美」で切り捨てる時代は
もう終わってもいいと思う。
事実を語る人がまだ残っているうちに・・・・。
Posted at 18:33 | 日記 | COM(0) | TB(1) |
2006.08.27

イメージってすごいね

「94歳私の証・あるがまま行く」
第二の国歌をつくろう


日野原重明

 夏休みも残りわずかとなり、始業式が近づいてきました。寒冷地ではすでに授業が始まった学校もあるのでしょうか。

 こうした学校行事の時期がくるたび、「君が代」「日の丸」の問題が話題になります。

 20世紀以降、諸外国の多くが国旗を制定し、国際行事の際に国歌を歌うことが定着しました。特に五輪やサッカーワールドカップなど国際的なスポーツ大会が普及に一役買いました。

 とりわけ国歌は、チームのイメージを世に知らしめ、選手の愛国心や闘争心を高揚させる役割を果たしてきました。

 そういう意味では、日本の国歌とされる「君が代」は特殊な存在です。

 歌詞は、「古今和歌集」に「読み人知らず」として載っている和歌「わが君は千世に八千世にさざれ石の巌(いわお)となりて苔(こけ)のむすまで」が基になっています。「わが君は」を「君が代は」と変えたもので、明治期以降は天皇をたたえる歌とされてきました。

 これが戦後もそのまま採用されました。歌詞も曲調も古めかしく、天皇中心的です。米国やフランスの国歌と比べると、諸行事に使うには、日本の国歌はさえない印象をもつ人が特に若者たちに多いようです。戦後生まれの世代は、チームや個人をたたえる場面で天皇をたたえる国歌を歌われても、なかなかピンと来ないのでしょう。

 米国では、始業や終業時間に生徒が国旗に向かって右手を左胸に当て、国歌を斉唱する学校もあるそうです。これほど国歌を愛する国民性ですが、実はこのほかに、第二の国歌のような「America the Beautiful」という歌もあります。第2次世界大戦前によく歌われていたようです。

 そこで私は提唱したいのです。国内外の大きなスポーツ試合の時に、優勝チームや個人を表彰するのにふさわしい第二の国歌を、ぜひ日本全国から公募してほしいのです。

 公式行事には古典的な「君が代」でもいいでしょうが、若者が参加する華やかな国民行事には、「君が代」に代わる斬新な第二の国歌を全国民で歌いたいと思います。心を高揚させ、正義と友情と平和をたたえるようなもう一つの国歌を。

 私も当選は期待せずに、作詞作曲に挑戦したい気持ちでいっぱいです。たくさんの日本人が、その日を待っているに違いないと私は思うのです。



子供のころはアメリカの国歌とかかっこいい~!
と思ってたアテクシ(´∀`*)
引用した文章にもあるフランス国歌も素敵よね(´∀`*)

そりゃ日本の国歌は「軍歌」に比べたら
勇壮さもないし冴えない感じに聞こえるだろうね。

歌詞の中身検討したら
君が代はかなり平和的な国歌だと思うけどね。
本質が見えてないのは、子供も君が代ギライも一緒ってことだと
この文章を読んで感じたアテクシなのでした。
Posted at 06:46 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.26

詭弁がお上手

「子猫殺し」直木賞作家 背景に「日本嫌い」
2006/8/25

日経新聞のコラムで直木賞作家・坂東眞砂子さんが「子猫殺し」を告白したことをめぐって、「全く理解できない」という声が広がっている。坂東さんの「子猫殺し」の背景には充実した「生」の実感は「死」への意識が必要だ、という独特の考えがある。それがないのが、都市であり、日本だ。「子猫殺し」は、「日本嫌い」の延長線上にある、といってもおかしくない。

日経新聞は2006年8月24日、「子猫殺し」の騒動を受け、坂東さんからのコメントを紹介した。内容は以下のとおりだ。

「タヒチ島に住みはじめて8年経ちます。この間、人も動物も含めた意味で『生』ということ、ひいては『死』を深く考えるようになりました。7月から開始した日本経済新聞社紙面、『プロムナード』上での週1回の連載でも、その観点からの主題が自然に出てきました。『子猫殺し』のエッセイは、その線上にあるものです。ことに、ここにおいては、動物にとっては生きるとはなにか、という姿勢から、私の考えを表明しました。それは人間の生、豊穣性にも通じることであり、生きる意味が不明になりつつある現代社会において、大きな問題だと考えているからです」

充実した「生」の実感は「死」への意識が必要だと説く

つまり、「子猫殺し」は「生」と「死」への深い洞察のなかで生まれたエッセイということになる。坂東さんの作品には実際に「生」や「死」を取り扱った作品も少なくない。直木賞を受賞した『山妣(やまはは)』(新潮社)でも、溺れる祖母を見殺しにするシーンがある。06年7月7日付け日経新聞に掲載されたエッセイ「生と死の実感」のなかでも、

「死から遮断された人々は、死の実感を失ってしまう」
「死の実感は生の実感にも通じている。生と死は、互いの色を際立たせる補色のような関係だ」

と述べている。坂東さんはこのエッセイで、最近の青少年の殺人事件で「人が死ぬのを見たかった」「殺してみたかった」などという言葉を聞くことを挙げ、充実した「生」の実感は「死」への意識が必要だと説いている。さらに、

「現代都市生活では獣の死骸はまず見ない。(略)都市とは。死を排除された空間だ」

と述べる。つまり、現代都市生活では「死」はことごとく隠蔽され、「死」への実感がないからこそ、「生」の充実もないというわけだ。そして、現代都市生活とは「日本」のことである。その理由は産経新聞に連載された坂東さんのエッセイ「タヒチ通信」を紐解いていくとよくわかる。

00 年8月28日に掲載された「南太平洋の楽園にも渋滞それは社会の流れにも似て」のなかで、坂東さんは自宅から70キロ離れたタヒチの中心都市パペエテに行くことの苦痛を述べる。苦痛の理由は、都市生活ではありがちな「渋滞」だ。坂東さんは日本の会社員が「他人と同じことをしないと安心できない」として批判した後、「渋滞」について次のように述べる。

「渋滞に甘んじる心理は、社会の流れに唯々諾々と従う心理に繋がる。(略)渋滞は、人が自由に生きたいと思う欲求を無意識に潰す効果を生み出している」

「精神的にいられなくなってタヒチで暮らすようになった」

このような考え方は01年1月15日掲載の「メインディッシュはまだ?日本人の精神性について」でも繰り返される。

「私の男友達は、常々『日本は世界で最高の社会主義国だ』と言っている。個人が国家と融合し、そのため利益のために一丸となって働くということでは、日本人という精神性そのものが社会主義的であるという意味だ。(略)しかし、これは個人の自由な主張を犠牲にした上で成り立っている美点であることを、私たちは忘れてはいけないのではないだろうか」

つまり、都市生活のなかで、日本人は没個性化し自由を犠牲にしているというのである。「生」の充実という点でも、「死」を隠蔽している点でも、日本では生の充実を得られない。つまり、都市社会生活から離れなければならないのだ。

坂東さんは、02年に『曼荼羅道』で柴田錬三郎賞を授賞した式で、タヒチに住む理由を次のように述べている。

「日本という国に、日本という社会に精神的にいられなくなってタヒチで暮らすようになった」



子猫殺しの反響から出したコメントらしいけど。
大風呂敷広げちゃってどう収束させる気なのか
ちょっとwktkしてきましたよ^^^^^^^^^^^

確かに日本で、食べるために殺してる実感は希薄かもしれない。
学校でもあまり教えないし親も教えることは少ないかもしれない。
核家族になり、家から葬式を出すことも少ない。
身近なところにあまり死はないかもしれない。

生と死は対極にあるものだから、よくセットで語られる。

「死から遮断された人々は、死の実感を失ってしまう」
「死の実感は生の実感にも通じている。生と死は、互いの色を際立たせる補色のような関係だ」



一理はあると思う。
死が身近に感じられないことで人間の死に対して
なにか遠くの出来事のように感じることもあるだろう。
でも違うとも思うのだ。
死の実感とは死体を見ることでも
子猫を投げ捨てることで感じることでもない。

「タヒチ島に住みはじめて8年経ちます。この間、人も動物も含めた意味で『生』ということ、ひいては『死』を深く考えるようになりました。7月から開始した日本経済新聞社紙面、『プロムナード』上での週1回の連載でも、その観点からの主題が自然に出てきました。『子猫殺し』のエッセイは、その線上にあるものです。ことに、ここにおいては、動物にとっては生きるとはなにか、という姿勢から、私の考えを表明しました。それは人間の生、豊穣性にも通じることであり、生きる意味が不明になりつつある現代社会において、大きな問題だと考えているからです」



こう書いてはあるが、所詮底が浅いと思ってしまう。
動物にとって生きるとは何か、ねえ、ふーん。
自分がペットとして飼っている、今存在する親猫に対しては
生を充実させるとかいう彼女の価値観で
盛りがついたら産む、育てはしないという
獣としても歪んだ生き方をさせているのに
何を言い出すんだろうね。

一番生を冒涜してるのは彼女自身だと思う。
セックスはいいが、子供は邪魔だ、そういうことじゃないか。
「痛みを背負う、社会的責任として」と
言葉を飾って正当化しているだけのエッセイを
さらに大風呂敷広げて
「子猫殺しを通して動物の生、人間の生きる意味について
読者に問いかけたかった」
と来たもんだw

生きる先には死がある。
生き物はすべて死に向かって歩いている。
だが自分は死んでも自分の遺伝子を残すために交尾し
子を産み、育て、そして死んでいく。
自分が死んでも自分の子が子を産み、育てる。
それが自然の姿なのだ。

生きる意味など、動物は考える余裕はないだろう。
生きることに必死だから。
何にでも理由をつけたがるのは人間だけ。
この人だって「生の充実」だの
「死の実感」だの言い繕ったって
自分の飼ってる犬猫に対して
「神の目線」でモノを言ってるだけなのに
自分でそれに気付いていない痛さに呆れる。
血統の正しい犬の子はそのままで
雑種の仔は始末するという傲慢さ
飼っているネコは自由を謳歌させるが
生まれたての子猫には生きる権利すら許さない傲慢さ。
そしてそれを文章として発表する時には
「私はいいことをしてるわけじゃないけど生死を真剣に考えている
あんたたちはどうなのよ、日本でそんなこと考えてるの?」
とまるで自分が高みに立っているような書き方。

バカじゃないの?

頭でっかちな中学生のような論理を
「直木賞作家」様だと新聞に垂れ流しても
ありがたがられると思ったら大間違いだよ。

いや、中学生に失礼か。
死が隠蔽されているというが、意外と死は身近な存在なのに。
日常的に死骸が転がってるようじゃないと
人間は死について考えないのだろうか。
そんなに想像力が欠如しているものだろうか。

どんなに言い繕っても
子猫を無駄に崖下に放り投げて、責任回避してる
ことだけは変わらないんだけどね。
Posted at 18:20 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.26

生と性の混同だよな

浮世離れとか、アンバランスな精神成長を遂げた人しか
作家になれないのかな~、と思う今日この頃。

坂東眞砂子さんのエッセーに批判相次ぐ

 本県出身で仏領タヒチ島在住の直木賞作家・坂東眞砂子さん(48)が、自分の飼い猫には避妊手術をせず、生まれた子猫を「殺している」と日本経済新聞に書いたエッセーに対し、「不快だ」などの抗議が相次いでいる。

 エッセーは18日付夕刊に「子猫殺し」と題して掲載。雌猫3匹を飼っており、子猫が生まれるたびに家の隣のがけに放り投げていると告白。「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない」「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」などと記した。

 日本経済新聞社には、23日までに約300通の電子メールと約60件の電話があり、多くは「理解に苦しむ」などの批判や抗議だったという。

 坂東さんは高知新聞社の取材に対して、「私は、子猫を殺しているだけではない。鶏も殺して食べてもいる。ムカデも、蟻(あり)も、蚊も殺している。生きる、という行為の中に、殺しは含まれています。それは、高知の自然の中に生きている人たちにとっては自明の理ではあるでしょうが、都会生活の中では、殺し、という面は巧妙に隠されています。今回のエッセーは、生と死、人にとって、さらには獣にとって生とは何か、という一連の思考の中から出てきたものです」とコメント。

 日本経済新聞社社長室は「原稿の内容は筆者の自主性を尊重している。さまざまな意見は真摯(しんし)に受け止めたい」と説明している。



この人は子猫殺しの前の週のエッセイで
子犬を始末したことも書いていたようだ。

「天の邪鬼タマ」  坂東眞砂子

 うちの飼い犬は三頭いる。二頭はジャーマンシェパード、雌のミツと雄のクマ。 もう一頭はミツの娘のタマだ。タマは、近所の雑種犬との混血だ。ミツとクマには犬小屋があるが、タマはいつもそのあたりを宿にして放し飼いである。
 母娘だからというでもないだろうが、どういうわけか、ミツとタマ、同時に発情期となってしまう。当然、出産も数日違い。前回、ミツはタマの仔を自分の仔だと思って奪い、タマはそれを取り返そうとし、私はどちらの仔か分からなくなり、あたふたしているうちに、両方の仔、みんな死んでしまった。今回もまた同時に出産したので、涙を呑んで、タマの子は生まれてすぐに始末した。その数日後である。朝の散歩の後、ミツとクマは自分のねぐらに入るのだが、出産後のミツは自分の仔を置いている逆さにしたボートの下にもぐりこんだ。するとタマが、ミツの犬小屋に入りこんで、ちょこんとおさまった。
 こんなことは初めてだ。それから毎日のように、この調子だ。しばらくすると出てくるのだが、タマがいないなと思うと、ミツの犬小屋を占領している。
 タマはミツになりたいのだ。ミツならば、子供がいなくなることもない。立派な犬小屋だってある。犬なりにそれを悟ったのだろう。タマは単純に、ミツの小屋にいれば、ミツになれると考えたのだろう。



この上のエッセイも、子猫殺しのエッセイも
思春期のネガティブ思考を思い出したアテクシ。

「私は、子猫を殺しているだけではない。鶏も殺して食べてもいる。ムカデも、蟻(あり)も、蚊も殺している。生きる、という行為の中に、殺しは含まれています。それは、高知の自然の中に生きている人たちにとっては自明の理ではあるでしょうが、都会生活の中では、殺し、という面は巧妙に隠されています。今回のエッセーは、生と死、人にとって、さらには獣にとって生とは何か、という一連の思考の中から出てきたものです」



どう見ても詭弁です。
本当にありがとう(ry

鶏を殺すのは食べるため、虫を殺すのは直接・間接的に
害を避けるため、「必要だから」殺している。
子猫を殺すのは生を全うするために必要なできごとだろうか?
殺しの痛み、責任、いろいろ言葉を飾って例も挙げているが
論理のすり替えでしかないだろう。

子猫は家庭内で飼われて世話されている分には
他人に迷惑もかけないし害獣にもなりえない。
捨てられたり野に放たれたりするから
他人の迷惑になるのだ。
避妊手術が自然な状態ではない、獣としての生の充実
などとご大層な理屈を並べて繁殖した子猫を殺していると嘯くが
「飼っている」状態がすでに自然とは大きく隔たりがあることを
まず自覚するべきじゃないだろうか?
自然ではない状態なのにも拘らず「獣の自然」を主張すること自体が
大きな矛盾であると思う。
また、「獣」にとっての性行動は単に
「種を増やす・自分の遺伝子を残す」ための手段でしかない。
だがこの人は「『生』の充実」となぜか変換されるようだ。
「生の充実」であるならば、性行動の後の育児も含めなければ
獣にとっては「生の充実」ではありえないのではないだろうか?
人間以外の動物の性行動は決して快楽を伴うものではない。

ところでこの人の著作の傾向などをネットで調べてみると
「性行為」の賛美的な傾向があるのが読み取れる。

人間のセックスは、子孫を残すという行為のみならず
相手とのコミュニケーションの手段でもあり
快楽を得るための手段でもあり
また自らの欲望を満たす行為でもある。
純粋に子孫を残すためだけにセックスするのではない
らしいw
野生の動物とはちょっと位置付けが違う。
よく獣のように乱れ・・・なんて表現があるけどさ
獣のセックスなんて淡白だぜ?w
発情期が来たら優秀な子孫を残すために
メスはオスを選び、子が宿ったら関係はおしまいなのだ。
人間の方こそ節操なくセックスしてると思うよ^^^^^^^^

人間様のセックスのあり方、捉え方は人それぞれだし
坂東さんがセックスに対して子孫を残すことよりも
快楽を求め開放的であることを求める考え方を持ったとしても
それは彼女の自由だと思うよ、うん。
考え、理由をつけるのが人間様はお好きですから(´∀`*)
でもその考えは人間様に当てはまるだけで
獣のセックスにあてはまるわけじゃない。
人間様はセックスこそ「本能」と思ってしまうが
動物の本能の中でセックスは子孫を残すための過程でしかなく
「生の充実」という観点から考えるのであれば
仔を生し育てるという結果も重視しなければ
本当の充実とは程遠いと思うのだがどうだろう?

また、生きるために殺すという行為について言及したいのであれば
実際に鶏や羊を捌いて食べる過程でも書けばまだ共感できたし
生を考えるきっかけになったと思う。
だがそれは子猫を殺すことからは感じることはできない。
社会的責任を自分の手を下して殺すことで果たし
痛みを請け負うなどと書いてはいるが
実際に彼女は子猫の痛みなど請け負ってはいない。
崖から落としているだけだ。
手を汚す、という次元では全くないのだ。
死を見つめるわけでもなく、痛みを知るわけでもなく
ただ単に、痛み・責任ごと崖から放り投げているだけに過ぎない。
「生について考える」と言葉を飾ってはいるが
飼い猫・その仔の生を自分の中だけで通用する
思春期の子供レベルの理論で弄んでいるだけにしか見えない。

自分のセックス観をネコにまで当てはめる
幼稚な思考の持ち主ってことだ。
アテクシはそう思った。

**ついでに**
彼女を擁護したいがために
「産ませた子猫を保健所送りにするのはよくて
直接(でもないんだけど)殺すことを批判するのはおかしい」
という人がいるけどさ。

保健所送りにするヤツもアテクシは許せないよ。
責任をもてない命は作らない、これが基本。
育てられないから保健所に連れてくってバカも
保健所には連れてかないけど殺すってバカも同じバカだと思う。
「生」を弄んでるだけに過ぎない。
そんな飼い方をするバカには、ネコ(ペット)を飼う資格なんて
絶対にないと思ってるよ。
Posted at 13:11 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.22

ネコ好きだから?

生まれたときからネコと暮らしてた
生粋のネコ好きだけど
今は養ってあげられないから我慢してるのに、と思う今日この頃。

女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然

2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された、直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが、ネット上を騒然とさせている。「私は子猫を殺している」というのである。坂東さんの掲示板では、06年8月19日にエッセイのコピーが書き込まれてからコメントが突如急増し始め、坂東さんへの批判が怒号のごとく続いている。

騒ぎになっているのは「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」という文章ではじまる「子猫殺し」と題されたエッセイ。
タヒチに住んでいる坂東さんは、家の隣の崖の下の空き地に、子猫が生れ落ちるやいなや放り投げているという。

内容は以下のとおりだ。

猫に言葉が話せるなら、避妊手術など望むはずがないし、避妊手術を施すのが飼い主の責任だといっても、それも飼い主の都合。「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」。そもそも、「愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、自然のなかで生きることだ」。人間は、避妊手術をする権利もないし、子猫を殺す権利もないが、「飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」。

最後は、
「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」

と締めくくられる。

坂東さんの「どんなに糾弾されるかわかっている」という予想通り、エッセイへの批判や怒りがネット上で噴出している。
「坂東先生の本はすべて焼き捨てます」

「坂東眞砂子・掲示板」では、06年8月19日のエッセイのコピーのカキコミがされてからというもの、批判や罵詈雑言で溢れ、その数は50近くになる。掲示板のなかで、坂東さんのファンだったという人も、
「もう、坂東先生の本は買いません。今まで大切にしてきた本も、すべて焼き捨てます。それが、先生に殺されてきた何の罪もない猫ちゃんたちへの、私ができるせめてものことだからです」

と書き込んでいる。
SNS大手のmixiでも、
「どう考えても産まれて来てから理不尽に殺されるより始めから産まれてこない方が不幸ではないと思うんですが…」

などという批判的な意見が多い。
人気ブログ「きっこの日記」でも、
「これじゃあ、人間が、避妊してセックスするのも、避妊しないでセックスして、できちゃった子供を人工中絶するのも『同じこと』って言ってるワケじゃん。それどころか、こいつのやってることは、生まれて来た赤ちゃんを殺してるワケだから、人工中絶よりもタチが悪い」

と手厳しい。
J-CASTニュースでは、エッセイを掲載した日経新聞の担当部署に電話で取材を申し込んだ。しかし、同社社長室・広報グループから書面で「エッセーは7月7日から毎週1回連載している。タヒチでの身辺雑記を中心に書いていただいている。該当のエッセーについてはメールで数十件の反響があった」という返答がきただけで、それ以外は答えてもらえなかった。



やってる本人もいろいろ考えたことだろうし
その結論が子猫殺しなんだろうというのは
記事の一部からも読み取れる。

でもやってることは間違ったことだと
アテクシは思うのだ。

猫に言葉が話せるなら、避妊手術など望むはずがないし、避妊手術を施すのが飼い主の責任だといっても、それも飼い主の都合。「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」。そもそも、「愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、自然のなかで生きることだ」。人間は、避妊手術をする権利もないし、子猫を殺す権利もないが、「飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」。



確かにネコが話せたら、不妊手術は望まないと思う。
が、仮に話せたら、生まれた子を殺させることも望まないと思う。
さらに言えば、愛玩動物として飼われることも望まないだろう。
ネコをペットとして飼い、かわいがるという時点で
すでに自然の中で生きることから決別させられている。
それでも人間のエゴで飼い続けると言うのなら
人間の中で共存できるように配慮するのが
飼い主がしなくちゃいけないことだと思う。
人間の干渉が入った時点で、すでに自然ではないのだから。

きちんと育てていく上で
不妊手術はデメリットばかりではない。
自然からかけ離れた状態でかわいそう、などという
檻に入れてるくせに自然を望む不自然さより
一度の不妊手術によって防げる病気があることや
度重なる妊娠・出産の負担を防げるという
メリットにも目を向けるべきだと思う。

不妊手術による不自然さを強調して
飼い猫の自然を優先させたつもりになっているけれど
このような飼い方をするくらいなら
ネコを飼う資格なんてないと思う。

実家でネコを飼っていたとき
両親は不妊治療、完全室内飼いをしていた。
確かに「動物的自然」とは程遠い状態だ。
しかし命に責任を持つ飼い方は、本来はこういう形じゃないだろうか?
病気になった子たちには、手の施しようがなくなるまで
看病し続けたし最期も看取った。
坂東氏は、今飼っているネコが病気になった時
どうするのだろう?
自然の営みとして病気のまま放置するのだろうか?
手を差し伸べれば回復するケガも放置しているのだろうか?

何がネコの「生」の充実だ。
そんなことをペットに望むのなら
飼わないことこそ、一番自然な状態ではないだろうか?
Posted at 22:03 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.19

会津に行ってきたよ

夏休みくらい近県に行ってもいいじゃない
と思う今日この頃。

お盆に実家にも帰らない親不孝者だけどねwwwwwww

この辺の小学校は、修学旅行は会津が定番だと聞いてたんだけど
うちの息子のところは岩手(宮沢賢治とか、小岩井牧場見学とか)
旅行で連れて行くしかあるまい
と、前日深夜に会津行きが決定w
そして昼も近くなってから出発という無謀な会津日帰りドライブを
決行してまいりましたよwwwwwwwww

Uターンラッシュもまだ残る状態だったので
会津に着いたのはなんと3時過ぎwwwwwwwww
そこからいろいろ見るにはちょっと遅すぎたΣ(T□T)

でもまあ、定番の鶴ヶ城と飯盛山は当然見てきました。

幕末好きではあるけど、最近はめっきり歴史関係の本を読むこともなく
関連事項を調べもせずに行ったので
ずいぶん忘れてることも多かったし、知らなかったこともたくさん。
白虎隊に関してはもう、イメージしか残ってなかったw
何度かドラマ化されてて見たこともあるのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
16~7歳の少年隊士だった、飯盛山で城方面での火災を見て
落城したと思い自刃した、くらいしか^^;
20人中1人生き残ってその時の様子を伝えた、というのは
うっかり忘れてた。
ただその後埋葬を官軍が許さなかったので
約半年もの間風雨に遺骸がさらされ続けていたというのは知らなかった。
(ネットでさらに調べてみたら、官軍は会津藩には
相当ヒドイ待遇をしていたそうで、結構長いこと
会津の人に薩長の人は恨まれていたようですね)

ここのところネットで特攻隊のことをよく見てたんで
白虎隊と特攻隊は通じるものがあるな~と思ってたら
なんのことはない、戦時中白虎隊の精神が喧伝され
教科書にまでなっていたようで^^;
無知にも程があるわ、アテクシ(ノ_-;)ハア…

駆け足だったけれど見学を終えた後
喜多方まで足を伸ばしてラーメンを食べて
家に帰り着いたのは10時近くなってからでした。
結構疲れたけれど、まあ、楽しかったかな。

久々の会津見学でしたが、お城の中もずいぶん変わったと思った。
修学旅行に行ったダンナも「こんなのなかったよー」と言ってたし
アテクシも昔見たときよりグレードアップしてる気がしたしw
飯盛山にはオートスロープもあってそれにもちょっとビックリw
観光地だけあって、しっかり観光する側の利便性を図ってて
仙台市も見習えばいいのに、と思ってしまいましたわw
Posted at 08:12 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.16

日大山形がベスト8進出!

野球限定の話でいくと
東北の中でも山形は弱いというのが通説だったのよ
と思う今日この頃。

最近がんばってる青森山田も破れ
東北の中では評価が高めの仙台育英も破れ
今年は本荘だし一勝もムリそうだと思ってた秋田も当然のように破れ
福島にいたってはぼろ負けで、岩手は気が付いたら負けて終わってたw
(あくまでもアテクシの主観ですので^^)

で。
気が付いたらさっき山形の代表校、日大山形が
今治西と対戦していた。
テレビでも散々言ってたけど
山形は今回勝てば県勢初のベスト8。
桑田清原時代には東海大山形だが、29-7という
未だに記憶に残る歴史的な大敗をしている野球弱小県だったりする。
正直、侮ってたwwwwwwww
育英に勝ったのだって東北の中じゃたまにあること
程度の認識でしかなかったwwwwwww

さっきの試合だって、強いチーム同士の戦いという感じには
あまり見えなかったのよw
点の取り合いで最後には追いつかれてるんだもの。
それでも8回に一度逆転されたところを追いついたり
がんばってるわ~、とは思っていた。

延長13回の表に2点追加され、もう終わったと思った。
いつもの年よりはがんばってるけどムリだろうと。
ところがその裏、ドラマは待っていた。
ヒットによる1点差、ワイルドピッチで同点
そして最後、ノーアウト満塁から犠牲フライでサヨナラ・・・・
ビックリするくらいの勝負強さを見せてもらった。
今治西もがんばったけど、最後の最後で崩れてしまった。

東北唯一残っている日大山形。
初のベスト8に満足せずにがんばってほしいと思うよ(´∀`*)
Posted at 14:40 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

靖国について思う

アジアって広いんだよね、本当は。
と思う今日この頃。

テレビでは「アジア諸国の反発」を懸念して参拝すべきではない
という論調が盛んだけれど
今日のニュースでは、反発したアジア諸国は中韓二国だけでした。
台湾なんて「問題にしない」そうだし。
韓国と同じように日本の支配下に置かれ
徴用(日本人と同じような)によって戦地で
日本兵として戦った過去を持つ国なのにね。

61年前の今日正午、玉音放送により停戦を知らされ
敗戦した日本。
その日本を守るため、お国のためと死んでいった兵たちが
「靖国で会おう」
を合言葉にしていたのは、超有名な話。
その靖国に、国のために死んでいった人たちに
敬意を表し、現在の平和な日本の礎となっていただいたことに感謝し
不戦の誓いをする、それが首相の靖国参拝の意義だと思うのだ。

確かに戦時中は陸海軍の直轄であり
当時の象徴のような靖国ではあるけれど
現在と当時では事情が違う。
靖国参拝が即軍国主義への回帰とか戦争へ駆り立てる暴挙とか
そんな風に考えること自体、祀られている方々への冒涜であり
自らの身を投げ出して戦ったかつての兵たちへの侮辱だと思う。
彼らは戦争を賛美していたわけではないだろうし
誰よりも戦争を早く終わらせたいと願っていたはずだ。
戦う理由は国のため、陛下のためだけではなく
身近な大切な人を守りたい、そんな思いの方が強かったと思う。
そんな彼らを祀っている靖国を政争の種や外交問題に導く人たちこそ
責められるべきだと思うのだ。

特定アジアにだけ目を向けて問題を大きく報道するマスゴミは
日本という国の主体性がなくなることが望みなんだろうか。
首相参拝のニュースに批判的なメディアが多すぎて
ついこんなことを考えてしまったのでした。
Posted at 23:10 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

首相参拝

無事に参拝お疲れ様です、と言いたい今日この頃。
なんて書いたけど予定調和よね。

では各新聞報道

アカヒ
小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝
中国外務省が抗議声明 首相の靖国神社参拝で
「失望と憤怒」、韓国が抗議声明 首相の靖国参拝で

静寂を取り戻すために ナショナリズムを考える

読売
小泉首相、靖国神社に参拝
「特定の人に対してではない」首相、参拝理由を説明
 
8月15日付・読売社説[終戦の日]「『昭和戦争』の責任を問う」

毎日
首相靖国参拝:小泉首相、靖国神社に参拝
首相靖国参拝:中韓メディアが速報

社説:終戦記念日 ナショナリズムの制御を

産経
小泉首相が靖国神社参拝 終戦記念日は初
首相靖国参拝で中国外務省「強烈抗議」

【主張】8月15日 深く静かな鎮魂の一日に

10時半現在、大手メディアの反応はこんな感じ。
産経で中国の猛烈抗議を取り上げたのは10:29
読売にもそろそろ載ってるかな?
アカヒはさすがに御用新聞だけあってお早いヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
素晴らしいですね^^^^^^^^^^^

そして反応しているのがやはり中韓wwwwwwwwww

そういえば昨日の電波浴の話。
ぼやきくっくりさんで番組の様子がざっと取り上げてありました。
面白いwwwwwwwww
やっぱりN○Kのお話が一番電波浴できたっぽいwwwwwwww
T○Sは結構電波度合いが低かったけれど
去年の反日デモの映像を、まるで靖国反対デモのように流してるとか
結構印象操作に必死だったようだ。
アレ見せられても去年の春の映像だって知ってるから
アテクシはなんとも思わなかったけど
あの流れであの映像は、思い返すとヒドイかも。
さすがですね^^^^^^^^
Posted at 10:46 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

うきうき電波浴

終戦記念日近くは、いろんなところで
電波を浴びることができるwktkな日だったことを
改めて知った今日この頃。

最大の電波浴はT○Sと当たりをつけて臨んだのだが
残念なことに今年はイマイチと評判だった(´・ω・`)
テ○朝を選んだ時点で不正解だった件(´・ω・`)
最大の電波浴はどうやらN○Kだった模様。

ちぇっ

某テ○朝も某T○Sもどちらも主題は靖国でした。
筑波宮司は合祀をためらい、合祀賛成派の松平宮司らが
合祀を決めた的な結論がテ○朝で
政府(厚生省)がねじ込んだ、政治の介入だと言うのがT○S。
T○Sの方はセットが冒涜的だったわw
金色の鳥居ってwwwwwwwwwww

VTRの特集の方は、最初のうちはどういう結論に持って行きたいのか
さっぱりわからなかったけど
後半韓国籍の合祀者の中で、実は生きていた人がいたとか言う流れで
生きながら合祀についてご本人探し出してインタビューしてた。
1人目の方は家族がえらくご立腹で(本人じゃなくてね)
T○Sが言いたいことを言ってくれてたっぽいw
何で命令出した戦犯と一緒に祀るんだ!的に怒ってた。
ところが二人目のご本人さんは
「そんな誰が悪いとか恨む気持ちはない」
とお体の様子が悪そうながらしっかりとした日本語で話していた。
質問は誘導的だったのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
3人目の方は・・・・よくわからなかった。
わざわざT○Sのクルーが教えたみたいだったよ。

アレを見て、アテクシとしては
本人の意思と家族や遺族の意思は違うんだなという印象を持ったよ。
靖国反対の人には物足りなかったかもね。

さて、第2部の討論だけど。
今回こそ本物の電波浴ヽ(´▽`)ノ
と思ったが、つまらなかった(´・ω・`)
印象に残ったのは、宮○学が陛下のメモと言われてるものについて
「ネットで捏造じゃないかとまで言われてるけど
そんなの検証する必要ない、マイナーな議論」
と言い切ったところかなwwwwwwwwwwww
上坂さんの
「小泉さんが明日参拝しようと関係ない」
と言い切ったのもよかったwwwwwwwwww
そうそう、明日じゃなくても問題じゃない。
ただ、焚きつける鬱陶しいのがいるから明日行くといいのに
と言うのがアテクシの考えだがwwwwwwwwww

アテクシ政治討論番組はなかなか見せてもらえないので
愛称生姜教授は初めて拝見させていただきましたw
物腰柔らかに持論をとうとうと述べてらしたけど・・・・
政治家の答弁のように要領を得ない主張でした><
上坂さんの突っ込みにもずれた返事で
最後の最後にドイツの話にもっていってたけど
それを持ってくるのがあの国の人のおバカなところだわ
と思った件wwwwwwwwwwww

ドイツ出しちゃダメだよwwwwwwwwww
あの国、日本より責任認めてないんだぜ?wwwwwwww

で、そこを上坂さんに突っ込まれて
ごにょごにょ言い始めたかと思ったところで
筑○さんのタオル投入で討論終了wwwwwwwww
上坂さんの最後の一言ワロスwwwwwwwwwwww
「短いわねぇ」
うん、短い上に何を討論したかったのか
さっぱり意味不明だったね。

まあ、わかったのは
筑○も生姜教授も(多分特アの人たちも)
東京裁判で戦犯とされた人たちは
未来永劫犯罪者として糾弾され続けなければ納得できないってコト。
一応罪を償えば許される、が基本の日本人とは相容れないかもね。
フツーの犯罪者は背景まで過剰なくらい調べて擁護するのに
変なの( ´,_ゝ`)

なんか中途半端な電波浴でちょっと物足りなかったかも。
Posted at 01:18 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.14

明日は終戦記念日

終戦記念日名物と言えば靖国参拝問題?と思う今日この頃。

ホント本末転倒だよね。
終戦記念日なんだから、戦争で亡くなった方たちに思いをはせ
不戦の誓いをするべき日だというのに
どこの新聞も靖国に首相は参拝するのか?だし
テレビも夜のニュースの内容は
ラテ欄によればやっぱり靖国だし。

アテクシはね、首相が靖国に参拝するのは大賛成です。
何が問題なのか意味わかんない。

大体、戦没者の霊を一国の首相がお参りすることの
どこが悪いというのだろう?
日本はそれが靖国だっただけの話。
こういう施設は他の国にだってあるし
当然元首が追悼の場に行くものだ。
なぜ靖国だけ問題になるのか。
明日行われる記念式典こそ、A級もなにもかも一緒に
戦没者の霊を慰める式典だというのに
それに関しては一切誰も文句は言わない。
なぜならそれは国のために命を落とした人たちすべてを弔う式典で
どんな国でもやってることだから。

元々靖国だけ言われるのは朝日が焚きつけたからだ。
この件に関してはググってもらえればわかると思う。
キーワードは「靖国問題 朝日」
朝日&社会党がつけて回った火種に中国(および韓国)が
乗っかってきただけなのだ。
従軍慰安婦のことだって、朝日がたきつけて問題にしてる。
どこの国の新聞なんだよ、一体('A`)

政治問題に自分たちの手でしておいて
小泉がよくないとか、どの口が言うんだか(ノ_-;)ハア…

ただ、もうこうなったら小泉さんには
ぜひ終戦記念日に参拝してもらいたいとすら思ってるよ。
何もお隣の国を刺激しなくても・・・・
なんて思っていた時代もありましたよwwwwwwww
でもそれって国としてどうよ?
「日本」という国の存在って何よ?
主権国家としてどうよ?

国としての日本なんてどうでもいいと思う人もいるかもしれない。
今の日本に完全に満足してるわけじゃない。
不満もあるけれど・・・・
それでも外圧に負けた土下座外交してるようじゃ
国民のための国家じゃないと、アテクシは思うのだ。
それでも日本の力だけじゃどうしようもない部分を
同盟国に頼るとしたら
それは特アじゃなくて、まだ自由のある国の方がマシだと思うのだ。

いつまでも特アに阿って謝罪だ賠償だという声に負けて
ODAという名の巨額の拠出金を差し出すのはやめて
対等な外交をしてもらいたい。

そのためにも、ぜひ外圧に負けずに
明日靖国に参拝してほしいわ。

まあ、きっと中国様も外交の切り札として
参拝強行してくれないかと思ってるに違いないけどねw

そうそう、さっき報道ステーション見てたら
靖国問題の火付けに躍起になってた張本人が
小首を傾げて
「もう公約自体は破ってるんだから、明日参拝なんて小泉さんはおかしい」
と言っていた件wwwwwwwwwww
Posted at 22:52 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.13

極論好きねぇ

ようやく落ち着いてきた今日この頃。

【コラム・断】いい大人が半ズボンとは

 猛暑になるとよく見かけるのが、半ズボンをはいた大人たちである。30代、40代の男性に多い。
 私達の少年時代、公衆の面前で半ズボンが許されるのは小学生までで、中学生以上は夏でも長ズボンをはくのが常識であった。大人で半ズボンが似合うのは、山下清画伯とアイスキャンデー売りのおじさんと海の家の従業員くらいのものだった。
 それが近頃は、いい齢(とし)をした社会人が休日の外出に半ズボンを着用する。電車の中、映画館、ホテル、コンサート会場と、どこへ行くにも半ズボンだ。腹が出ている中年男がウエストがゴムの半ズボンをはくと実にみっともない。また、スネ毛を出すのは傍目に暑苦しく見苦しい。
 半ズボンを幼児性の象徴ととらえるとわかりやすい。彼らは見てくれは大人でも、中身は精神年齢の低い「小学生」なのである。大人は常に他人(世間様)の目を意識していなければならない。
 電車内のマナーにしても同じで、腹が減ったから食べる、漫画が読みたいから人前でも読む、混雑しているのに携帯電話のメールを打つ。周囲にどう思われてもいいでは、子供より始末が悪い。
 偏見を承知で言うが、半ズボン野郎の顔をしみじみと見ると、どいつもこいつも仕事ができそうにない感じがしてならない。そういえば、未成年者に対する淫行で芸能界を追放された某お笑いタレントも半ズボンをはいていたっけ。
 大人が半ズボンを着用するのは家の中だけ、せいぜい近所に出かける時くらいにしておいたほうがいい。半ズボンをはいたら町内を出るな!(作家・吉川潮)



偏見まみれの意味不明のコラム垂れ流すより
作家の仕事をしっかりされた方がいいんじゃないでしょうか^^^^^
まあ、作品なんて読んだことないけどさ。

しかしこんなヒドイコラムを新聞に載せちゃう産経って('A`)
つか、こんなコラムでお金もらえる作家がうらやましい件wwwww
Posted at 23:39 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.12

まだ動揺中

鈴置さんの訃報もとうとう紙媒体・テレビでも
少しだけですが報道されたようです。

本当にお身内の方しか知らなかったようで
声優仲間さんたちのコメントを見ると
私たちのように10日に知ったという方が多いようです。

7月に肺がんと診断されてから、本当にあっという間だったようで
とにかく残念で仕方ないです・・・・
関係者の方たちも本当に驚かれたでしょうし
ファンの驚きも大きかったようで
古谷さんや小山さんのサイトの掲示板にまで
「訃報は本当なんでしょうか!」
という書き込みも見かけました。

私はというと、旧シャア板で弾幕張ったり
芸スポの訃報スレを読んだりして過ごしましたが
(もちろんチュプなので家事育児はやりましたがw)
なんだかものすごい喪失感で
スレ見ては涙ぐみ、コピペ見ては涙ぐみ
声優仲間さんたちのコメントを見ては涙ぐみ・・・・
今も半泣きでブログ書いてます。

決してアニヲタとか言うわけでもなく
声優さんに詳しいわけでもなく
ただキャプテン翼ヲタではあったので
とても印象に残っていた声優さんの1人ではあります。
とても素敵な声で、確かに小次郎役なのに
あの声というのは違和感あるかも、とは思うんだけど
でもやっぱり小次郎は鈴置さんなんです。

私自身は初代ガンダム直撃世代ではなくて
直撃はどちらかというとΖガンダムだったりします。
Ζはキャプ翼の後なので・・・・
だから鈴置さんはブライトさんよりも小次郎なのかもしれません。

正直、自分でもここまで悲しむとは思ってませんでした。
エンディングのキャストの中に鈴置さんの名前があると
「あーやっぱり~!」
「この声やってるんだ~」
程度しか思ってなかったし
今何をされてるかなんて、考えもしてなかったのに
なんかもう、ぽっかり穴が開いたような
やりきれない思いを抱えてます。

単に年を取っただけなのか
涙もろくなっただけなのか・・・・

いまだ動揺が収まりません・・・・。

ただただ、ご冥福をお祈りするばかりです。
Posted at 02:37 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.10

すごいショック・・・・

別にアニヲタじゃないんだけど、と思う今日この頃。

【訃報】声優の鈴置洋孝さんが死去

ソースは2ちゃんですが、スレ立てした記者さんが
事務所に電話確認したそうです・・・・。

もうなんて言ったらいいのか混乱してるくらい
ものすごくショックな自分がいます。
鈴置さんと言えば、多くの人は
ガンダムブライト艦長を思い出すでしょう。
スレタイのなかには、ブライト艦長と
ドラゴンボールの天津飯の名前が出ていました。
でも私にとって鈴置さんと言えば
キャプテン翼の日向小次郎だったりします^^;

ガンダムももちろん好きなアニメだったし(再放送でねw)
ブライト艦長にも思い入れはあるけれど
私の中ではキャプテン翼の方がはまり度は高かったのです。
そりゃ放映当時は話題だったけれど
数あるアニメの一つ程度の位置付けだと思うんで
あんまり連想する人もいないだろうし
小次郎が・・・・と、ショックを受ける人も少ないと思うけれど
(つーか、当時ブームど真ん中の人以外はあんまり知らないかもw)

もう、本当にショックでショックでマジで泣けてます。
なんか、支離滅裂になるくらいショックです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

追記
確定ソース出ました。

声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役

 鈴置 洋孝さん(すずおき・ひろたか=声優)が6日、肺がんで死去、56歳。葬儀は近親者のみで済ませた。後日しのぶ会を開く予定。連絡先は東京都渋谷区桜丘町29の10の賢プロダクション。

 「機動戦士ガンダム」のブライト艦長などを演じたほか、舞台のプロデュースも手がけた。



嘘だと言ってほしかった。
ホントにいなくなってしまったんですね・・・・
Posted at 19:05 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.10

オシムジャパンの船出

やっぱりサッカー面白いね、と思う今日この頃。

今日はオシムジャパンの船出の日。
代表選出メンバーがずいぶん代わって
どんな試合になるのか楽しみにしていた。

結構面白かったと思った。
ジーコジャパンのときより、サントスが生き生きとしてると思ったし
今回の2得点はサントスだったし。
ドイツの時よりも味方がよく走っていて
攻撃の時にいつも感じていた
「あと1人いれば・・・・」
って言うのはあんまりなかった気がした。

後半は寿人が途中出場で出ていたけど
得点こそ決められなかったものの
よく動き回っていたし(いつもだけどw)
飛び出しも良かったと思った。

ただ後半はちょっと攻め込まれるシーンが多かったかも。
相手選手をフリーにした場面もあって、ちょっと危なかったし
雨が強くなったせいもあるのか、運動量も落ちてたし(´・ω・`)
とはいえ、無失点で初戦をモノにできてよかったよかった(´▽`)
勝ち負けよりも問われていた、「内容」も
ジーコの時に比べればはるかによかったと思うw
ただ、まだ始まったばかりだし
今回のチームがそのまま続くわけではないだろうから
満点と言うわけではないけどね。

それでも次の試合が楽しみだし
今後どう変わっていくのか、期待感はあるよ~。

ところで、やったみたいですねー。
デモ参加の皆さんお疲れ様でした<(_ _)>

川淵会長辞任求めてデモ ファン150人が試合後

 9日夜、東京・国立競技場で行われたサッカー日本代表の試合後、日本サッカー協会の川淵三郎会長の辞任を求めるファン約150人が競技場の周囲をデモ行進した。デモ隊は試合観戦を終えたファンを吸収しながら約半周し、帰宅する多くの人が見守っていた。
 ワールドカップ(W杯)惨敗の総括がないなどとして有志が結成した「川淵会長にレッドカードを!」実行委員会が主催。「川淵会長にNO」と書かれた横断幕を先頭に「川淵辞めろ」と気勢を上げた。
 実行委の荒巻丈代表(28)は「ジーコ・ジャパンの総括がないまま、あいまいにしたくない」と新生日本代表の初戦に合わせた理由を説明し「このような運動は初めてだが、たくさんの人が集まって満足。次につながればいい」と話していた。



参加者は150人ほどだったらしいけど
ネット署名もしているようです。
受付は8月11日までだったと思います~。
サポの声が協会に通じるか、と言えばたぶんムリそうだけれど
それでも黙っていたんじゃわからないもんね。

A代表も新しくなったことだし、協会のトップも一新すれば
風通しもよくなってよさそうだと、アテクシは思いますよ^^^^^
Posted at 00:54 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.08.07

積水のニュース

差別は(・A・)イクナイと思うけど
これはどうなんだろう?と思う今日この頃。

顧客提訴 反響よぶ会社の訴訟支援

 先月三十一日、大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人二世の徐(ソ)文平(ムンピョン)さん(45)が、差別的な発言をされて精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の顧客男性に慰謝料三百万円と謝罪広告掲載を求めて大阪地裁に提訴した。社員が顧客を訴える裁判に対し、会社が裁判費用を負担したり裁判出席を勤務時間と認めるなど、ほぼ全面的に支援することがクローズアップされ、反響が広がっている。 (中里 宏)



人権団体的なところとかは絶賛らしい。
某NHKとかも、この徐さんとやらの主張に沿った
VTRでニュースを流してた。
何しろ、本人も関西弁でしゃべってるのに
VTRの中では顧客が関西弁、徐さんとやらは標準語でアテレコ。
そりゃ印象的には顧客が意味不明のクレーム仕掛けた上に
差別発言したような印象がバッチリ植え付けられること間違いなしw

でもさー。

顧客とトラブルになった理由ってのが差別発言のみのような報道だけど
実際はリフォーム詐欺も真っ青なメンテ持ちかけから始まってるらしい。

 男性によると、「二、三万円の工事と思っていたら、最初二十五万円を請求された。ネズミが一階の空き店舗の床下から石を運んでいて、一、二カ月後にはまた詰まるので、五十万-百万円の改修工事が必要と説明された。金額が法外だと思ったし、説明にも非常な疑念を持った」という。

 名刺については「読みがなが小さくて見えず、『じょさん』とお呼びしたら、『違う』と言われて何を言っているのか分からなかった。そこから(表記を)どれか一つにしてほしいと言った。改修工事も断ると言っても聞いてもらえなかった」という。提訴を「人権で圧力をかけて自分の言う通りにさせる商売のやり方」と批判。両者の主張は全面的に食い違っている。



ねえねえ、ネズミが石を運んでってどういうこと?
こんな理由で納得できる人がいたら見てみたいんだけどw

営業の中身がこんな意味不明な理由で
何を言っても引っ込まなかったら
日本語が通じないのかと思うかもわからんね(ノ_-;)
しかも家関連のことだから、飛んでくお金だって半端ない。
しつこく勧められればそりゃ腹も立ってくるだろうな、と思う。

こういう営業手法を棚にあげて
「差別された!」
と言う理由で顧客を訴えるってどうなんだろう?
実際営業やってる人なんて、かなりいろいろ言われながらも
それでも仕事だからと割り切ってやってる人も多いはず。
そりゃ、「お客様のいうことをすべて聞け(#゚Д゚)ゴルァ!!」的な
勘違い顧客も問題だと思うが
営業だったらある程度、現場の空気を読んだ対応をしなきゃ
まずいんじゃないかと思うんだけど。
ハングル併記の名刺もどうかと思う。
日本人相手用の名刺と2種類用意しておくとかさー。

あ、もしかして在日であることを必要以上に誇示して
差別っぽい発言を引き出して恫喝営業してたのかしら?w

↑なーんて穿った見方だってできるわけよ。

そういう突っ込みどころを与える営業の仕方の方が
理にかなってないと思うんだけど。

まあ、会社自体ちょっとアレっぽい。
最高裁「マンション建設提案で説明不足」 積水ハウス賠償責任
積水ハウス、約2万人分の顧客情報含むPCが盗難
積水ハウス、3件の個人情報流出事故を公表 - なりすましによる詐取も
顧客情報が保存された携帯電話を紛失 - 積水ハウス
積水ハウス、顧客情報入りのPCを紛失

人権問題に取り組んでる素晴らしい会社!
だそうですが、
ちょっと関わり合いになるのはゴメンこうむりたいかも。
そう思わされたニュースでした。
Posted at 10:33 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.07

寒流だね

あの国なんて大して好きでもないのに
テレビじゃ韓流とか、ヨン様とかウォンビンとか
誰よそれ?と思っていた今日この頃。

「親韓」ムード、急速に冷え込む…日韓共同世論調査

 読売新聞社と韓国日報社が実施した「日韓共同世論調査」で、日韓関係が「悪い」と見る人が日本ではほぼ6割に上り、調査を始めた1995年以来、5回の調査で最悪となった。
Click here to find out more!

 調査は6月下旬から7月上旬にかけて、両社がそれぞれ日韓の有権者を対象に、面接方式で行った。

 現在の日韓関係を「良い」と見る人は、日本では計36%で、昨年の前回調査に比べ24ポイント減。逆に「悪い」と見る人は同24ポイント増の計59%に上った。韓国では「良い」は計12%、「悪い」が計87%で、前回調査と比べ、あまり変化はなかった。

 双方の信頼度でも、日本では「韓国を信頼できない」が計51%で、昨年から17ポイントの増加。「信頼できる」は計43%と16ポイント減少した。韓国では「日本を信頼できる」は計11%、「信頼できない」は計89%だった。

 韓国では昨年、島根県で「竹島(韓国名・独島)の日」条例が制定されたことを機に反日感情が高まった。今年は竹島問題と靖国問題での韓国の反発に、日本側が不信感を強めたようだ。

 竹島問題に関して、「両国政府の話し合いで解決できる」との意見は、日本で計30%、韓国は計21%だった。

 首相の靖国神社参拝問題では、「参拝しても構わない」人は日本で60%だが、韓国ではわずか10%。

 一方、北朝鮮が核開発を続けていることについて、「脅威を感じている」人は日本で計87%だったが、韓国では計59%と、両国民の意識の違いが目立った。
(2006年8月6日22時0分 読売新聞)



親韓なんて、マスコミががんばって持ち上げてきてたけど
竹島の問題や靖国参拝でのあの国の反応を知れば知るほど
韓流なんて幻想だと思えてくるわけで。

まあ、4年も前から嫌韓のアテクシとしては
何を今更、と言う感じもする。

大体、北が交戦してきたら
「日本と戦う」
とか、意味不明のことを国民が言っちゃう国だからwwwwwwww
地下鉄駅に飾ってる子供の絵がこんな感じの国だからwwwwwwww
日本人の印象が「ずるい」とか「卑怯」だったりする国だからwwww
剣道も侍も韓国起源とか言っちゃう国だからwwwwwwwwwww
ドラえもんもキティも韓国のものとか言っちゃう国だからwwwwww
キャプテン翼がなぜか韓国代表の話になる国だからwwwwwwwww

とはいえ、日本人ってホントお人よしよね。
こんだけバカにされてるのにそれでもあの国を信頼する人が
まだまだ43%もいるって言うんだから。
それが日本のいいところでもあるわけだけど。

個人個人だとそれなりにいい人もいるわけだが
国となると手に負えない印象が強いし
国家同士が仲良く・・・・なんて幻想だわよ。
領土問題は抱えてるし、一方的に謝罪だの賠償だのと
いつまでもいつまでも居丈高に言ってくるし
教育として反日を推し進めてる国となんて
マトモな付き合いは難しいんじゃないかしらね、元々。

必要最小限の付き合いをして行くのが
お互いの国のためだと思うけど(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
Posted at 01:49 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.06

HERO’Sに思う

TBSとかあんま見ないし~
格闘技もダンナが見ないなら見ないし~
と思いつつ、気になった今日この頃。

前田が激高「死んだらどうする!」

 「HERO’Sミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定T準々決勝」(5日・有明コロシアム)、失神状態の桜庭への猛攻を止めなかった不可解なレフェリングに対し試合後、舞台裏で前田SVが激怒。通路で谷川貞治プロデューサーに「あんなんダメだよ!あんなんじゃ(桜庭が)死んじゃうよ!オマエ、死んだらどうすんだよ!」と詰め寄った。谷川氏は「僕がやったんじゃないですよ」と反論。前田SVは通路の扉に怒りをぶつけ、“ドンッ!”という打撃音が会場に響いた。
 亀田興毅の世界戦から3日後、同じTBSが中継する格闘技番組でも問題が発生した。HERO’Sは4点状態での踏みつけ禁止や、早めのレフェリーストップなど、PRIDEやUFCに比べて安全性を掲げてきたはずだが、全く矛盾した結果に、前田SVは恒例の大会総括をキャンセルし、無言で立ち去った。関係者は「6日にコメントを出す」と表明。谷川氏は「死角でよく見えなかった。総合は難しい」と語るにとどまった。



最初、記事とスレだけ見たんで
実際の試合を見ないことには・・・・と思ったのだが
ホントに今は便利な世の中ね~。
Youtubeに桜庭の試合の動画がうpされてまして。

格闘技は見るだけでよくわかんない~のアテクシだけじゃわからんので
ダンナと一緒に見てみた。

開始1分くらいのところ。
試合を見ていたダンナは
「ストップストップ、ここでストップだって!何で止めないんだ!」
と言い出した。
スレでも指摘されてた場所。
(ちなみにダンナ、格闘技ヲタですw)
その後も様子がおかしい桜庭を見ながら
「ダメだってアレじゃ、選手は商品じゃないんだ!」
とか
「前田が怒るのは当たり前だ!」
とか
「これTBSだっけ?いつもこうなんだよ!」
と非常に怒っていた。

確かにその後、試合は桜庭が勝った。
だが、後味の悪い試合だったと思う。
格闘技自体はよく見るけれど、見るだけのシロートのアテクシでさえ
桜庭がふらふらで、意識が朦朧としながらの試合だなーと
そう思ってしまうシーンが長く続いていて
ホントに心配になったくらいだ。
実際に格闘技をやっていた前田や、ヲタのダンナが怒るのは当然かも。

ダンナはレフェリーにも腹を立てていたようだが
TBSにはもっと腹を立てていた。

「昔TBSでプロレスやってた頃もそうだったんだ。
テレビ的にはヒーローがほしかったんだろうけど
無理やりヒーローを作ろうとしてひどかった。
フジは演出はするけれど試合自体はフツーに流す。
でもTBSは試合にまで干渉してくる。
今回もその結果だろう」

とはダンナの話。

フジがプライドから手を引いてK-1もイマイチ。
亀田のタイトルマッチもあの通りの体たらくで
TBSもどうしても今回のウリである「桜庭」を
ヒーローにしたかったのだろう。

桜庭の対戦相手スミルノヴァスは試合後に
「失神していたところで試合を止めるべきだった。
大体、試合も1R5分だったはずなのに前日に10分になっていた。
契約が違う」
と言うことを言っている。
勝っていたはずの試合があの通りになって
憤懣やるかたないといった感じか。
それにしても前日になってからラウンドの時間が変更になるとか
ちょっとヒドいと思う。
そこまでして桜庭に勝たせたかったのかと。

格闘技の試合とはいえ
もしも、もしも万が一があったらTBSはどうするんだろう?
一応HERO'SはPRIDEやUFCよりも安全だと言っていたはずなのに
こんなジャッジが通るようなら
逆にPRIDEの方が安全なんじゃないだろうか?
格闘技だから、不幸なアクシデントがゼロとは言えないけれど
それを未然に防ぐべく、ジャッジも興行側も努力しなければ
選手は安心して試合に専念できないじゃないか。

一時のヒーロー誕生のために
選手を使い捨てにしてるとしか思えない・・・・。

以前、TBSのことを書いたエントリのコメントで
TBSの放送免許剥奪のための署名を集めていると言うものがあった。
ぜひ賛同したいと、今回のことで思ってしまった。
あんなテレビ局、いらないよ!

Posted at 16:09 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.08.06

お前が言うな

本気で「お前が言うな」と呆れることって
あるよなー、と思う今日この頃。

中国の王毅駐日大使は4日、新潟県長岡市で開かれたパネルディスカッションの中で、
「隣人が一番嫌がることを控えめにするのが東洋人の伝統だ」と述べ、安倍長官の靖国参
拝を事実上、批判しました。

王毅大使は、今月10日に一時帰国することになっていて、本国でこの問題への対応も協議
するものと見られます。

また、韓国の外交通商部は「国際社会の懸念にもかかわらず、参拝したことは大変遺憾だ」
とのコメントを発表しました。テレビでは、4日朝から、安倍長官の靖国参拝が一斉に報じら
れています。いずれも、参拝したことを淡々と伝える一方で、秋の自民党の総裁選挙では、
靖国参拝問題が大きな焦点になるだろうとの見方を示しています。
(映像付きニュースソースはこちら
http://news.tbs.co.jp/headline/
tbs_headline3350440.html


2ちゃん現行スレ



( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
お前が言うなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

隣人が一番嫌がることをしまくってるのはどこの誰でしょう?www
自分の国を棚にあげてよく言うよねwwwwwwwww
これって笑うところ?wwwwwwwwwwwww

靖国参拝を外交の切り札の一つにして
散々イヤガラセしてるの、どっちかしら?
南京大虐殺記念館とやらを作って
とうとう世界遺産にしよう!なんてキャンペーンしてるくせに
よく言うわ、ホントにもう。
いつのまにやら30万人虐殺されたってことになってるけど
アテクシが学生の頃はもっと少なかったわよ?w
その時々でコロコロ主張が変わるところを世界遺産になんて
よくも言えたもんだと思うわwwwwwwwwwwww

靖国参拝をやめたところで
次は新しい外交の切り札を探し出して(作り出して)
自分たちの主張をゴリ押ししようとするだけなんだから
靖国参拝だけは、絶対やめるべきじゃないとアテクシは思うわ(´∀`*)

大体中国の世論だってこんな感じだ。

分祀でも半数が容認せず(共同通信)

 日本の非営利団体「言論NPO」と北京大などが2日発表した共同世論調査で、中国側回答者の半数が、A級戦犯が分祀(ぶんし)されても日本の政治家の靖国神社参拝を容認しない考えを持っていることが明らかになった。中国人の30.4%が「戦犯を外せば(日本の政治家が)参拝しても良い」と答えたが、51.1%は「どんな条件でも参拝してはいけない」と、分祀されても容認しない考えを示した。



アカヒは分祀すれば変わるかも、のような解釈をして記事にしてたが
それはアカヒの「まず分祀ありき」の結論から
勝手に解釈したものだと思われる。
どう見ても分祀じゃ納得してませんw

だからこそ、参拝やめるべきじゃないと思うんだけどね(´∀`*)
Posted at 01:35 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.05

不思議マスコミ

今まで騙されてたのねつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
と、ヒロイン気取ってみたくなる今日この頃。

首相就任時、靖国参拝せず=8日にも見解表明-麻生外相

 麻生太郎外相は4日、9月の自民党総裁選への出馬に向け、靖国神社問題に関する見解を8日にも表明する方針を固めた。自らが首相に就任した場合は参拝しない意向を打ち出すとともに、同神社を非宗教法人化してA級戦犯の分祀(ぶんし)を可能にすることを提唱する。安倍晋三官房長官が4月に靖国参拝していたことが明らかになる中、安倍氏との違いを明確にすることで、「非安倍」陣営への浸透を図るのが狙いとみられる。
 また、15日の終戦記念日に小泉純一郎首相が参拝するかどうかが注目されており、終戦記念日前に自らの見解を明らかにすることが適当と判断した。 
(時事通信) - 8月4日19時2分更新



参考
麻生氏は「靖国参拝自粛」表明へ-読売-
麻生氏、靖国参拝せぬ意向 私案「首相に就けば在任中」-中日-
靖国 総裁選で前面に 安倍氏 今後の姿勢示す必要も-東京-

まあ、どの記事も麻生外相が靖国参拝を自粛するような報道をしてる。
こんだけソースがあったら、誰しも信じそうなもんだ。

ところが。

きょうたろう(麻生太郎氏の公式サイト)

さて、既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、本日の東京新聞朝刊に「麻生氏、参拝せぬ意向」、読売新聞夕刊に「麻生氏は参拝自粛」という記事が、また時事通信でも「首相就任時、靖国参拝せず」といった配信記事がありました。
昨日は、日本テレビのニュース専門番組でも同じような趣旨のニュースがありました。

これらは事実に反するものです。
各社に対しては当方の事務所より、抗議し、その訂正を申し入れました。
事実に基づかない、このような記事が掲載されたことは、大変遺憾に思っています。



記事(アテクシはスレタイで見たんだけど)見たときには
ずいぶんな宗旨替えだな~と思ったのだが
マスコミのフライングだったなんて┐(´~`;)┌
フライングと言うより、願望?w
安倍氏への牽制?
首相への牽制?

意味わかんね(ノ_-;)ハア…

元々靖国が外交問題になったのも
マスコミ(というか朝日)が焚きつけたのがきっかけだが
こうやって引っ掻き回すのが本当にお得意ですね^^^^^^^
本記事に分祀を提案とか書いてあるけど、これもミスリード?w

アテクシ的には靖国参拝、どうぞどうぞだわ。
A級戦犯のことは、ネットでいろいろ検索すれば
どういう意味でどういう人たちで、どういう罪で裁かれたのか
また当時の政治的意図なんかもきっと見つかると思う。
アテクシのつたない文章で書くよりもきっとわかるから
ぜひ検索していただきたいわ(´∀`*)

ちなみに麻生外相の昨年の記者会見ではこんな感じ。
麻生総務大臣閣議後記者会見の概要

ちゃんとおわかりになってらっしゃる(´∀`*)
Posted at 05:28 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.08.02

(´・∀・`)ヘー亀田チャンピオンになったのね

ボクシングははじめの一歩だけはガチで面白いと思う今日この頃。

亀田興毅、判定で世界ライトフライ級王座獲得

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦12回戦(2日・横浜アリーナ)――同級2位の亀田興毅(19)(協栄)が同級1位のファン・ランダエタ(27)(ベネズエラ)を2―1の判定で下し、世界初挑戦で王座を獲得した。

 亀田は19歳8か月の若さで世界王座奪取に成功、井岡弘樹(18歳9か月)、ファイティング原田(19歳6か月)に続き、日本ボクシング史上3番目の若さで3人目の10代チャンピオンとなった。

 ◆“本物のプロ”の洗礼、試合内容は完敗◆

 信じられない判定だった。亀田が新王者となったが、試合内容は完敗だった。

 怖い物知らずの若者がいきなり“本物のプロ”の洗礼を受けた。1回、ランダエタの右フックをまともに受けてダウン。屈辱と未知の経験に、亀田の表情から余裕と、いつものふてぶてしさが消えた。

 前王者が複数階級制覇を目指して返上したライトフライ級王座を、1階級上のフライ級と、1階級下のミニマム級で戦ってきた選手が争った一戦。筋肉が力強く隆起した亀田と、やや線が細いランダエタが、リング上で拳を交えた。

 デビュー戦から、亀田は11戦すべてをフライ級で戦ってきた。自他ともに認める豊富な練習量で、体力負けした試合は1度もない。ガードを固め、グイグイと距離を詰め、ロープ際に追い込んで連打を見舞うのが“定番”だったが、百戦錬磨の試合巧者には通用しなかったように見えた。

 一方、元WBAミニマム級王者のランダエタは、同級では、リーチの長さと身長の高さを武器に、鋭いカウンターで実績を築いてきた。1・3キロ重い階級で体格の利は失われたが、キャリアでは相手を大きく上回る。表面的な見かけとは裏腹に、防御の技術、パンチの多彩さでは、明らかに亀田より一枚も二枚も上だった。

 常に前向きだった亀田の姿勢をジャッジが評価したのかも知れないが後味の悪い判定だった。(込山駿)



試合は見ていない。
でも某所で八百長疑惑が取り沙汰されてたんで
結果はちょっと気になってた。

で、この記事。
そしてこれも見るといいかもしれない。

亀田興毅が判定で世界タイトルを獲得。あなたの判定は?


2006年08月02日より 計54556票
亀田興毅の勝利 4% 2066 票
ファン・ランダエタの勝利 95% 51691 票
引き分け 2% 799 票


Yahoo!投票より

試合終了後、敗者となったランダエタ選手は
テレビでは映っていなかったようだ。

見なくてよかったwwwwwwwwwwwww
Posted at 23:10 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
2006.08.01

仙台育英が優勝!

雨で日程が延び延びになった上、楽天の試合の関係で
決勝が月曜日に行われた宮城県大会。
ところがそれも15回まで息詰まる攻防で得点が入らず
今日、再試合だった。

結果は6-2で仙台育英が勝ちました。

面白い試合だったよ~。
東北が先発ピッチャーを変えてきたのに対し
育英は昨日15回完投したエースをそのまま起用。

昨日も大きなチャンスを何度か逃した育英だったので
さすがに連投の疲れもあるだろうし、東北の方がちょっと有利か?
なんて思っていたのだが、結局最後までツキがあったのは育英だった。
一般入部組の2年生ピッチャーがエースというのも
「あの」育英にしては珍しいw
ノーアウト満塁を無得点で抑えたり
ピンチも最小失点で抑えるなど、今日も完投したが
要所を締めたいいピッチングをしていたと思う。
バックもそれを助けるべく、しっかり守っていたしね。

東北もなんとか食らいついていたのだが
最後、途中から登板した高山が打たれてしまい
最終的には4点差をつけられてしまった。
2-0→2-1→3-1→3-2と、がんばってたんだけどね。

育英は5年ぶりの甲子園だそうで。
甲子園でもがんばってほしいよ。
Posted at 16:06 | スポーツ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。