--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.15

靖国について思う

アジアって広いんだよね、本当は。
と思う今日この頃。

テレビでは「アジア諸国の反発」を懸念して参拝すべきではない
という論調が盛んだけれど
今日のニュースでは、反発したアジア諸国は中韓二国だけでした。
台湾なんて「問題にしない」そうだし。
韓国と同じように日本の支配下に置かれ
徴用(日本人と同じような)によって戦地で
日本兵として戦った過去を持つ国なのにね。

61年前の今日正午、玉音放送により停戦を知らされ
敗戦した日本。
その日本を守るため、お国のためと死んでいった兵たちが
「靖国で会おう」
を合言葉にしていたのは、超有名な話。
その靖国に、国のために死んでいった人たちに
敬意を表し、現在の平和な日本の礎となっていただいたことに感謝し
不戦の誓いをする、それが首相の靖国参拝の意義だと思うのだ。

確かに戦時中は陸海軍の直轄であり
当時の象徴のような靖国ではあるけれど
現在と当時では事情が違う。
靖国参拝が即軍国主義への回帰とか戦争へ駆り立てる暴挙とか
そんな風に考えること自体、祀られている方々への冒涜であり
自らの身を投げ出して戦ったかつての兵たちへの侮辱だと思う。
彼らは戦争を賛美していたわけではないだろうし
誰よりも戦争を早く終わらせたいと願っていたはずだ。
戦う理由は国のため、陛下のためだけではなく
身近な大切な人を守りたい、そんな思いの方が強かったと思う。
そんな彼らを祀っている靖国を政争の種や外交問題に導く人たちこそ
責められるべきだと思うのだ。

特定アジアにだけ目を向けて問題を大きく報道するマスゴミは
日本という国の主体性がなくなることが望みなんだろうか。
首相参拝のニュースに批判的なメディアが多すぎて
ついこんなことを考えてしまったのでした。
スポンサーサイト
Posted at 23:10 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

首相参拝

無事に参拝お疲れ様です、と言いたい今日この頃。
なんて書いたけど予定調和よね。

では各新聞報道

アカヒ
小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝
中国外務省が抗議声明 首相の靖国神社参拝で
「失望と憤怒」、韓国が抗議声明 首相の靖国参拝で

静寂を取り戻すために ナショナリズムを考える

読売
小泉首相、靖国神社に参拝
「特定の人に対してではない」首相、参拝理由を説明
 
8月15日付・読売社説[終戦の日]「『昭和戦争』の責任を問う」

毎日
首相靖国参拝:小泉首相、靖国神社に参拝
首相靖国参拝:中韓メディアが速報

社説:終戦記念日 ナショナリズムの制御を

産経
小泉首相が靖国神社参拝 終戦記念日は初
首相靖国参拝で中国外務省「強烈抗議」

【主張】8月15日 深く静かな鎮魂の一日に

10時半現在、大手メディアの反応はこんな感じ。
産経で中国の猛烈抗議を取り上げたのは10:29
読売にもそろそろ載ってるかな?
アカヒはさすがに御用新聞だけあってお早いヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
素晴らしいですね^^^^^^^^^^^

そして反応しているのがやはり中韓wwwwwwwwww

そういえば昨日の電波浴の話。
ぼやきくっくりさんで番組の様子がざっと取り上げてありました。
面白いwwwwwwwww
やっぱりN○Kのお話が一番電波浴できたっぽいwwwwwwww
T○Sは結構電波度合いが低かったけれど
去年の反日デモの映像を、まるで靖国反対デモのように流してるとか
結構印象操作に必死だったようだ。
アレ見せられても去年の春の映像だって知ってるから
アテクシはなんとも思わなかったけど
あの流れであの映像は、思い返すとヒドイかも。
さすがですね^^^^^^^^
Posted at 10:46 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

うきうき電波浴

終戦記念日近くは、いろんなところで
電波を浴びることができるwktkな日だったことを
改めて知った今日この頃。

最大の電波浴はT○Sと当たりをつけて臨んだのだが
残念なことに今年はイマイチと評判だった(´・ω・`)
テ○朝を選んだ時点で不正解だった件(´・ω・`)
最大の電波浴はどうやらN○Kだった模様。

ちぇっ

某テ○朝も某T○Sもどちらも主題は靖国でした。
筑波宮司は合祀をためらい、合祀賛成派の松平宮司らが
合祀を決めた的な結論がテ○朝で
政府(厚生省)がねじ込んだ、政治の介入だと言うのがT○S。
T○Sの方はセットが冒涜的だったわw
金色の鳥居ってwwwwwwwwwww

VTRの特集の方は、最初のうちはどういう結論に持って行きたいのか
さっぱりわからなかったけど
後半韓国籍の合祀者の中で、実は生きていた人がいたとか言う流れで
生きながら合祀についてご本人探し出してインタビューしてた。
1人目の方は家族がえらくご立腹で(本人じゃなくてね)
T○Sが言いたいことを言ってくれてたっぽいw
何で命令出した戦犯と一緒に祀るんだ!的に怒ってた。
ところが二人目のご本人さんは
「そんな誰が悪いとか恨む気持ちはない」
とお体の様子が悪そうながらしっかりとした日本語で話していた。
質問は誘導的だったのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
3人目の方は・・・・よくわからなかった。
わざわざT○Sのクルーが教えたみたいだったよ。

アレを見て、アテクシとしては
本人の意思と家族や遺族の意思は違うんだなという印象を持ったよ。
靖国反対の人には物足りなかったかもね。

さて、第2部の討論だけど。
今回こそ本物の電波浴ヽ(´▽`)ノ
と思ったが、つまらなかった(´・ω・`)
印象に残ったのは、宮○学が陛下のメモと言われてるものについて
「ネットで捏造じゃないかとまで言われてるけど
そんなの検証する必要ない、マイナーな議論」
と言い切ったところかなwwwwwwwwwwww
上坂さんの
「小泉さんが明日参拝しようと関係ない」
と言い切ったのもよかったwwwwwwwwww
そうそう、明日じゃなくても問題じゃない。
ただ、焚きつける鬱陶しいのがいるから明日行くといいのに
と言うのがアテクシの考えだがwwwwwwwwww

アテクシ政治討論番組はなかなか見せてもらえないので
愛称生姜教授は初めて拝見させていただきましたw
物腰柔らかに持論をとうとうと述べてらしたけど・・・・
政治家の答弁のように要領を得ない主張でした><
上坂さんの突っ込みにもずれた返事で
最後の最後にドイツの話にもっていってたけど
それを持ってくるのがあの国の人のおバカなところだわ
と思った件wwwwwwwwwwww

ドイツ出しちゃダメだよwwwwwwwwww
あの国、日本より責任認めてないんだぜ?wwwwwwww

で、そこを上坂さんに突っ込まれて
ごにょごにょ言い始めたかと思ったところで
筑○さんのタオル投入で討論終了wwwwwwwww
上坂さんの最後の一言ワロスwwwwwwwwwwww
「短いわねぇ」
うん、短い上に何を討論したかったのか
さっぱり意味不明だったね。

まあ、わかったのは
筑○も生姜教授も(多分特アの人たちも)
東京裁判で戦犯とされた人たちは
未来永劫犯罪者として糾弾され続けなければ納得できないってコト。
一応罪を償えば許される、が基本の日本人とは相容れないかもね。
フツーの犯罪者は背景まで過剰なくらい調べて擁護するのに
変なの( ´,_ゝ`)

なんか中途半端な電波浴でちょっと物足りなかったかも。
Posted at 01:18 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。