--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.26

詭弁がお上手

「子猫殺し」直木賞作家 背景に「日本嫌い」
2006/8/25

日経新聞のコラムで直木賞作家・坂東眞砂子さんが「子猫殺し」を告白したことをめぐって、「全く理解できない」という声が広がっている。坂東さんの「子猫殺し」の背景には充実した「生」の実感は「死」への意識が必要だ、という独特の考えがある。それがないのが、都市であり、日本だ。「子猫殺し」は、「日本嫌い」の延長線上にある、といってもおかしくない。

日経新聞は2006年8月24日、「子猫殺し」の騒動を受け、坂東さんからのコメントを紹介した。内容は以下のとおりだ。

「タヒチ島に住みはじめて8年経ちます。この間、人も動物も含めた意味で『生』ということ、ひいては『死』を深く考えるようになりました。7月から開始した日本経済新聞社紙面、『プロムナード』上での週1回の連載でも、その観点からの主題が自然に出てきました。『子猫殺し』のエッセイは、その線上にあるものです。ことに、ここにおいては、動物にとっては生きるとはなにか、という姿勢から、私の考えを表明しました。それは人間の生、豊穣性にも通じることであり、生きる意味が不明になりつつある現代社会において、大きな問題だと考えているからです」

充実した「生」の実感は「死」への意識が必要だと説く

つまり、「子猫殺し」は「生」と「死」への深い洞察のなかで生まれたエッセイということになる。坂東さんの作品には実際に「生」や「死」を取り扱った作品も少なくない。直木賞を受賞した『山妣(やまはは)』(新潮社)でも、溺れる祖母を見殺しにするシーンがある。06年7月7日付け日経新聞に掲載されたエッセイ「生と死の実感」のなかでも、

「死から遮断された人々は、死の実感を失ってしまう」
「死の実感は生の実感にも通じている。生と死は、互いの色を際立たせる補色のような関係だ」

と述べている。坂東さんはこのエッセイで、最近の青少年の殺人事件で「人が死ぬのを見たかった」「殺してみたかった」などという言葉を聞くことを挙げ、充実した「生」の実感は「死」への意識が必要だと説いている。さらに、

「現代都市生活では獣の死骸はまず見ない。(略)都市とは。死を排除された空間だ」

と述べる。つまり、現代都市生活では「死」はことごとく隠蔽され、「死」への実感がないからこそ、「生」の充実もないというわけだ。そして、現代都市生活とは「日本」のことである。その理由は産経新聞に連載された坂東さんのエッセイ「タヒチ通信」を紐解いていくとよくわかる。

00 年8月28日に掲載された「南太平洋の楽園にも渋滞それは社会の流れにも似て」のなかで、坂東さんは自宅から70キロ離れたタヒチの中心都市パペエテに行くことの苦痛を述べる。苦痛の理由は、都市生活ではありがちな「渋滞」だ。坂東さんは日本の会社員が「他人と同じことをしないと安心できない」として批判した後、「渋滞」について次のように述べる。

「渋滞に甘んじる心理は、社会の流れに唯々諾々と従う心理に繋がる。(略)渋滞は、人が自由に生きたいと思う欲求を無意識に潰す効果を生み出している」

「精神的にいられなくなってタヒチで暮らすようになった」

このような考え方は01年1月15日掲載の「メインディッシュはまだ?日本人の精神性について」でも繰り返される。

「私の男友達は、常々『日本は世界で最高の社会主義国だ』と言っている。個人が国家と融合し、そのため利益のために一丸となって働くということでは、日本人という精神性そのものが社会主義的であるという意味だ。(略)しかし、これは個人の自由な主張を犠牲にした上で成り立っている美点であることを、私たちは忘れてはいけないのではないだろうか」

つまり、都市生活のなかで、日本人は没個性化し自由を犠牲にしているというのである。「生」の充実という点でも、「死」を隠蔽している点でも、日本では生の充実を得られない。つまり、都市社会生活から離れなければならないのだ。

坂東さんは、02年に『曼荼羅道』で柴田錬三郎賞を授賞した式で、タヒチに住む理由を次のように述べている。

「日本という国に、日本という社会に精神的にいられなくなってタヒチで暮らすようになった」



子猫殺しの反響から出したコメントらしいけど。
大風呂敷広げちゃってどう収束させる気なのか
ちょっとwktkしてきましたよ^^^^^^^^^^^

確かに日本で、食べるために殺してる実感は希薄かもしれない。
学校でもあまり教えないし親も教えることは少ないかもしれない。
核家族になり、家から葬式を出すことも少ない。
身近なところにあまり死はないかもしれない。

生と死は対極にあるものだから、よくセットで語られる。

「死から遮断された人々は、死の実感を失ってしまう」
「死の実感は生の実感にも通じている。生と死は、互いの色を際立たせる補色のような関係だ」



一理はあると思う。
死が身近に感じられないことで人間の死に対して
なにか遠くの出来事のように感じることもあるだろう。
でも違うとも思うのだ。
死の実感とは死体を見ることでも
子猫を投げ捨てることで感じることでもない。

「タヒチ島に住みはじめて8年経ちます。この間、人も動物も含めた意味で『生』ということ、ひいては『死』を深く考えるようになりました。7月から開始した日本経済新聞社紙面、『プロムナード』上での週1回の連載でも、その観点からの主題が自然に出てきました。『子猫殺し』のエッセイは、その線上にあるものです。ことに、ここにおいては、動物にとっては生きるとはなにか、という姿勢から、私の考えを表明しました。それは人間の生、豊穣性にも通じることであり、生きる意味が不明になりつつある現代社会において、大きな問題だと考えているからです」



こう書いてはあるが、所詮底が浅いと思ってしまう。
動物にとって生きるとは何か、ねえ、ふーん。
自分がペットとして飼っている、今存在する親猫に対しては
生を充実させるとかいう彼女の価値観で
盛りがついたら産む、育てはしないという
獣としても歪んだ生き方をさせているのに
何を言い出すんだろうね。

一番生を冒涜してるのは彼女自身だと思う。
セックスはいいが、子供は邪魔だ、そういうことじゃないか。
「痛みを背負う、社会的責任として」と
言葉を飾って正当化しているだけのエッセイを
さらに大風呂敷広げて
「子猫殺しを通して動物の生、人間の生きる意味について
読者に問いかけたかった」
と来たもんだw

生きる先には死がある。
生き物はすべて死に向かって歩いている。
だが自分は死んでも自分の遺伝子を残すために交尾し
子を産み、育て、そして死んでいく。
自分が死んでも自分の子が子を産み、育てる。
それが自然の姿なのだ。

生きる意味など、動物は考える余裕はないだろう。
生きることに必死だから。
何にでも理由をつけたがるのは人間だけ。
この人だって「生の充実」だの
「死の実感」だの言い繕ったって
自分の飼ってる犬猫に対して
「神の目線」でモノを言ってるだけなのに
自分でそれに気付いていない痛さに呆れる。
血統の正しい犬の子はそのままで
雑種の仔は始末するという傲慢さ
飼っているネコは自由を謳歌させるが
生まれたての子猫には生きる権利すら許さない傲慢さ。
そしてそれを文章として発表する時には
「私はいいことをしてるわけじゃないけど生死を真剣に考えている
あんたたちはどうなのよ、日本でそんなこと考えてるの?」
とまるで自分が高みに立っているような書き方。

バカじゃないの?

頭でっかちな中学生のような論理を
「直木賞作家」様だと新聞に垂れ流しても
ありがたがられると思ったら大間違いだよ。

いや、中学生に失礼か。
死が隠蔽されているというが、意外と死は身近な存在なのに。
日常的に死骸が転がってるようじゃないと
人間は死について考えないのだろうか。
そんなに想像力が欠如しているものだろうか。

どんなに言い繕っても
子猫を無駄に崖下に放り投げて、責任回避してる
ことだけは変わらないんだけどね。
スポンサーサイト
Posted at 18:20 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.26

生と性の混同だよな

浮世離れとか、アンバランスな精神成長を遂げた人しか
作家になれないのかな~、と思う今日この頃。

坂東眞砂子さんのエッセーに批判相次ぐ

 本県出身で仏領タヒチ島在住の直木賞作家・坂東眞砂子さん(48)が、自分の飼い猫には避妊手術をせず、生まれた子猫を「殺している」と日本経済新聞に書いたエッセーに対し、「不快だ」などの抗議が相次いでいる。

 エッセーは18日付夕刊に「子猫殺し」と題して掲載。雌猫3匹を飼っており、子猫が生まれるたびに家の隣のがけに放り投げていると告白。「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない」「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」などと記した。

 日本経済新聞社には、23日までに約300通の電子メールと約60件の電話があり、多くは「理解に苦しむ」などの批判や抗議だったという。

 坂東さんは高知新聞社の取材に対して、「私は、子猫を殺しているだけではない。鶏も殺して食べてもいる。ムカデも、蟻(あり)も、蚊も殺している。生きる、という行為の中に、殺しは含まれています。それは、高知の自然の中に生きている人たちにとっては自明の理ではあるでしょうが、都会生活の中では、殺し、という面は巧妙に隠されています。今回のエッセーは、生と死、人にとって、さらには獣にとって生とは何か、という一連の思考の中から出てきたものです」とコメント。

 日本経済新聞社社長室は「原稿の内容は筆者の自主性を尊重している。さまざまな意見は真摯(しんし)に受け止めたい」と説明している。



この人は子猫殺しの前の週のエッセイで
子犬を始末したことも書いていたようだ。

「天の邪鬼タマ」  坂東眞砂子

 うちの飼い犬は三頭いる。二頭はジャーマンシェパード、雌のミツと雄のクマ。 もう一頭はミツの娘のタマだ。タマは、近所の雑種犬との混血だ。ミツとクマには犬小屋があるが、タマはいつもそのあたりを宿にして放し飼いである。
 母娘だからというでもないだろうが、どういうわけか、ミツとタマ、同時に発情期となってしまう。当然、出産も数日違い。前回、ミツはタマの仔を自分の仔だと思って奪い、タマはそれを取り返そうとし、私はどちらの仔か分からなくなり、あたふたしているうちに、両方の仔、みんな死んでしまった。今回もまた同時に出産したので、涙を呑んで、タマの子は生まれてすぐに始末した。その数日後である。朝の散歩の後、ミツとクマは自分のねぐらに入るのだが、出産後のミツは自分の仔を置いている逆さにしたボートの下にもぐりこんだ。するとタマが、ミツの犬小屋に入りこんで、ちょこんとおさまった。
 こんなことは初めてだ。それから毎日のように、この調子だ。しばらくすると出てくるのだが、タマがいないなと思うと、ミツの犬小屋を占領している。
 タマはミツになりたいのだ。ミツならば、子供がいなくなることもない。立派な犬小屋だってある。犬なりにそれを悟ったのだろう。タマは単純に、ミツの小屋にいれば、ミツになれると考えたのだろう。



この上のエッセイも、子猫殺しのエッセイも
思春期のネガティブ思考を思い出したアテクシ。

「私は、子猫を殺しているだけではない。鶏も殺して食べてもいる。ムカデも、蟻(あり)も、蚊も殺している。生きる、という行為の中に、殺しは含まれています。それは、高知の自然の中に生きている人たちにとっては自明の理ではあるでしょうが、都会生活の中では、殺し、という面は巧妙に隠されています。今回のエッセーは、生と死、人にとって、さらには獣にとって生とは何か、という一連の思考の中から出てきたものです」



どう見ても詭弁です。
本当にありがとう(ry

鶏を殺すのは食べるため、虫を殺すのは直接・間接的に
害を避けるため、「必要だから」殺している。
子猫を殺すのは生を全うするために必要なできごとだろうか?
殺しの痛み、責任、いろいろ言葉を飾って例も挙げているが
論理のすり替えでしかないだろう。

子猫は家庭内で飼われて世話されている分には
他人に迷惑もかけないし害獣にもなりえない。
捨てられたり野に放たれたりするから
他人の迷惑になるのだ。
避妊手術が自然な状態ではない、獣としての生の充実
などとご大層な理屈を並べて繁殖した子猫を殺していると嘯くが
「飼っている」状態がすでに自然とは大きく隔たりがあることを
まず自覚するべきじゃないだろうか?
自然ではない状態なのにも拘らず「獣の自然」を主張すること自体が
大きな矛盾であると思う。
また、「獣」にとっての性行動は単に
「種を増やす・自分の遺伝子を残す」ための手段でしかない。
だがこの人は「『生』の充実」となぜか変換されるようだ。
「生の充実」であるならば、性行動の後の育児も含めなければ
獣にとっては「生の充実」ではありえないのではないだろうか?
人間以外の動物の性行動は決して快楽を伴うものではない。

ところでこの人の著作の傾向などをネットで調べてみると
「性行為」の賛美的な傾向があるのが読み取れる。

人間のセックスは、子孫を残すという行為のみならず
相手とのコミュニケーションの手段でもあり
快楽を得るための手段でもあり
また自らの欲望を満たす行為でもある。
純粋に子孫を残すためだけにセックスするのではない
らしいw
野生の動物とはちょっと位置付けが違う。
よく獣のように乱れ・・・なんて表現があるけどさ
獣のセックスなんて淡白だぜ?w
発情期が来たら優秀な子孫を残すために
メスはオスを選び、子が宿ったら関係はおしまいなのだ。
人間の方こそ節操なくセックスしてると思うよ^^^^^^^^

人間様のセックスのあり方、捉え方は人それぞれだし
坂東さんがセックスに対して子孫を残すことよりも
快楽を求め開放的であることを求める考え方を持ったとしても
それは彼女の自由だと思うよ、うん。
考え、理由をつけるのが人間様はお好きですから(´∀`*)
でもその考えは人間様に当てはまるだけで
獣のセックスにあてはまるわけじゃない。
人間様はセックスこそ「本能」と思ってしまうが
動物の本能の中でセックスは子孫を残すための過程でしかなく
「生の充実」という観点から考えるのであれば
仔を生し育てるという結果も重視しなければ
本当の充実とは程遠いと思うのだがどうだろう?

また、生きるために殺すという行為について言及したいのであれば
実際に鶏や羊を捌いて食べる過程でも書けばまだ共感できたし
生を考えるきっかけになったと思う。
だがそれは子猫を殺すことからは感じることはできない。
社会的責任を自分の手を下して殺すことで果たし
痛みを請け負うなどと書いてはいるが
実際に彼女は子猫の痛みなど請け負ってはいない。
崖から落としているだけだ。
手を汚す、という次元では全くないのだ。
死を見つめるわけでもなく、痛みを知るわけでもなく
ただ単に、痛み・責任ごと崖から放り投げているだけに過ぎない。
「生について考える」と言葉を飾ってはいるが
飼い猫・その仔の生を自分の中だけで通用する
思春期の子供レベルの理論で弄んでいるだけにしか見えない。

自分のセックス観をネコにまで当てはめる
幼稚な思考の持ち主ってことだ。
アテクシはそう思った。

**ついでに**
彼女を擁護したいがために
「産ませた子猫を保健所送りにするのはよくて
直接(でもないんだけど)殺すことを批判するのはおかしい」
という人がいるけどさ。

保健所送りにするヤツもアテクシは許せないよ。
責任をもてない命は作らない、これが基本。
育てられないから保健所に連れてくってバカも
保健所には連れてかないけど殺すってバカも同じバカだと思う。
「生」を弄んでるだけに過ぎない。
そんな飼い方をするバカには、ネコ(ペット)を飼う資格なんて
絶対にないと思ってるよ。
Posted at 13:11 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。