--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.29

市民置いてけぼり('A`)

ちょ、そんなの知らないって!
と思う今日この頃。

日中今昔ものがたり 杜の都から

中国との関係は結構深い都市だということを
こっちに住むようになって初めて知った。
魯迅が留学してたとか、中国人留学生が結構いるとか
そういうのは一応、ね。
なんか中国と交流する話とか、ニュースになることもある。

でもこんな話初耳なんですけど^^^^^^^^^^^^^
1 長町に中華街構想が浮上

どうやら前藤井市長の頃に話が持ち上がっていたらしい。
長町的にも歓迎ムードだったようだ。
全然しらなかったってばwwwwwwwwwww
一応仙台市民なんですけどwwwwwwwwww

でも知らないうちに計画が上がったように
知らないうちに計画が頓挫していた件wwwwwww
4 新市長が反対、計画は白紙に
5 中華街、治安に不安も

全部読んでみて、やっぱり不安と負担の方が大きいと思う。
梅原知事の判断は適切だったと思うよ。
最後の記事の中に、こんな意見が載っている。

 ある知事は語る。「世界のあちこちにチャイナタウンはあるし、日本にもすでにたくさんの中国人が入ってきている。門戸を閉ざす発想では、問題は解決しないのではないか」



世界アチコチにあるチャイナタウンの現状を考えると
何も自治体の予算を割いてまで作るものとは思えない。
基本的にこの中華街構想は、予算を出すのは自治体で
中華街自体は中国の財団が握ることになっている。
中国人のコミュニティは、日本人のそれよりも排他的になる。
全ての中国人が悪いわけじゃないし
個人個人はいい人だっている。
だが、集団の中国人となると話は変わってくる。
チャイナタウン化したらどうなるか・・・・。

 梅原市長は7月3日、仙台市内のホテルで行われた中国観光相の歓迎レセプションで、大学時代第2外国語として学んだ中国語であいさつした。経産省で国際交渉にかかわってきた梅原氏は「中国とは30年以上の長い付き合いがある」と自負する。

 市長が強調するのは「中国は政府も軍も党も財閥も一つにまとまっている。中国とつき合うにはリスクを考えないといけない」との認識だ。中国は「日本を極東の片隅に押さえ込み、日米同盟関係を分断する戦略」を持っていると指摘。「それを前提に、政府も自治体も国民もつき合わなければいけない」と主張する。

 その梅原氏には、中瑞財団が土地を購入する中華街構想は危うく映った。「チャイニーズコミュニティーに所有権が移れば、その人脈でテナントが回り始める。そうなると手がつけられない」。中国の地下組織がはびこり、治安上の問題が発生しかねない、と危ぶんだ。



考えすぎだという声もあるかもしれない。
だが自治体単位ではなく日本全体で
中国人による犯罪も増えている。
中華街がそういう人たちの逃げ場になりうることは容易に想像できる。
基本的に彼らとは価値観・考え方が違うことを忘れてはいけない。
法に関する考え方も日本人とは違う。
「みんな仲良く~、差別はよくない~、中国人だっていい人もいる~」
で解決する問題とは違うと思うのだ。
同族意識、身内意識は日本人のそれより固い。

どうせ開発するなら、仙台市民中心の開発をしてもらいたいものだ。
中華街なんか作るより、観光都市としての側面を
もっとアピールできるような開発とかさ。
中華街なんてわざわざ作らなくても
中国人経営の店なんて仙台にもあるじゃないか。

計画が頓挫してくれてホント、よかった。
スポンサーサイト
Posted at 12:51 | 日記 | COM(2) | TB(0) |
2006.08.29

何がしたいんだろう

やっぱりおかしい、と思う今日この頃。
何がって言うのはこの後すぐwwwwwwwwwww

オーマイニュース 内外から強烈「逆風」

2006年8月28日、「市民記者」として登録すれば誰でも記事が書ける韓国発のニュースサイト「オーマイニュース」が正式にスタートした。「市民みんなが記者だ」という言葉をコンセプトとして掲げており、同日昼までに1,145人が市民記者として登録した。だが、編集委員から編集方針に疑問を投げかける声も出ているのに加えて、ネットやブログの捉え方に、外部から反発も出ている。

編集方針に疑問を投げかけたのは、同ニュースの編集委員を務めるジャーナリストの佐々木俊尚さん。同ニュースが設置したブログに、06年8月23日から同24日にかけて、2回に分けて投稿された。佐々木さんの記事のポイントは、以下の3つだ。
「客観報道を装いながら、実は『左より』の記事に」

1. オーマイニュースは、そもそもどういう立ち位置なのか。客観報道を装いながら、実は『左より』の記事になっているのではないか。
2. オーマイニュースは何を書こうとしているのか。読者を感動させるためには、書き手と読み手の共通の基盤を探る必要があるのではないか。
3. オーマイニュースはブロゴスフィア(ブログやブロガーによって構成されるコミュニティー)と、どういう関係を持とうとしているのか。

特に、上記1. と3. が、議論を呼んでいる。1. については、27日に編集次長の平野日出木さんの名前で「佐々木編集員の問いかけに対して」という記事が掲載され、その中でこんな説明をしている。

「客観性は、ひとりひとりの客観的たろうという意志では担保できません。数多くの、ロングテールに生息する多様な個人が、主観を交換し合ってこそ実現するのです。ですからスタッフとして私は、オーマイニュースを可能な限り多様な見方が交差するプラットフォームにしたいと願っています」

呉連鎬(オ・ヨンホ)代表取締役兼CEOも、記者会見で「編集部は中立を守る」と、同様の発言をしている。そうは言っても、「市民記者が書いた記事の編集責任はオーマイニュースにある」(鳥越俊太郎編集長)ため、編集部には、記事のバランスを取るための努力が求められることは間違いないようだ。

3. については、ネット上でさらに熱い議論を呼んでいる。というのも、鳥越さんが匿名掲示板などに対して、事実上の「宣戦布告」をしているからだ。

「2chはどちらかというと、ネガティブ情報の方が多い。人間の負の部分のはけ口だから、ゴミためとしてあっても仕方ない。オーマイニュースはゴミためでは困る」(06年7月10日、ITmedia)
「ブログはそれでいいんです。匿名掲示板とか、ブログの存在を全く否定する気はない。彼らはそこで遊んでいればいいし、楽しんでいればいい」(06年8月7日、月刊「FACTA」)

「宣戦布告」しただけあって、2ちゃんねるの「ニュース速報+」と呼ばれる掲示板では、辛辣な意見が相次いだ。

「確かにサヨク再興のため、何が論破されたのかも考えずにネットに進出し、ただ同じ事を繰り返してるだけって感じだなw」
「左翼のデンパ飛ばしブログと、何が違うの?」

(中略)

「オーマイニュースも、意味のある、良い情報を伝えているブロガーとは、積極的に一緒にやっていきたい。伝統的メディアとブロゴスフィア(ブログやブロガーによって構成されるコミュニティー)は分かれてしまっている気がする。オーマイニュースがその橋渡しをしたい」

さらに、9月2日には、都内で鳥越編集長を始めとするオーマイニューススタッフと、ブロガーとの対話集会も予定されている。

いずれにせよ、新しい試みなだけあって、「舵取り」は一筋縄ではいかなさそうだ。



オーマイニュースが一度炎上した時、ちょっと見てみたんだけど
本登録が始まるかどうかの頃だったんで
ヲチする気にもならなかったんで、すっかり忘れてたw
で、久々に見てみたよ^^

まずは・・・・
コメント閲覧がやたら重い。
鯖が弱いのか、プログラムが重いのか・・・・
一応さ、ニュースサイトの位置付けなんだろうし
もうちょっと何とかならないもんかね。

次に、記事の底の浅さに驚いた。
読みたいと思わせる記事がほとんどない。
だからアクセストップ10を上から見てみたんだけど・・・・

1位の記事
具体的な論拠を出さずに嫌韓流本の批判
2位の記事
中国に留学していた日本人男子留学生の悪口
→なぜか小泉批判に転換w
3位の記事
鳥越編集長が異論大歓迎!と表明している記事
4位の記事
小泉首相の靖国参拝について批判する記事
5位の記事
やたら重いjpgファイルの靖国批判漫画
タイトルと漫画の内容って一致してないと思うんですけど^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)ポカーン

読んで納得できる記事がNEEEEEEEEEEEEEEEEEE!
他の記事も特に目新しい視点のものがあるわけでもなく
何かと言えば最後は小泉批判になってる不思議wwwwwwwww
最初に予想した通り、やっぱり左寄り思想の喧伝の場に
成り下がりつつあるような感じを受けた。
まだ始まったばかりだし右寄りの記事を書く人がいないのかもしれない。

一応編集部で原稿には目を通しているはずだというのに
個人批判の文章が載っているのはなぜだろう?w
首をかしげるような論理の飛躍がある記事が載っているのは
なぜだろう?
校正とか助言とかしないんだろうか^^;

なーんか、「市民○○」とつく運動に胡散臭さを感じるのと同じように
この「市民記者」の記事にも胡散臭さを感じるのだがw
Posted at 01:46 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。