--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.20

出来レースだったけど

まあ、普通に結果は予想通りだったと思う今日この頃。
なにしろマスコミも規定路線とばかりに報道してたし
誰も疑ってなかったと思うよ^^

自民新総裁に安倍氏 麻生氏2位、谷垣氏3位

 小泉純一郎総裁の後継を決める自民党総裁選は20日、国会議員による投票、党員・党友票を合わせた開票が行われ、安倍晋三官房長官(51)が麻生太郎外相(66)、谷垣禎一財務相(61)を大差で破り、第21代総裁に選出された。投票結果は安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票だった。
 安倍氏は26日召集の臨時国会の衆参両院本会議で第90代首相に指名され、戦後最年少、初の戦後生まれの首相が誕生する。総裁任期は平成21年9月までの3年間。来年夏には、自民、公明両党の与党過半数維持をかけた参院選に臨む。
 安倍氏は公明党新代表に内定している太田昭宏氏と25日に会談し、自公連立継続と基本政策で合意書を交わす。幹事長ら党三役を決定し、26日の首相指名選挙で選出された後、同日中に安倍内閣を発足させる。
 総裁選は党所属議員の403票と、約106万人の党員・党友の投票を300票に換算した計703票で争われた。議員票は安倍氏267票、麻生氏69票、谷垣氏66票(無効1票)、党員・党友票は安倍氏197票、麻生氏67票、谷垣氏36票だった。



まあ、ねらー的にはローゼン閣下(麻生氏)を!って感じだったが
普通に当たり前に安倍氏が総裁選に勝利しましたね^^^^^^^
テレビでは谷垣氏が意外と議員得票でがんばったとか言ってたけど
ローゼン閣下のほうが得票が上でちょっと嬉しかったりw

今回は毛並みのいい議員同士の総裁選で
iza!のコラムで『「お坊ちゃん」に国託せず』なんて
ちょっと斜め上の叩かれ方をしてたけど
成り上がり的な政権がぶっ壊した後を
お坊ちゃんが地ならししていくんだとしたら
ちょっと先が楽しみかな、と思ったり。

改革のあとをどう進めていくのか
まあ、あの党に過大な期待をしたところで
裏切られるのはいつものことなので
生温く見守っていくしかないかな、と。

少なくとも土下座外交はしないんじゃないかと
それだけは期待してるのでよろしくですよ(´∀`*)
スポンサーサイト
Posted at 15:44 | ニュース | COM(0) | TB(2) |
2006.09.20

いくらなんでもそれは・・・・

韓国にも皇室を「親王ご誕生」沸く日本にあやかりたい
復活に賛成は半数以上、若い世代はドラマで火!?

 悠仁さまのご誕生にわく日本列島。実はお隣、韓国でも自国の皇室を再建したいという機運が高まっている。先月、同国の調査機関が行った調査では過半数が皇室復活に賛成。かつて自国の旧皇族を「日本の手先」として冷遇した韓国で、何が起こっているのか?

 「大韓帝国皇室の復元に賛成54.4%」

 韓国の全国紙「京郷新聞」電子版に衝撃的な数字が躍ったのは先月15日。同紙によると、SBSラジオ「ニュースエンジョイ」が世論調査専門機関「リアルメートル」に依頼して先月2日、全国の19歳以上の男女460人を対象に電話で調査。自国の皇室復活に「賛成」が回答者の54.4%を占め、「反対」は、同30.5%に留まった。

 年齢別で最も賛成の割合が多かったのは50代以上で62.8%。次いで20代が56.8%だった。同紙は「韓国社会の核家族化が進んで伝統などが希薄になったことへの反動」と分析している。

 産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長は「ここ1、2年、ドラマや小説で旧王族を扱ったり、子孫が芸能界デビューしたり、大衆的な話題になっている。現実的に共和制から立憲君主制への移行を望むわけではなく、失われたものに対する郷愁のような気持ちが背景にあるのでは」とみる。

 1910年の日韓併合条約で消滅した大韓帝国は、李王家として日本の皇族に準ずる形で組み入れられ、最後の皇太子が日本の皇族の王女と結婚。日本で生まれた息子の李玖(イ・ク)氏も世継ぎと認められた。

 だが、終戦後の旧王族は「『日本の手先はわれわれの代表ではない』と韓国民に拒絶された。帰国後もまったく国家から面倒を見てもらえず、米国に移民したり、一私人として隠れて暮らした」(黒田支局長)。

 当主の李玖氏は昨年7月、東京都内のホテルで心臓まひを起こし波乱の生涯を孤独な死で終えた。現在は李玖氏の親族の40代会社員が養子に入り、家督を継いでいる。

 戦後60年を経た韓国社会の意識の変化には、日本の皇室報道も一役買っていると黒田支局長は指摘する。「日本の女帝問題は男系社会の韓国でも大きな関心を呼んだ。韓国では日本や英国の王室にちょっぴりあこがれもある。それに親王誕生で国民みんなが喜ぶような団結がうらやましい」。

 京郷新聞は特に20代に皇室賛成派が多い理由として、「最近終了したドラマ『宮(クン)』で皇室に対して若い世代たちがファンタジーなイメージを持つようになった」と指摘している。「宮」は人気漫画を原作とした「もし韓国が立憲君主国で王室が存続していたら」という設定の現代ドラマ。皇太子と庶民の女子高生の結婚から始まる王室ロマンスで、最高視聴率30%に迫り、今年3月に終了した。

 日本でもスカパー!の「Mnet」(Ch792)などで7月から放送中だが、同マーケティング部は「英国や日本のように王室があったら-という設定が韓国では斬新で受けた。日本でも反響が大きく、10月から再放送する」と話す。

 黒田支局長は「日本の親王ご誕生は今回、韓国でも好意的に受け止められた。李王家の子孫たちへの関心を、さらに高めるきっかけになるのでは」と話している。

ZAKZAK 2006/09/19



えーと。
どこから突っ込めばいいんでしょうか(;・∀・)

まず『皇室を』は、突っ込んでもいいところだと思うんですがw
あの国、王族はいたけど皇帝はいなかったんじゃないっけ?w
せめて『王家』にしてくださいよw
日本がうらやましいのはとってもよくわかるけどヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

それに自分たちの手で王家はいらないと冷遇してきて
何を今更って気がするんですけどw
つか、すでに途絶えてるのと変わらない気がするんですが。
この記事読んだだけでも、ずいぶんな扱いをされてて
最後の皇太子には直系の子孫はいなかったみたいだし。

自称皇帝・・・・( ´,_ゝ`)プッ
Posted at 01:28 | アジア | COM(0) | TB(0) |
2006.09.20

政治家稼業

最近は政治家もブログをつけてるらしいw
そういえば以前引用したことがあったような記憶がある今日この頃。

「竹中ふざけるんじゃねえ」 河野太郎ブログ炎上

河野太郎衆議院議員のブログ(メルマガのブログ版)が「炎上」している。発端となったのは2006年9月15日の「ふざけるんじゃねえ」と題された日記。このなかで河野氏は、竹中平蔵参議院議員の任期中の辞職を痛烈に批判した。激しい批判に、ブログには河野氏を批判するコメントが殺到している。

問題になっているのは、「ふざけるんじゃねえ」と題された日記。小泉純一郎首相の任期満了による退陣にあわせて任期中で議員の職を辞する考えを表明した竹中氏を河野氏は痛烈に批判している。
「河野さん、下品すぎ」といった批判殺到

「ふざけるんじゃねえ!!小泉政権が終わるから議員を辞めますーっ?なにをぬかしやがる。(中略)六年の任期であることをわかっていて立候補したわけだから、その任期を勤め上げるのは義務だ。総理が任命する行政府の大臣と国民が選ぶ立法府の議員を混同してはいけない。小泉総理にも、議員を辞めます、はいどうぞ、などという権利はない。有権者をなめんじゃねえ。」

竹中氏は2004年の参院選で当選。3年10ヶ月の任期を残しての辞職となる。河野氏は「竹中平蔵参議院議員のバッジは小泉総理がつけたものではない。有権者からいただいたものだ」として、小泉首相の退陣にともなう辞職に異を唱えている。

河野氏のこうした発言後、同ブログにはコメントが殺到。その数は06年9月19日夕方時点で160を超える勢いだ。多くのコメントは次のようなものだ。

「河野さん、下品すぎ・・・・」「あなたのメルマガには時々いいことが書いてあるのに、今回の竹中さんへの怒りをそのままぶつけるような書き方には失望し、もう読むのはやめようかと思いました」「貴方は、ひとの事を言う前に政治家以前に人としての品位を疑います。もう一度ご自身を見つめ直してください」「言葉が汚く、不愉快です。失望しました」

「議員の身分についての議論が深まればいいと思っています」

河野氏を批判するものが大半だが、少ない印象は受けるものの河野氏を擁護するコメントも存在している。

「ふざけんじゃない!。よくぞ河野議員は言ってくれました」「竹中氏への怒りが余り出て来ない有権者にも大きな問題があると、今回、改めて感じました」

と、竹中氏への批判に同感といったコメントもある。

ブログにコメントが多数寄せられているなかで河野氏は動じてはない模様で、J-CASTニュースの取材に対し次のように答えた。

「議員の身分についての議論が深まればいいと思っています」

北海道のニュースサイトBNNが06年9月18日から実施している竹中氏の議員辞職についてアンケートでは、「あまりにも無責任」が35.1%、「功績は大きい。辞任は残念」が28.6%、「そもそも立候補すべきでなかった」が23.4%という結果が出ている(2006年9月19日夕方現在)。



炎上って程の米数じゃないけど
まあ、いつもよりはコメントが多いんだろうね、うん。

彼なりの計算しての文章だったんだろうけど
話題に飛びつくのがねらーだったことを考えると
そりゃ批判されるだろうなwww
何しろ父親ともども批判対象だもの、この人w

竹中大臣の議員辞職についてはアレコレ言われてるけど
元々大臣職が先で、自民が『議員バッジつけろ』っつーんで
立候補したって言ういきさつがあるわけだから
2世議員の彼のように議員バッジに思い入れはなかったんだろうな。
元々は政治家気質の人じゃなさそうだしね、竹中さん。
だから別にこのニュースを聞いても、あっそう、としか思わなかった。
だって比例で当選したんでしょ?
繰上げ当選は神取忍で、別に自民の議席が減るわけじゃないんでしょ?

議員の席は有権者の意思表示、重みのあるものだと自覚してるのなら
辞める議員の批難よりもやることがあるんじゃないのかと
アテクシなんかは思うけどね。

まずは中国様に媚びるのを辞めてください!
Posted at 01:09 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。