--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.23

つくづく自分勝手な人

告発されて裁かれてください、と思う今日この頃。

子猫殺し告白:坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府
 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)=フランス領タヒチ在住=が、日本経済新聞に寄稿したエッセーで告白した「子猫殺し」。その内容をめぐって余波が続いている。タヒチを管轄するポリネシア政府は、坂東さんの行為を動物虐待にあたると、裁判所に告発する構えを見せている。20日から26日は、動物愛護週間。坂東さんが、真意を語りたいと毎日新聞に寄稿した。 

 ◇坂東眞砂子さん寄稿…子猫を殺す時、自分も殺している

 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。

 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。

 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。

 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。

 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。

 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。

 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。

 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。

 ◇解説…動物の生と死、多角的議論を

 坂東さんは「子猫殺し」を発表することで、愛猫に抱く葛藤(かっとう)を伝えるとともに、過剰なペット依存社会に一石を投じ、動物の生と死について再考を促そうとした。しかし現状では、多角的で本質に迫る議論には発展していない。

 「雌猫3匹が産む猫を、がけから放り投げている」。この強い表現は、猫への愛情と罪悪感が希薄な印象で、読む側の不快感につながった。言葉を扱うプロだからこそ、意図を正確に届ける工夫がもっとほしかった。

 また、猫への避妊手術は、坂東さんの挙げる野良猫対策とは異なる側面もある。野良猫の7割以上がウイルスを持っているといわれる猫エイズの予防だ。治療法は確立されていないが、体液の接触感染が主な原因で、不妊・去勢手術を施してけんかや交尾の機会を減らせば防ぎやすくなる。

 現代社会の猫や犬は、単なるペットではなく、人生の伴りょとして扱われる。坂東さんに賛同する人は少ないだろう。ただ、私たちが「動物にとっての本当の幸せ」を知るすべはない。動物の飼育を「自分勝手な傲慢(ごうまん)」と考えている人はどれだけいるだろうか、人間に向かうべき愛情が動物に偏って注がれていないか……。坂東さん、そして社会が抱える病理を多数派の意見で押し込めてはならない。【鳴海崇】

 ◇子猫殺し 坂東さんが日経新聞8月18日夕刊でエッセー「子猫殺し」を掲載。飼っている雌猫に避妊手術をせず、子猫が生まれるとがけ下に投げていることを明らかにした。日経にはメールと電話で延べ1497件(今月19日現在)の意見が寄せられた。「残酷で不快」「動物愛護の精神に反する」「生命を軽視している」「避妊手術と、子猫を殺すことを同列に論じるのはおかしい」など、大多数が批判。少数だが「納得できた」「これからも生と死について書き続けて」との賛意もあった。

毎日新聞 2006年9月22日 15時00分 (最終更新時間 9月22日 15時41分)



またこの人、何か言ってます。
陰のうと子宮は新たな命を生み出す源だ
ですか。

子猫をどんな理由があろうと殺したら、虐待なんだから
どこに誤解があるもんか。
人殺しに一部の理があろうとも、人殺しには違いない。
ネコ殺しだって同じこと。
何が言論弾圧だ、やってることに言い訳するな。

批難されるのは覚悟の上と、件のエッセーには書いていたが
いざ告発されそうになったらいい訳とはこれいかに?

所詮は思春期脳だったってことだとしか、思えない。
スポンサーサイト
Posted at 16:50 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2006.09.23

ひろゆき失踪・・・・?

また何かやったのかと思ったら失踪ですか?とビックリな今日この頃。

mixi上場の一方で…2ちゃんねる閉鎖の運命か

インターネットの巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」の管理運営者「ひろゆき」こと、西村博之氏(29)が失踪状態にあることが22日までにわかった。同掲示板は西村氏個人が管理している。当局が不適切な書き込みの削除や投稿者の情報を求めようにも行方知れずで放置され、裁判所からの呼び出しにも応じていない。ネット社会の象徴的な存在でもある「2ちゃんねる」は、最悪の場合、「掲示板閉鎖」という事態まであり得る情勢だ。

■訴訟敗北で債務2000万円抱え、管理人「ひろゆき」が失踪

 「西村氏は8月中旬から携帯電話に出ないし、メールを出しても返事がない。債権者が破産申し立てする動きもある」

 かつて2ちゃんねるの運営にも携わった、ITジャーナリストの井上トシユキ氏は明かす。
 西村氏が平成10年に開設した2ちゃんねるは、利用人口1000万人と人気を集める一方で、匿名という性格上、名誉棄損やプライバシー侵害、著作権を侵す書き込みなども散見される。削除依頼しても放置されて訴訟にまで発展する場合、相手は西村氏個人となる。

 「西村氏の自宅とされる住所に人が住んでいる気配はなく、裁判所にも出頭してこない。仮処分が出ても何もしてくれないし、まるで独り相撲」

 東京都の男性会社員(35)は怒りをあらわにする。男性は数年前から掲示板で本人や家族の実名、住所を暴露され、誹謗(ひぼう)中傷を受けてきた。今年8月、書き込みを行った発信者の情報開示を求める申し立てを東京地裁に行ったが、管理者の西村氏が裁判所に現れることはなかった。
 今月、開示を命じる仮処分が出たが、西村氏の対応はないまま。西村氏には間接強制で1日5万円ずつ、制裁金も加算されている。

■風呂なし2万8000円の部屋…ブログは更新中

 こうした“独り相撲”の原因は呼出状、仮処分命令書などが受取人不在で届かないため。西村氏の登記上の住所は東京都新宿区新宿のマンションだが、「引っ越したと聞いた」(関係者)。郵送物は同区西新宿の古アパートの一室に転送されるよう手続きされている。

 風呂なし、トイレ共有で家賃は「2万8000円」(住人)という部屋に「人の出入りは全然見たことがない。たまった郵便物が減っているので、たまに来ているのかも」(同)という状態だ。ある原告の弁護士も「訴状すら見ていない」と不満を口にする。
 「訴訟で負け続け、損害賠償の不払いが膨らみすぎて逃げた」とみる関係者もいる。西村氏が抱える債務は、化粧品会社「ディーエイチシー(DHC)」の700万円をはじめ総額2000万円以上ともいわれるが、これまで西村氏は事実上、判決を無視。週刊誌で「払える余力があっても払わない。相手からすれば債権だけど、こちらにとっては義務じゃない」と持論を展開し、ビタ一文払っていない。
 こうした場合、資産の差し押さえなどの措置がとられるが、DHCの担当弁護士は「回収できたのは一部だけ。被告が西村氏個人なので、個人口座や不動産などの特定は難しい」と困惑する。

 音信不通の影響はこれに留まらない。著しい誹謗中傷、自殺や犯行の予告などの書き込みは、警察の求めに応じてプロバイダーが発信者の記録を開示する義務があるが、「このところ西村氏と連絡が取れず、迅速な対応が取りにくい」(警視庁関係者)。この関係者は「野放し状態となれば、どこかが法的な規制に動くのでは」と、掲示板閉鎖まで示唆する。
 雲隠れ状態の西村氏だが、自身のブログはこまめに更新しており、健在ではあるようだ。
 ある原告は「2ちゃんねるは建前上、個人運営だが、掲示板に貼られる広告料などは西村氏の会社に入っている。2ちゃんねるでもうけながら、管理者として社会的な責任を果たさないのは許せない」と疑問を呈する。

 井上氏は「西村氏は『裁判に勝とうが負けようが個人の責任』と答えるだろう」と推測したうえで、次のように話す。
 「2ちゃんねるはかつてニュースの発信地だったが、今は悪ふざけの温床でしかない。西村氏自身、前から『いつやめてもいい』と話しており、すでに手に余している気がする。半匿名のコミュニティーサイト『ミクシィ』のユーザーが拡大したし、もう役割を果たしたのではないか」

<ZAKZAK>



mixiと2ちゃんを比べること自体間違ってると思うんだがwwwww

意外とmixiでは本音をかけない人も多いみたいですよ^^^^^^
マイミク同士の人間関係で悩む人まででてきてる。
もともとの知り合いと、ネットで知り合った人だと
付き合い方もメインの話題も違うし
知り合う場が違えば話が合わなかったりとかもあるし
ある意味すごく気を使う面もある。
アテクシはmixiは閉鎖的な使い方をしてます。

mixiはなくなっても困らないけど、2ちゃんはなくなると
情報収集が面倒になるから困るなぁwwwwww

ちなみに本人は北海道のゲームショーにお出かけ中らしいですね^^
Posted at 16:40 | ニュース | COM(2) | TB(0) |
2006.09.23

女系は絶対反対だよ

このおじいちゃん、前に第2国歌を作ろう!とか
のたまってた人だったよね、と思う今日この頃。

「94歳私の証・あるがまま行く」
皇室典範の改正を急げ
日野原重明

 秋篠宮妃紀子さまのご出産は、昨今の暗い事件に心を痛める国民にとって、久しぶりに明るいニュースでした。日本は今なお皇室の行事を大切にする国家なのだということがしみじみ感じられました。

 紀子さまのご懐妊第一報は今年2月でした。政府が女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案を国会に提出する直前のことでした。小泉首相は、将来は女系の天皇を認めないと皇位継承が難しくなるという認識を持ちながらも、早々にこの改正案提出見送りを示唆しました。

 このことは、皇室典範改正の実現を期待した国民には衝撃を与えました。

 今回、秋篠宮ご夫妻に男子が誕生したことで、小泉首相はあらためて改正案提出を当面見送る考えを示しました。報道によると、次期首相が確実な安倍官房長官も改正には慎重な姿勢のようです。

 世界の文化国家の歴史を見ると、女性に対する差別はかなりな速度で改善されつつあります。日本は欧米に比べて、文化や教育のレベルは同水準と自任しているにもかかわらず、男女差別は明白に存続しているようです。

 日本では、女性が男性同様に社会進出することに抵抗感を抱く風潮はいまだに根強く残っているのが現実です。女性のもつ英知、判断力、実行力が正しく評価される日はなかなかやってきません。

 女性は次の時代の子どもを産むという大切な使命を担っていますが、それを仕事と両立させることは日本の社会ではまだまだ難しいのです。

 今ここで、皇室典範改正を断念するのは、非常に残念だと思います。皇位継承の順位決定における性差別を徹底的に排除することは、男女差別廃止の立ち遅れた日本において、どんなにか重要な意味をもつことでしょう。

 ここで皇室典範を大改正することは、民主主義を官と民の両方において実現させるのを助けるはずです。この件が日本の近代化に必要であると、日本国民の総意として表明することが急務だと信じます。

 過去の法律に縛り付けられているために、社会改革が遅れている日本に、光と希望を投じる良き機会が、皇室典範の思い切った改正によりもたらされることを、日本国民はもっと広く理解してほしいと思います。「善は急げ!」です。



性差別撤廃の観点から女系を進めようとする人は
伝統とか文化とかを大事にしない人だと思うのだ。
古いものをどんどん切り捨て新しくしていく。
悪いことではないのだが
何もかも新しくする必要などないと思うのだ。

皇室だの王室だのは確かに時代にそぐわないのかもしれない。
しかし、なくしてしまえば復活は難しい。
例えばフランス。
共和制になり王室はなくなったけれど
それでも王政復古を成し遂げようと動いている勢力もある。
しかし復活はいまだ果たされていない。
韓国では日本の傀儡王室なんていらないと
自らの過去の王家を冷遇していたものの
最近のドラマの影響に日本の親王誕生をきっかけに
「韓国にも皇室を!(突っ込みどころ満載だが)」と言う熱が
高まってきているらしい。

日本には日本のやり方があり伝統文化を築いてきた。
皇室はその際たるもので
日本の歴史そのものといってもいいかもしれない。
男系男子の一系統でつながる天皇家の歴史。
もはや付加価値は「天皇の地位」だけではなく
「長く続く皇統」にもあるといえる。
約1500年の単一王朝は他の国にはないのだ。

何度も言うが、古いものを壊すのは簡単だが
長く続けることは難しいのだ。
Posted at 14:43 | 皇室 | COM(0) | TB(0) |
2006.09.23

教師がコレじゃなぁ

いろんな意味で地方都市に住んでてよかった、と思う今日この頃。

「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決

 東京都教育委員会が卒業式などの行事で、教職員に国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めているのは、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとして、教職員ら401人が、起立と斉唱の義務がないことの確認のほか、慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法」として原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。
 都教委は平成15年10月、学校の式典での国旗掲揚や国歌斉唱時の起立などを求めた通達を出しており、これまでに通達違反として延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。判決は通達違反を理由にした処分も禁じており、都教委の対応に影響を与えそうだ。
 訴訟では(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか(2)都教委の通達は違法か(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか-が主な争点となった。
 難波裁判長は「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と述べた上で、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきで、起立や斉唱の義務はないと判断した。
 通達については、「合理的な基準を逸脱している」とし、「教職員が起立や斉唱を拒否しても、式典の進行や、国旗と国歌に対する正しい認識を生徒に教えることを阻害するものではない」と述べた。
 難波裁判長はこうした判断の上で、「原告の教職員は義務がないのに起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」として、都に慰謝料の支払いを命じた。
 都の中村正彦教育長は判決を受け「主張が認められなかったことは大変遺憾。判決内容を確認して今後の対応を検討する」とのコメントを発表した。

                 ◇
 小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。



当たり前のことができない人がいるから法規制され
束縛されていくという本末転倒を、なぜわからないのか
本当にさっぱり理解が出来ません><

つくづく東京に住んでなくてよかった。
うちの息子の通う幼稚園でこの間運動会があったけど
フツーに国旗掲揚がありましたよ^^^^^^^^
入園式、卒園式では君が代斉唱も当然あります^^^^^^^^^
アテクシが子供の頃も、変な教師に出会わなかったおかげなのか
地域性の問題なのか
フツーに何の疑問もなしに
国歌の意味を習い、式典では歌うのが当たり前でしたわ。

何で自国の国旗や国歌に『学校の先生』が
「国歌を起立して歌うことが精神的に苦痛だからやらない!」
と主張するのか・・・・なんつーか、自己中?と思う。

子供にそんな姿を見せて、恥ずかしいと思わないのかよ!
やりたくないからやらないってことでしょ?
たかが年2回程度の式典でガマンすることも出来ない大人が
子供に何を教えるっつーんだよ。
それに「自国の国旗や国歌」に対してそういう認識の教師が
「国旗や国歌」に対して正しい知識を教えられるんだろうか?
自分の思想信条を子供に植え付けないでほしい。
もう本当に心から思うわ。
あんたがアカでも地球市民でも何でもいいけど
『子供』にそんな思想を刷り込まないで!
と、子供の親であるアテクシは思うのです。

そういう思想的なことは、知識を蓄えて自分で判断してほしい。
学校で教えることじゃない。

よその国ではそんな法律も義務もないとよく言われるけど
例えばオリンピックなんかの表彰式の場での
外国選手の様子なんかを見てると
法律なんかで縛らなくてもちゃんと根付いてるから必要ないのね
と思うよ。
里谷が金メダル取った時、表彰台の一番上にいながら
帽子をかぶったままで大はしゃぎしてる姿は
日本の恥だと思った・・・・両隣の選手はきちんとしていたのに、と。

何が基本的人権の軽視だよ
思想信条の自由だよ
運動にかまけて子供のことなんて何も考えてない教師なんて
必要ないと思います。
Posted at 09:16 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。