--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.18

( ゚д゚)ポカーン

アテクシが受験した頃は
「天声人語が受験に出るから朝日新聞嫁」
と言われていたものだけど・・・・。

【天声人語】2006年10月18日(水曜日)付

 ここはどこだろう。まっくらだ。ワタシがだれなのかもわからない。まわりには、ワタシのようなものはいないようだ。これから、どうなるのだろうか。

 てがかりは、とおいかすかなきおくにしかない。いつかどこかで、ふたつのものがあわさってワタシというものがはじまったようなのだ。まだみてはいないが、このそとには、せかいというひろいところがあるらしい。そこには、オトコといういきものとオンナといういきものがいて、それがであってあたらしいいのちができる、ときいたきおくがある。

 ワタシは、ひにひにおおきくなってきた。せまいこのばしょではきゅうくつだ。そろそろ、せかいのほうにうつるころなのだろうか。

 「カッパ」といういきもののせかいでは、そとへのでぐちで、きかれるそうだ。アクタガワリュウノスケさんによると、チチオヤが、ハハオヤのおなかにむかっていう。「おまえは、このせかいへうまれてくるかどうか、よくかんがえたうえでへんじをしろ」。「いやだ」といえば、でなくてもいいらしい。

 あれあれっ、そとへおしだされそうだ。すごいあつりょくだ。だれも、でたいかどうかきいてくれない。きかれても、なんといえばいいのかわからないが、きかれないのもちょっとさびしい。

 ついに、そとへでた。ひかりがまぶしい。あたらしいせかいのはじまりだ。からだに、ちからがわいてくるようなきがした。ワタシをあのくらいところではぐくんでくれたオンナのひとが、ワタシのハハオヤのハハオヤだとは、まだしらなかった。



うちは読売なのでネットで読むしかないのだが
よっぽどのネタじゃない限り読みたいとも思わないアカヒ。
ここんとこ皇室ネタばっかりだったんでチェキしてなかったが
これまた久々に電波受信wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

察するに先日の娘の代理に出産した母親のケースの発表について
何か言ってやりたいのだろう。
そして生まれた子の立場という視点で書いたつもりなんだろう。
「つもり」になったのはわかる。
で?だから?
としか思えない文章だわ。

これがアカヒの紙面にも載ったということに
衝撃を覚えたアテクシ。
とうとうここまで落ちたか、アカヒは(ノ_-;)ハア…
なりきり作文も結構ですが
まずひらがな(一部カタカナ交じり)だけの文章は
大人には非常に読みにくく、文意が読み取りにくいので
やめてくれませんか?
とはいえこのなりきり作文を漢字交じりにしたところで
筆者が一体何を感じ、何を訴えたいのかが
さっぱりわからない。
自己満足のなりきり作文を
読まされる読者の身になって、今後は文章を構成してください。
お願いしますよ、アカヒさん。
スポンサーサイト
Posted at 17:08 | 日記 | COM(2) | TB(0) |
2006.10.17

旧皇族復帰がベター

なるべく、えげつないストレートな表現は避けるようにしてるけど
取りようによっては悪口に見えるのかしら?と思う今日この頃。
某所で鍛えられてますので、多少のいちゃもんは気にもしませんけど。

旧皇族の復帰など念頭 挙党「男系」議連が発足

 男系による伝統的かつ安定的な皇位継承を目指す超党派の議員連盟「皇室の伝統を守る国会議員の会」が17日、発足した。会長には自民党の島村宜伸元農水相が就任。旧皇族の皇籍復帰などを念頭に皇室典範改正案の策定などを目指す方針。
 議連の呼びかけ人は、無所属の平沼赳夫元経済産業相、民主党の渡部恒三前国対委員長、国民新党の綿貫民輔代表ら34人、メンバーには青木幹雄参院議員会長ら201人が名を連ねた。
 国会内で開かれた設立総会には約60人が出席。皇室への敬愛をはぐくむ学校教育の充実や、不備の多い皇室経済法の改正を求める運動方針を採択した。
 島村氏は「万世一系の天皇がどういう形で守られるか英知を結集し、天皇制の維持、将来の展望を開くことがわれわれの責務だ」と述べた。
 皇室典範改正をめぐっては、安倍晋三首相が9月の就任会見で「国民に納得されるものでなくてはならない。慎重に議論を重ねる必要がある」と述べ、女系天皇を容認した皇室典範有識者会議の報告書にとらわれない考えを示している。



前回の有識者会議の結論がアレだったが
安倍首相は以前から「女系天皇容認」には反対だったと聞いていたので
期待していた通りに男系維持の超党派議員連盟ができたそうですね。
正直ほっとしてますよ、これからは王朝交代の意味を持つ
「女系天皇」という選択肢が遠のいてくれそうだから。

何度も書いているけれど、付加価値としての「万世一系」を
今捨てる必要はないと思うのですよ。
どうしても「愛子天皇」を望みたい人がいるようで
最近は秋篠宮家に親王殿下が生まれ、皇位継承第3位となってからは
「直系長子」という、もっと継続的継承が困難な方向で
議論を進めようと推し進めたがる勢力が
メディアを使って出てきているようですが
ちょっと待て、と言いたいのです。
皇位継承とは言うし確かに財産を相続するのと似たようなものだけれど
一般の相続と同じ感覚で語る事柄ではないと言うのは
フツーに日本史を勉強したことがあれば(いや、中学の歴史でもいい)
わかりそうなものだ。
なにしろ過去には様々な困難があり
外戚の影響で継ぐべきと思われた皇子が廃されたり
無理やり即位させられたこともあれば
嫡子がなく、宮家から男系男子を継承者にしたこともあったのは
普通に当たり前に勉強しているはず。
そしてその危機を乗り越えて今に続く天皇家というのは
まさに日本の歴史そのものだと思うのです。

変えてしまうのは簡単だけれど
長く続けることは非常に難しいことなんです。

せっかく今までも「血のスペア」として
宮家・旧皇族が血統を継いでいるのですから
これを今活用しなくてどうするんでしょう?

天皇は国民の象徴であるけれど
「天皇家のルール」で今までも長いこと継承してきたわけだから
根本のルールを変えてしまうことなく
うまく維持していけるように考えるのが
政治家の仕事だと思います。
現在ではまだ、男系維持でこれからも続けていくことは可能です。
そのお手伝いとして旧皇族の復帰はアリだと思います。
継承順位は現在の宮家よりも低いわけですから
庶民と同じ立場で暮らしていた旧皇族の現時点での当主や
その息子が即天皇になるわけではないですしね。

皇室経済法も改正に向けて動くようですね。
現在のままではちょっと宮家は苦しい台所事情ですし
もともと内邸費などは皇族としての品位を保つための費用なのですから
もう少し援助差し上げてもよろしいかと思います。
皇室のための費用は、国民一人当たり200円程度だそうですし
政府の予算編成でもたいした割合ではなさそうです。
他に削れるところ、削ってほしいところはたくさんありますから
海外にも誇れる日本の歴史と伝統の象徴を
ぜひ守ってあげてほしいものです。

ところで雅子さんはまた地方公務をご欠席のようで。
女性誌などでは「断念された」と書かれていますが
行く気などなかったであろうと推測されるので
日本語の使い方としてどうでしょう、と思うわけですよ。
オランダ11時間フライト旅行は平気で
お仕事移動2~3時間はできない不思議なお体をお持ちで
しかもそれが許されてしまう立場というのもうらやましい限りですわw
園遊会はどうなさるんでしょうね。
紀子妃はご出席じゃないかとささやかれてるけれど
ご出産なさったばかりの紀子妃こそ、お休みなさった方が
と思うわけですが。
アテクシも帝切出産したことがあるのですが
立ちっぱなしはキツイです。
ご無理なさらないでほしいと、アテクシは思うのですよ・・・・。
Posted at 21:24 | 皇室 | COM(0) | TB(0) |
2006.10.09

運動会って楽しいわよね

まあ、下手に隠すから詮索されるってことを
いい加減あのご夫妻も周囲も気付いた方がいいと思う今日この頃。

愛子さま、初めての運動会 皇太子ご夫妻、ビデオ手に歓声

 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが通う学習院幼稚園(東京都豊島区)で8日、運動会が開かれた。愛子さまにとって初めての運動会。皇太子さまはビデオカメラを回しながら声援を送り、元気な姿に目を細められた。
 「おおたまころがし」では、愛子さまの押していた直径約1メートルの大玉が勢い余ってコースを飛び出し、ちょうどご夫妻の座っていた席に“衝突”するハプニングも。
 ご夫妻は一般の保護者に交じって子ども用ベンチに腰掛けられ、終始はじけるような笑顔。雅子さまも鉢巻き姿で競技に参加されるなど、秋晴れの中、子どもたちの歓声に包まれてすっかりリラックスしたご様子だった。



ぱっとニュースを見た時点では
「まあ、愛子ちゃんも楽しそうでよかったわぁ」
と思えるワンシーン。

でも繰り返し見ればやっぱり・・・・と思える部分も見られた運動会。

今回取材が許可されたのは、この「おおたまころがし」だけだそうです。
で。
敬宮様は男の子と一緒におおたまころがしをされていましたが
上の記事で紹介されてる「ハプニング」という感じではなく
敬宮様がひたすらまっすぐ押し続けたので観客席に衝突したのが
動画を繰り返し見て正しいと思いましたわ。
一緒に押してる男の子は減速を試みてるんだけど
なにしろ敬宮様が押し続けるもんだから止まらなかった、と。
つか、あの場所に東宮ご夫妻が座ってると言う時点で
すでに予測されていた事態なんじゃないかと思うわけですよ。
だって他のお子様が転がしたおおたまが東宮ご夫妻にぶつかったら
それはそれは気まずいと思うわけですよ。
でも学習院に通うようなお子様たちですから
当然他の子がぶつかってしまうことはないのでしょう。
また、今日のワイドショーでは
9番目におおたまころがしに走る予定の敬宮様の順番で
先生が手をつないで誘導、背中を押している場面もあった。
つまり、前の子のやり方を見て要領を飲み込むとか
自分の順番を理解して参加するとか、そういうのはちょっと
・・・・なかったのかもしれない、ということかな。

何も障害認定したいとか決め付けたいとか、そういう気はさらさらない。
でもここ最近の露出での様子を伺う限り
何かあるのでは?と思われるようなものばかりなのに
大本営発表は「他のお子様よりもご優秀」であられるそうなので
ついついマジマジと見てしまうのだ。
発表通りご優秀であられるのであれば
もっと簡単なご挨拶なりお辞儀なりを見られるはずなのだけどね。
せめて「お察しください」路線で通してくれれば
こちらも「以前より楽しそう」とか
「(多少遅いながらも)がんばっていらっしゃる」
と、温かく見られると言うものだよ。
「自閉症とは不本意」と発表するほどだから
今更カミングアウトだとか実は・・・・とかはないんだろうけどね。

さて、今回の報道では東宮夫妻は一般席にお座りだったようですね。
皇族が運動会に参加される時には、貴賓席が設けられるようで
当然、警備やら何やらを考えればそちらにお座りになられた方が
他の保護者にもいらぬ気を使わせたり
SPが周囲を固めることになり結局迷惑がかかるような
そんな懸念もなくて済むわけです。
なにしろ皇族は公人ですからね。
皇太子が「普通に」を主張したとしても
やっぱり「普通」というわけにはいかないのです。
今回の運動会では、多分敬宮様のフォローも兼ねて
一般席に、と言うことになったのでしょうけれど
そうでないのであれば、ちょっと自分の立場と言うものを
全く考えていないとしか思えないのですよ。

2月にTDLに行啓された際のこと。
「普通と同じように楽しみたい」と仰られていたようですが
当然だが警備の関係もあったのでしょうが
一部貸切状態でお楽しみだったそうですね。
東宮ご一家がご利用の際にはご丁寧に一般客は入れないように
TDLも配慮していたようです。
しかも東宮ご夫妻のみならず、妹夫妻とお子様と
さらに敬宮様のお友達(雅子ママ友?)親子も
一緒にお車で移動、貸切状態のアトラクションを楽しまれたと。
ちなみにお車での移動の際には、雅子妹の池田礼子さんが
しっかりお手振りなさっていて失笑させていただきましたわ。

今上陛下が皇太子時代、美智子様お子様と
お楽しみの場に行啓された際でも
他に並んでいる方々と一緒に並んで順番を待ったりしていたそうです。
秋篠宮様も眞子様と水族館に行かれた際には
他の客の隙間に「ここで見せてもらいなさい」と
眞子様の背中を押されたという話を聞いています。
もちろん秋篠宮家は宮家という立場なので
警備などは東宮一家とはまた規模も違うでしょうが・・・・
普通とはこういうことなのではないかと、アテクシは思うのですよ。

やんごとないお育ちだから『普通』が一般とずれてることを
きっと認識してないんだろうな・・・・と思うけれど
いずれこのままだと即位することを考えると
なんか暗雲立ち込めてるんじゃないかと、不安に思ったりするのでした。
Posted at 22:48 | 皇室 | COM(4) | TB(0) |
2006.10.09

北の核実験

とうとうやっちゃったのか、成功したなんてホントかよ?
と疑問に思う今日この頃。

北朝鮮、核実験成功と発表 朝鮮半島に重大局面

 【ソウル=久保田るり子】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日午前、「われわれの科学研究部門は、地下核実験を安全に成功裏に実施した」と発表した。聯合ニュースは、国防省当局者の話として、同日午前10時36分(日本時間同)に実施されたと報じた。韓国地質資源研究院は同日、同地域でマグニチュード(M)3・58から3・7規模の地震波を観測した。
 盧武鉉・韓国大統領はただちに安全保障閣僚対策会議を招集、情報収集と対応に入っている。国連安保理の議長声明を無視した形の核実験強行であり、朝鮮半島情勢は重大局面を迎えた。
 韓国はじめ周辺国による分析によると、地下核実験は同国北東部の咸鏡北道明川郡花台里で行われ、プルトニウム型核爆弾とみられる。放射能汚染の状態は不明だが、AP通信は放射能漏れはないと報じた。朝鮮中央通信は実験が「科学的で綿密な計算により行われた」とし、「放射能流出のような危険は全くない」と報じている。
 北朝鮮は、今月3日の「核実験宣言」にも米国が「無条件の6カ国協議復帰」の原則論を崩さず、2国間対話に応じないことから、強硬な示威行動に出たものとみられる。

(中略)

 北朝鮮の国営朝鮮中央通信の九日の地下核実験に関する報道全文は次の通り。
 全国すべての人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を創造していく活気あふれる時期に、われわれの科学研究部門は10月9日、地下核実験を安全に順調に行った。
 科学的計画と綿密な計算により進められた今回の実験では、放射能流出のような危険が全くなかったということが確認された。
 核実験は100パーセント、われわれの知恵と技術に依拠し進められたもので、強力な自衛的国防力を熱望してきたわが軍隊と人民に大きな刺激と喜びを抱かせる歴史的出来事だ。
 核実験は朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう。(平壌 共同)



とうとうやっちゃって、成功したらしいんだけど
この国は一体何をしたいのか不思議だ。
戦争したいのか?

正直、近隣でありたぶん仮想敵国認定されてる日本的には
かなり危険かもわからんね。

それにしてもキ○ガイに刃物と言うけど
キ○ガイ国家に核兵器とは、本当に危険な組み合わせだわ。
自爆してくれr(ry なんてことを思ったりするのだが
さすがにそれはないだろうしなぁ(´・ω・`)

さて、きっとサヨの人たちは
「アメリカの軍事施設があるから日本が危険」
とかまた大騒ぎなんだろうな。
アメリカがいなくても日本は敵国認定ですがね、実際のところ。
あの国に負けず劣らずのキ(ryっぷりを見せてくれるんだろうが
現実を見てもらいたいもんだ。
核となるとwktkして見守る心境にもなれないし(´・ω・`)

さてこれからどうなっていくのか。
ホント平和を引っ掻き回してくれるイヤな国だわねぇ(ノ_-;)ハア…
Posted at 16:46 | アジア | COM(0) | TB(0) |
2006.10.09

責任転嫁杉

はいはい、なんでもゲームのせいにしちゃえば楽なんでしょ
と思う今日この頃。

朝食、ゲームが原因?持久力が過去最低…今の若者

 子供の持久走の成績が20年前に比べ5~9%悪くなり過去最低レベルにあることが8日、文部科学省が実施した「体力・運動能力調査結果」で分かった。男子の17、19歳のタイムは過去最低記録を更新し、女子の16、17、19歳は過去10年間で最も低かった。順天堂大の青木純一郎名誉教授(運動生理学)は「途中から歩く子供が増えている。肉体的な体力に輪をかけて、粘り強く頑張る精神力が衰えている」と指摘している。
 
 調査は昨年5~10月に実施。6~79歳の男女約7万1500人のデータを集計し、「体育の日」に合わせて公表した。
 
 「持久走」の平均タイムは、12~17歳の男女のすべての年代で20年前より大幅に低下。男子(1500メートル)で18~24秒、女子(1000メートル)で17~27秒遅くなった。年齢別では、男女ともに16歳が最も悪化している。
 
 持久力と生活習慣との関係について「20メートルシャトルラン」(往復持久走)の結果を探ると、「朝食を毎日食べる」層の折り返し回数は、男女とも年齢を問わずに「毎日食べない」層よりも高かった。テレビやテレビゲームの1日の視聴時間が「3時間未満」の層は、「3時間以上」と比べて高かった。
 
 全般的には、男子は持久走のほかに18歳の握力が過去最低。女子は「ボール投げ」(17、19歳)、「立ち幅とび」(8、9歳)、「握力」(30~39歳)が最低となった。一方、「反復横とび」は中高年層で好結果が相次ぎ、男子の30~59歳のほぼすべてと女子の45~49歳、55~59歳で過去最高となった。



平均取るとそういう傾向が見られるのはあるかもわからん。
でも、それが絶対かと言われりゃそういうわけじゃなかったり。

恥ずかしながら我が家のリア厨にリア小は
「朝はお腹減ってない」
「もう行かなきゃ間に合わない」
と、朝も食べずにとっとと学校に行ってしまう。
学校から帰ってきて家ですることといえばゲームで決まり。
リア厨もリア小も、運動が大の得意で
二人とも陸上記録会で1000mに出場してるし
リア厨の方は駅伝の選手候補として結構がんばってた。
シャトルランも兄弟で結果を競い合って
どっちが勝ったとか大はしゃぎでございます。

というわけで、結局は個人の資質の問題も大きいのじゃないかと
アテクシなんかは思うわけで。

ゲームを長時間する層は、どうしても運動が苦手な子が多いかと。
逆は運動部とかで体を動かしてたりして
物理的にゲームの時間が少ない子も多いんじゃないかな~?
そうなると、結果が偏るのも仕方ないと思うわけですよ。
だからそこに持久力が劣る原因を求めるのはどうかと思うわ。

ただね、絶対的にいえるのは子供が体を動かして遊ぶ場所が
ほんっとうに今は少ない。
公園は小さい子がいると小学生の遊びが出来ない。
校庭も最近は開放してるところも減ってるし
開放していたとしても土日はスポ少の練習で使われてるので
遊べない環境だったりする。
じゃあ、どこで遊べば?と、道路で遊んでると
危ないからダメと言われるし(当然ですが)
ちょっと広いところで駐車場・・・・もちろんダメです。
・・・・昔と違って本当に遊ぶ場所がない。

アテクシが子供のころは、元々田舎住まいだったってのもあるけど
基本は公園だけど、遊びによっては道路を走り回って
きゃーきゃー言ってたものだ。
最近はそれをやろうとすると
危ない、うるさい、迷惑だと来る。
危ないのは当然注意されてしかるべきなのだが
うるさいとか言うのはちょっとかわいそうになってくるよ。
昼間じゃなきゃ子供は遊べないじゃまいか。

うちの近所の方々は、とても寛容で心の広い方が多いのか
「子供の声は元気の源だからもっとうるさくてもいいわよ」
なんて言ってくださったりで本当にありがたい。
が、そういうことを言ってくれる方のほうが貴重な現代では
子供が昼間に遊ぶのすら遠慮しなきゃいけなくなってしまう。
そう、元気に走り回る場所が本当にないのだ。
そりゃ持久力も劣ってくるわよ。
ゲームのせいなんかじゃない、環境のせいだと
子供を持つ身としては言いたくもなりますわ。

いろいろカテゴリ分けして調査するのは勝手だけど
20年前と今の環境の差も考慮してほしいと思うのでした。
Posted at 00:23 | 子供 | COM(0) | TB(0) |
2006.10.06

薄っぺらな女性観

出産をおめでたいことだと素直に喜べないって
なんかおかしいよな~と思う今日この頃。

あの日

 「皇室に男児誕生」の報に日本が沸いた日から今日で1カ月。新しい命の誕生に、まずは心から「おめでとう」と言いたい。でも、あの日の報道は変だった。メディアの選んだ「街の声」は祝福ばかり。テレビ画面では、サラリーマンが、若い母親が「おめでとう!」と口をそろえて笑っていた。

 ところが私の周囲はそうでもなかった。命の誕生を歓迎しつつも「男児男児って騒ぐのは変」「雅子さまの気持ちが心配」「社会が女に求める役割は今も『産む性』?」。私はといえば息子を出産した日を思い、母子のご無事を祈りつつも、なかなか妊娠できず病院に通った日々の切なさがよみがえり、「おめでとう」一色の報道に小さくため息をついた。

 女たちの多くがあの日、それぞれの立場で切実な思いを抱き、「おめでとう」という思いとのはざまで戸惑い、葛藤(かっとう)したのではないか。でもメディアが伝えた「街の声」は、薄っぺらで分かりやすい祝福の物語だけだった。私はあの日、女たちの声を一つ一つ拾いながら、いつかこのことを言葉にしよう、と思った。【小国綾子】



いつから子供の誕生を手放しで喜べない時代になったのだろう?
例え心の中でどう思っていようとも
命の誕生と言うのはおめでたいことの一つではないだろうか。
しかも天皇家という特別な、血筋が大切な家での慶事だもの
素直に喜んでいいことなんじゃないかと、アテクシなんかは思うのだ。
多少税金が使われたとしても、他の無駄遣いに比べりゃ微々たる物だし
何しろ秋篠宮家の質素さを考えれば、もう少し増やしても
とすら思ってしまうくらいだわ。

この人、子供を産んだこともないのかしらと思ったら
どうもなかなか出来ずに悩んだと文中に書いてあった。
だとしたら、自身の子供が出来た時、生まれたときの感情は
喜びじゃなかったのか?と聞いてみたい。
そして逆に周囲に、溜息をつかれたり葛藤されたりしたら・・・・
とは思わないのだろうか。

命を『作る』のは男女共同行為だが、産み出すのは女にしか出来ない。
生まれたときの喜び、安堵は男性には体験できないのだ。
アテクシはそれを、とても誇らしいことだと思うし
尊いことだと声を大にして言いたいくらいだ。
それを女性自らが卑下してる現状はどうにかならないだろうか。
女性の社会進出と称して仕事をしない女は遅れているみたいな風潮では
妊娠・出産・育児はタイムロスにしか感じられないのかもしれない。
育児にかかる労力もお金も結構なものだから
自分が仕事を通じて得る充実感や経済的充足と天秤をかければ
無駄に思えるのかもしれない。
確かに子供にお金がかかりすぎるのはイタイとアテクシも思うが
それで苦労しても代え難い経験をさせてもらえているのでは
と、育児中のアテクシなどは思うのだ。
もちろん、女だから必ず子供を産まなきゃ、とは思わないけれど
せっかくの特権(男には出来ないんだモノ、特権でしょう)を
享受しない手はないと思うのだ。

子供を授かれないことで傷つき悲しんでいる人も多いことは
アテクシだって実感はしている。
アテクシの周囲にもそういう人は多いし
社交辞令の「子供は?」「もう一人産まないの?」攻撃に
辟易する気持ちはわからなくもない。
何しろアテクシだって未だに
「もう1人どうよ?w」
「まだ若いんだからw」
と言われるし、ホント困ったものだ。
「子供を産まなくたっていいじゃない!」
と言う気持ちが出てくることまでは否定したいとは思わないけれど
その気持ちを他人の出産にかこつけてまで主張するというのが
どうしても解せないのだ。
しかも『雅子様』に自分を置き換えて言いたがる人がいることに。

紀子様の出産に、各マスコミの報道はずいぶん冷たかった。
この記事では街の声は「おめでとう」ばかりだったとあるが
実際は「雅子様が心配」とか「雅子様の気持ちは・・・・」とか
そんな声が必ずといっていいほど入っていた。
テレ朝もニュース23も、まるで「男の子が生まれちゃった」的な
ネガティブな印象を受ける報道で、非常に腹立たしく思ったものだ。
紀子様が皇族だから、弟宮の妻だからと差別してるのは誰だろう?
そんなことを考えてしまった。

アテクシだって妬ましいと思うこともあるし
恵まれた境遇で羨ましいと思う気持ちもある。
が、生まれた命にかこつけて批難するような
そんな浅ましい人間にはなりたくないと
改めて思った記事でした。
Posted at 22:14 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2006.10.05

フェデラーのお相手

ココまであからさまな嘘は初めて見たかも?と思う今日この頃。

フェデラーに1万人大歓声/テニス

 世界王者のロジャー・フェデラー(25=スイス)が、初めて日本のファンの前でプレーを披露した。予選勝者のビクトル・トロイツキ(20=セルビア)に苦戦しながらも、ストレートで白星発進した。杉山愛(31)は、伊達公子と並ぶツアー最多の7勝目に向け2回戦に進んだ。鈴木貴男は3回戦進出を決めた。

 シャラポワが出場した04年に匹敵する1万人を超える観衆が、世界王者を迎えた。センターコートに登場しただけで「オー!」という大歓声。その中を貫録を漂わせフェデラーは入場した。「本当に温かく迎えてくれた」。満面の笑みで、ファンの声援に応えた。

 試合は、両セットともにタイブレークと、予想以上の大接戦となった。「いつも初戦はタフなもの。それに相手のことをまったく知らなかった」。最後は4大大会9勝の実力を見せた。

 先週の土曜には、秋篠宮さまと皇居でテニスを楽しんだ。マネジャーで彼女のバブリネックさんと、すしにもトライし、初めての日本を楽しんでいる。「1試合ずつ勝ち進んで、できるだけ長く日本に滞在したい」。シャラポワに次ぐフェデラー・フィーバーがついに幕を開けた。

[2006年10月5日8時38分 紙面から]日刊スポーツ



試合の記事は別にいいんだ。
でも先週の土曜日の件は、フェデラー自身のブログによると
秋篠宮様ではなく、赤坂で皇太子とテニスをし
雅子と愛ちゃんとも会ったしランチもしたと書いてある。

Roger Federer

On Saturday I had an incredible experience meeting with the Crown Prince of Japan, Prince Naruhito at one of the Imperial Palaces. I had been waiting for the moment for a long time and it was something that needed to be planned well in advance because of the protocol. We went to one of his guest palaces. He had two clay courts back there. I warmed up with him and I was surprised how well he played. Then I played with another junior as he took a rest and then I asked the Prince if he'd like to play some doubles. He was excited about that and we played a set together, which was a lot of fun and we won! I must admit that the Prince hit some fantastic winners and was a great partner.

Princess Masako and their beautiful daughter Aiko were also there and spent some time with my girlfriend Mirka and my agent Tony. After tennis we had a wonderful lunch and talked for over an hour at his tennis villa. Then we went for a walk around their picture-perfect gardens - in particular I remember they have a beautiful lake and trees - and had lunch at the court. It is one of the most beautiful gardens I have ever seen and to think that it is in the centre of Tokyo is quite amazing. It was a very enjoyable moment. You don't get to play tennis with royalty every day and I will never forget this experience.



固有名詞がでているので、確実に東宮一家のことだと言えるだろう。
なぜ秋篠宮殿下になるの?

さて報知ではこういう記事。

シャラポワ級人気フェデさま~…テニスAIGジャパンオープン第3日

(前略)

 9月29日に初来日。翌30日には、テニス好きの皇太子さまに招かれ、ダブルスを1セット楽しんだ。雅子さまとも対面し、ランチまでともにする国賓級の待遇を受けた。日本のフィーバーぶりに「すごくいい雰囲気。ファンのため、いい試合を展開したい」と全力で臨むことを誓っていた。



日刊スポーツ、きちんと記事を書けよ(ノ_-;)ハア…

そして、喪中だと言うのにフェデラーに会いにでてきたわけだ。
彼のブログを見たとき、ホントに?とちょっと思ってたけど
記事になったくらいなんだから本当なんだろう。

昨日も皇太子はなにやら社会見学をされたようだし
雅子は10日忌明けのご挨拶に皇居に行く際にお手振りしてるし
週刊誌の記事によれば幼稚園の送迎も
警備が厳重な皇太子が週の半分は引き受けてるようだし
もうさ、いっそ一宮家になってくれた方が
よっぽど国民のためのような気がするよ・・・・。
夫婦揃って東宮の地位の意味をわかってないとしか思えない。
いい加減にしてほしいわ(ノ_-;)ハア…
Posted at 12:19 | 皇室 | COM(0) | TB(0) |
2006.10.01

銀行引き落としなのに

小学校も中学校も、いや、幼稚園すら
給食費なんて銀行引き落としなのになーと思う今日この頃。

給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」

 家計にゆとりがあるのに給食費を払わない保護者が増えている。あまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐ。未納分を学校側が立て替えたり、給食の質や量を下げて対応している事実は、教育界では“公然の秘密”。生活保護に上積みされた給食費を別の出費に流用する保護者もいるほどで、きちんと払っている保護者や教職員たちから非難の声が上がっている。(池田証志)
 
 「高級外車を乗り回し、携帯電話に何万円も払っているのに、給食費は払わない保護者がいる」。文部科学省にはこんな報告が相次いで寄せられている。外車に乗るような世帯だけではない。国や自治体は所得により生活保護に給食費分を上乗せして支給しているが、それでも給食費を滞納する保護者も多いという。
 
 小学校(低学年)で月3900円、中学校で月4500円の給食費(文科省発表の全国平均)。宇都宮市は9月12日、給食費を滞納している保護者38人に、支払い督促を宇都宮簡裁に申し立てた。4月には仙台市が、翌5月には北海道根室市が同様の措置を取っている。支払いに応じなければ、裁判所による差し押さえの処分が下ることになる。
 
 宇都宮市の調べでは、5月1日時点で、702人分の給食費が3カ月以上未納で滞納総額は3290万円。中学校21校中20校、小学校59校のうち40校で未納者がいた。未納者がいない学校の方が少なかった。
 
 北海道芦別市では昨年3月、支払い能力がありながら支払う意思がない「特定滞納者」に行政サービスの一部停止や住所、氏名の公表などを認める条例を可決した。
 
 佐賀県多久市では一昨年、給食費の納付を約束する保証人付きの「確約書」を全保護者に求めた(昨年度で廃止)。山梨県笛吹市でも「連絡なしに滞納した場合は給食停止」という同意書を保護者に提出させた。
 
 広島県や東京都でも悪質な未納事案が横行。学校側の再三の説得にも支払いに応じず、教員がポケットマネーで負担した例は日常茶飯事。教師や校長、PTAの役員が給食費を立て替えたものの、子供たちが卒業した後に踏み倒されてしまった例が絶えない。
 
 各自治体は、徴収員の配置やプリペイド方式の採用など“あの手この手”で踏み倒し防止に躍起だが、滞納する保護者の多くが「義務教育だから払いたくない」の一点張り。なかには「給食を出せと頼んだ覚えはない!」「給食を止められるものなら止めてみろ!」などとすごむ保護者もいるという。
 
 東京都内のある中学では、1人当たりの給食の予算は1日280円だったが、260円分に抑えざるを得なくなった。給食費の未納は、給食の質や量を低下させるという事態を招いている。
 
 学校給食法は、子供たちに給食を提供するよう自治体に「努めなければならない」と努力義務を規定。そのための設備や調理員の人件費は自治体が負担するが、食材費は保護者が負担するよう定めている。文科省学校健康教育課では「結局は保護者のモラルの問題。学校を通じて給食は自己負担であることへの理解を求めるしかない」と話している。



引き落とし日にわざわざ預金を空にして払わないのかしら^^;
それとも引き落としにすら同意してないとか?
納入口座は空で、他の口座で個人預金?
そこまでして給食費を払いたくないって不思議だわ。

アテクシの地方では、中学から弁当だったから
給食はマジでありがたいんですよ。
栄養バランスも考えられてるし、しっかり食べてもらいたいw
だから給食費滞納なんて考えられないわ~。
せっかく出してもらってると言うのに、対価を払わなきゃねぇ。

なのになんで給食費払わないとか思う親が出るのか意味がわからん。
お金に困ってるわけじゃない、ってところがミソだよね。
困ってないなら子供の給食費くらい払えよ~><
ベンツの維持費出せるなら、給食費なんてはした金じゃないか~><

子供にかかる必要最低限のお金すら支払わないなんて
親失格だと思うわ。
Posted at 11:32 | 子供 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。