--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.09

運動会って楽しいわよね

まあ、下手に隠すから詮索されるってことを
いい加減あのご夫妻も周囲も気付いた方がいいと思う今日この頃。

愛子さま、初めての運動会 皇太子ご夫妻、ビデオ手に歓声

 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが通う学習院幼稚園(東京都豊島区)で8日、運動会が開かれた。愛子さまにとって初めての運動会。皇太子さまはビデオカメラを回しながら声援を送り、元気な姿に目を細められた。
 「おおたまころがし」では、愛子さまの押していた直径約1メートルの大玉が勢い余ってコースを飛び出し、ちょうどご夫妻の座っていた席に“衝突”するハプニングも。
 ご夫妻は一般の保護者に交じって子ども用ベンチに腰掛けられ、終始はじけるような笑顔。雅子さまも鉢巻き姿で競技に参加されるなど、秋晴れの中、子どもたちの歓声に包まれてすっかりリラックスしたご様子だった。



ぱっとニュースを見た時点では
「まあ、愛子ちゃんも楽しそうでよかったわぁ」
と思えるワンシーン。

でも繰り返し見ればやっぱり・・・・と思える部分も見られた運動会。

今回取材が許可されたのは、この「おおたまころがし」だけだそうです。
で。
敬宮様は男の子と一緒におおたまころがしをされていましたが
上の記事で紹介されてる「ハプニング」という感じではなく
敬宮様がひたすらまっすぐ押し続けたので観客席に衝突したのが
動画を繰り返し見て正しいと思いましたわ。
一緒に押してる男の子は減速を試みてるんだけど
なにしろ敬宮様が押し続けるもんだから止まらなかった、と。
つか、あの場所に東宮ご夫妻が座ってると言う時点で
すでに予測されていた事態なんじゃないかと思うわけですよ。
だって他のお子様が転がしたおおたまが東宮ご夫妻にぶつかったら
それはそれは気まずいと思うわけですよ。
でも学習院に通うようなお子様たちですから
当然他の子がぶつかってしまうことはないのでしょう。
また、今日のワイドショーでは
9番目におおたまころがしに走る予定の敬宮様の順番で
先生が手をつないで誘導、背中を押している場面もあった。
つまり、前の子のやり方を見て要領を飲み込むとか
自分の順番を理解して参加するとか、そういうのはちょっと
・・・・なかったのかもしれない、ということかな。

何も障害認定したいとか決め付けたいとか、そういう気はさらさらない。
でもここ最近の露出での様子を伺う限り
何かあるのでは?と思われるようなものばかりなのに
大本営発表は「他のお子様よりもご優秀」であられるそうなので
ついついマジマジと見てしまうのだ。
発表通りご優秀であられるのであれば
もっと簡単なご挨拶なりお辞儀なりを見られるはずなのだけどね。
せめて「お察しください」路線で通してくれれば
こちらも「以前より楽しそう」とか
「(多少遅いながらも)がんばっていらっしゃる」
と、温かく見られると言うものだよ。
「自閉症とは不本意」と発表するほどだから
今更カミングアウトだとか実は・・・・とかはないんだろうけどね。

さて、今回の報道では東宮夫妻は一般席にお座りだったようですね。
皇族が運動会に参加される時には、貴賓席が設けられるようで
当然、警備やら何やらを考えればそちらにお座りになられた方が
他の保護者にもいらぬ気を使わせたり
SPが周囲を固めることになり結局迷惑がかかるような
そんな懸念もなくて済むわけです。
なにしろ皇族は公人ですからね。
皇太子が「普通に」を主張したとしても
やっぱり「普通」というわけにはいかないのです。
今回の運動会では、多分敬宮様のフォローも兼ねて
一般席に、と言うことになったのでしょうけれど
そうでないのであれば、ちょっと自分の立場と言うものを
全く考えていないとしか思えないのですよ。

2月にTDLに行啓された際のこと。
「普通と同じように楽しみたい」と仰られていたようですが
当然だが警備の関係もあったのでしょうが
一部貸切状態でお楽しみだったそうですね。
東宮ご一家がご利用の際にはご丁寧に一般客は入れないように
TDLも配慮していたようです。
しかも東宮ご夫妻のみならず、妹夫妻とお子様と
さらに敬宮様のお友達(雅子ママ友?)親子も
一緒にお車で移動、貸切状態のアトラクションを楽しまれたと。
ちなみにお車での移動の際には、雅子妹の池田礼子さんが
しっかりお手振りなさっていて失笑させていただきましたわ。

今上陛下が皇太子時代、美智子様お子様と
お楽しみの場に行啓された際でも
他に並んでいる方々と一緒に並んで順番を待ったりしていたそうです。
秋篠宮様も眞子様と水族館に行かれた際には
他の客の隙間に「ここで見せてもらいなさい」と
眞子様の背中を押されたという話を聞いています。
もちろん秋篠宮家は宮家という立場なので
警備などは東宮一家とはまた規模も違うでしょうが・・・・
普通とはこういうことなのではないかと、アテクシは思うのですよ。

やんごとないお育ちだから『普通』が一般とずれてることを
きっと認識してないんだろうな・・・・と思うけれど
いずれこのままだと即位することを考えると
なんか暗雲立ち込めてるんじゃないかと、不安に思ったりするのでした。
スポンサーサイト
Posted at 22:48 | 皇室 | COM(4) | TB(0) |
2006.10.09

北の核実験

とうとうやっちゃったのか、成功したなんてホントかよ?
と疑問に思う今日この頃。

北朝鮮、核実験成功と発表 朝鮮半島に重大局面

 【ソウル=久保田るり子】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日午前、「われわれの科学研究部門は、地下核実験を安全に成功裏に実施した」と発表した。聯合ニュースは、国防省当局者の話として、同日午前10時36分(日本時間同)に実施されたと報じた。韓国地質資源研究院は同日、同地域でマグニチュード(M)3・58から3・7規模の地震波を観測した。
 盧武鉉・韓国大統領はただちに安全保障閣僚対策会議を招集、情報収集と対応に入っている。国連安保理の議長声明を無視した形の核実験強行であり、朝鮮半島情勢は重大局面を迎えた。
 韓国はじめ周辺国による分析によると、地下核実験は同国北東部の咸鏡北道明川郡花台里で行われ、プルトニウム型核爆弾とみられる。放射能汚染の状態は不明だが、AP通信は放射能漏れはないと報じた。朝鮮中央通信は実験が「科学的で綿密な計算により行われた」とし、「放射能流出のような危険は全くない」と報じている。
 北朝鮮は、今月3日の「核実験宣言」にも米国が「無条件の6カ国協議復帰」の原則論を崩さず、2国間対話に応じないことから、強硬な示威行動に出たものとみられる。

(中略)

 北朝鮮の国営朝鮮中央通信の九日の地下核実験に関する報道全文は次の通り。
 全国すべての人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を創造していく活気あふれる時期に、われわれの科学研究部門は10月9日、地下核実験を安全に順調に行った。
 科学的計画と綿密な計算により進められた今回の実験では、放射能流出のような危険が全くなかったということが確認された。
 核実験は100パーセント、われわれの知恵と技術に依拠し進められたもので、強力な自衛的国防力を熱望してきたわが軍隊と人民に大きな刺激と喜びを抱かせる歴史的出来事だ。
 核実験は朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう。(平壌 共同)



とうとうやっちゃって、成功したらしいんだけど
この国は一体何をしたいのか不思議だ。
戦争したいのか?

正直、近隣でありたぶん仮想敵国認定されてる日本的には
かなり危険かもわからんね。

それにしてもキ○ガイに刃物と言うけど
キ○ガイ国家に核兵器とは、本当に危険な組み合わせだわ。
自爆してくれr(ry なんてことを思ったりするのだが
さすがにそれはないだろうしなぁ(´・ω・`)

さて、きっとサヨの人たちは
「アメリカの軍事施設があるから日本が危険」
とかまた大騒ぎなんだろうな。
アメリカがいなくても日本は敵国認定ですがね、実際のところ。
あの国に負けず劣らずのキ(ryっぷりを見せてくれるんだろうが
現実を見てもらいたいもんだ。
核となるとwktkして見守る心境にもなれないし(´・ω・`)

さてこれからどうなっていくのか。
ホント平和を引っ掻き回してくれるイヤな国だわねぇ(ノ_-;)ハア…
Posted at 16:46 | アジア | COM(0) | TB(0) |
2006.10.09

責任転嫁杉

はいはい、なんでもゲームのせいにしちゃえば楽なんでしょ
と思う今日この頃。

朝食、ゲームが原因?持久力が過去最低…今の若者

 子供の持久走の成績が20年前に比べ5~9%悪くなり過去最低レベルにあることが8日、文部科学省が実施した「体力・運動能力調査結果」で分かった。男子の17、19歳のタイムは過去最低記録を更新し、女子の16、17、19歳は過去10年間で最も低かった。順天堂大の青木純一郎名誉教授(運動生理学)は「途中から歩く子供が増えている。肉体的な体力に輪をかけて、粘り強く頑張る精神力が衰えている」と指摘している。
 
 調査は昨年5~10月に実施。6~79歳の男女約7万1500人のデータを集計し、「体育の日」に合わせて公表した。
 
 「持久走」の平均タイムは、12~17歳の男女のすべての年代で20年前より大幅に低下。男子(1500メートル)で18~24秒、女子(1000メートル)で17~27秒遅くなった。年齢別では、男女ともに16歳が最も悪化している。
 
 持久力と生活習慣との関係について「20メートルシャトルラン」(往復持久走)の結果を探ると、「朝食を毎日食べる」層の折り返し回数は、男女とも年齢を問わずに「毎日食べない」層よりも高かった。テレビやテレビゲームの1日の視聴時間が「3時間未満」の層は、「3時間以上」と比べて高かった。
 
 全般的には、男子は持久走のほかに18歳の握力が過去最低。女子は「ボール投げ」(17、19歳)、「立ち幅とび」(8、9歳)、「握力」(30~39歳)が最低となった。一方、「反復横とび」は中高年層で好結果が相次ぎ、男子の30~59歳のほぼすべてと女子の45~49歳、55~59歳で過去最高となった。



平均取るとそういう傾向が見られるのはあるかもわからん。
でも、それが絶対かと言われりゃそういうわけじゃなかったり。

恥ずかしながら我が家のリア厨にリア小は
「朝はお腹減ってない」
「もう行かなきゃ間に合わない」
と、朝も食べずにとっとと学校に行ってしまう。
学校から帰ってきて家ですることといえばゲームで決まり。
リア厨もリア小も、運動が大の得意で
二人とも陸上記録会で1000mに出場してるし
リア厨の方は駅伝の選手候補として結構がんばってた。
シャトルランも兄弟で結果を競い合って
どっちが勝ったとか大はしゃぎでございます。

というわけで、結局は個人の資質の問題も大きいのじゃないかと
アテクシなんかは思うわけで。

ゲームを長時間する層は、どうしても運動が苦手な子が多いかと。
逆は運動部とかで体を動かしてたりして
物理的にゲームの時間が少ない子も多いんじゃないかな~?
そうなると、結果が偏るのも仕方ないと思うわけですよ。
だからそこに持久力が劣る原因を求めるのはどうかと思うわ。

ただね、絶対的にいえるのは子供が体を動かして遊ぶ場所が
ほんっとうに今は少ない。
公園は小さい子がいると小学生の遊びが出来ない。
校庭も最近は開放してるところも減ってるし
開放していたとしても土日はスポ少の練習で使われてるので
遊べない環境だったりする。
じゃあ、どこで遊べば?と、道路で遊んでると
危ないからダメと言われるし(当然ですが)
ちょっと広いところで駐車場・・・・もちろんダメです。
・・・・昔と違って本当に遊ぶ場所がない。

アテクシが子供のころは、元々田舎住まいだったってのもあるけど
基本は公園だけど、遊びによっては道路を走り回って
きゃーきゃー言ってたものだ。
最近はそれをやろうとすると
危ない、うるさい、迷惑だと来る。
危ないのは当然注意されてしかるべきなのだが
うるさいとか言うのはちょっとかわいそうになってくるよ。
昼間じゃなきゃ子供は遊べないじゃまいか。

うちの近所の方々は、とても寛容で心の広い方が多いのか
「子供の声は元気の源だからもっとうるさくてもいいわよ」
なんて言ってくださったりで本当にありがたい。
が、そういうことを言ってくれる方のほうが貴重な現代では
子供が昼間に遊ぶのすら遠慮しなきゃいけなくなってしまう。
そう、元気に走り回る場所が本当にないのだ。
そりゃ持久力も劣ってくるわよ。
ゲームのせいなんかじゃない、環境のせいだと
子供を持つ身としては言いたくもなりますわ。

いろいろカテゴリ分けして調査するのは勝手だけど
20年前と今の環境の差も考慮してほしいと思うのでした。
Posted at 00:23 | 子供 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。