--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.07

言葉狩り

昨日かなー、ヤフのトピックスにこの話題が挙がってて
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工と思ったっけ。

「バカジャコ」など差別的用語含む魚名の改名へ

 もう“バカ”ではありません!? 日本魚類学会は侮辱的、差別的な言葉を含む魚の標準和名を改名する。今月中の評議員会で決定する見通し。
 改名するのは日本産の魚類3900種のうち、同学会が差別的と判断した「メクラ」「オシ」など9語の言葉が含まれる30種。さらに「属」や「科」など「種」より上の分類名称に同様の言葉が含まれているものを加えて、計49が対象となる。「バカジャコ」は沖縄県のみに分布することから、「リュウキュウキビナゴ」として“再出発”。学会外への拘束力はないが、水族館や博物館などにも新和名の使用を呼びかけるという。



また言葉狩りですか。
呼び方が変わったから差別がなくなるわけでもあるまいし。
万人が納得する言葉なんてあるのか?
意味わかんね。

と、アテクシなんかは思うわけですよ。

23 名無しさん@七周年 New! 2007/01/06(土) 18:58:37 ID:KPVxm7fh0
アフォか
「ボケ」が差別用語だから「痴呆症」と名前を変え、
「痴呆症」が定着したらそれが差別用語と言い「認知症」と名前を変える。

こういう言葉尻を捕らえるだけの呼称変更は本質的な問題を何一つ解決していない。

40 名無しさん@七周年 New! 2007/01/06(土) 19:03:35 ID:6E06xX/B0
代表的な、身体障害をあらわす言葉(本来は差別用語ではないのだが・・・)

メクラ=盲目。目が不自由なこと。「目暗(メクラ)」から。
ツンボ=耳が聞こえないこと。
オシ=口がきけないこと。
ビッコ=片足が不自由で、足を引きずるように歩くこと。
イザリ=動詞「いざる(座ったたまま移動する)の名詞形。足が不自由で両足を引きずって歩くこと。
カタワ=片手が無い、もしくは不自由なこと。
ミツクチ=口唇裂。先天的奇形。上唇が犬のように裂けていて上唇が二つに割れているから三ツ口。
セムシ=背骨が曲がっている奇形・病気。背中に虫がいると信じられていたから。

88 名無しさん@七周年 sage New! 2007/01/06(土) 19:49:37 ID:q8EvE2yF0
この手の言葉狩りにウンザリだね。
魚名のどこに差別的意図があるんだよ。
魚名以前に特定の言葉を差別語と規定するのもおかしな話だ。
誰がそんなもん認めたんだ?
こんなのが通るなら、メガネも無職もサラリーマンも全部差別語だよ。
こういうことしている連中って恥ずかしくないのかな?

98 名無しさん@七周年 New! 2007/01/06(土) 20:04:43 ID:6Q8/8q6G0
吉田拓郎の「ペニーレインでバーボン」は
「つんぼ桟敷」って言葉がアウトで発禁になったが、
そもそも「つんぼ桟敷」や「開きめくら」ってのは
聾や盲を差別する言葉じゃなく、
耳も目も健常なのに物事が判らない馬鹿者って意味じゃん?
言葉の本来の意味じゃなく言葉そのものだけをとらえて規制するってのも
愚かな行為だと思う。

106 名無しさん@七周年 New! 2007/01/06(土) 20:19:08 ID:6Q8/8q6G0
乞食→浮浪者→路上生活者→ホームレスと呼称が変化しても、
連中が乞食であることに変りは無いし、連中を見れば「あ、乞食だ」
と思う事に変りは無いわな。
そもそも浮浪者、路上生活者、ホームレス(家無し)てのも
充分差別的だと思うがwww

122 名無しさん@七周年 New! 2007/01/06(土) 20:30:55 ID:6Q8/8q6G0
>>97
おれ東京だけど、ぎっちょは普通に使ってる。
靴下を片方ずつ違うのを履いちゃった時も「びっこ」って使う。

びっこは、そういう人に対する呼称として昔から普通に使ってたけど、
その代わりにびっこの真似をした時は大人に本気で怒られた。
肝心なのは言葉狩りじゃなくて、障害を持つ人を馬鹿にする意識を無くすことだよな。

219 名無しさん@七周年 sage New! 2007/01/06(土) 21:38:07 ID:W4cR61iy0
このサイトの紹介はがいしゅつ?
 ↓
「差別用語と呼ばないで」
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/main.html

【社会】「バカジャコ」「クロメクラウナギ」・・・差別語含む魚30種を改名へ★2



ちょっとだけ、現行スレから抜粋してみました。
スレの内容を読むと、マジメに受け取る人は引くかもしれませんがw

なんかバカみたい、と思うアテクシは差別者でしょうか。
日本語って、同じ言葉でも
罵倒だけじゃなく愛情表現になったりすることもある。
蔑んだ口調で言う『バカ』もあるけれど
映画『となりのトトロ』の中で迷子になった妹を探し当てた姉が
「バカめい!」
と言うシーンがあるが、あれは愛情込めた「バカ」だ。

アテクシは何でもかんでも「差別だ!」と言っちゃうのはどうかと思う。
逆に認定されてなくても使い方で一気に差別的になる表現だってある。
だからその「言葉そのもの」だけで「差別!よくない!」と
過剰に反応するのは、やっぱり何か違う気がするのです。
この言葉をここで使ったらマズイだろう、と言う場があるのは
否定しませんけどね。

で。
名詞に対してまで「差別だ!やめろ!」と言うのはいかがなものかと。
何も昨日今日ついた名前じゃない。
過去親しんだ名前の表記を今更変えてしまうことには違和感がある。
スレでも心配されていたが、今は和名を覚えている人がいるが
そのうち文献でしか和名を見つけることが出来なくなるだろう。
古文を解読するのは非常に大変なのだが
名称・呼称が違うだけで別物認定されたり
実は一緒だったなんて発見が今でもあるくらいなのだから
安易に名称変更なんてするもんじゃないと思うのよ。
大体、差別意識でつけた名前ばかりじゃないだろうし
当時はそれが当たり前の呼称だったってこともあるだろう。
それを単純に今の基準で断罪するのはおかしくない?

アテクシ、ちびくろサンボのお話が大好きだった。
絶版になったと言うニュースはショックだった。
だってあのお話の中のどこに差別があると言うのよ?
数年前、復活したと聞いて安堵した。

差別はね、言葉が作るんじゃない。
言葉を操る人間の意識が作るものだ。
言葉狩りをしたところで、差別語が新しい言葉に代わるだけで
何が変わるわけじゃないと言うのに・・・・。
上っ面の改革じゃ、何も変わりませんよ、助長するだけですよ?
スポンサーサイト
Posted at 16:31 | ニュース | COM(0) | TB(0) |
2007.01.07

今度はオクとアフィがターゲットかいw

恣意的な取材対象の選択と
結論ありきの記事に辟易している今日この頃。

ネット君臨:第1部・失われていくもの/6 オークションとアフィリエイト

 ◇操られる「素人売買」

 パソコンの画面が締め切り10秒前を伝える。マウスを握る指が小刻みに震える。9、8、7……。経験で5秒前が勝負だと知っている。

 その瞬間、東京都北区の女性(46)はネットオークションで狙いをつけたTシャツを4万円で入札した。間もなく「あなたが落札」と表示される。体が熱くなった。

 朝起きるとパソコンで商品の入札履歴をチェックする。「顔の見えない相手との駆け引きは興奮する」。競り落としたブランドものを「勝利品」と呼んでいる。これまで110点に達した。

 10年ほど前、夫との不仲をきっかけにクレジットカードでの買い物でストレスを解消するようになった。気がつけば800万円の借金を重ね、任意整理に追い込まれた。

 それでもオークションはやめられない。昨年11月、子供名義で貯金していた70万円の教育資金に手をつけてしまった。エルメスのバッグを落札したためだ。

 「楽しいのは買った時だけ。その後は後悔の気持ちに押しつぶされるようになるの」

   @   @

 ネットの普及で、消費者が売る側にも回る。

 昨年12月23日、大阪市北区のイタリアレストラン。「関西アフィリエイターの会」のクリスマス会に約40人が出席した。半数が主婦だ。

 アフィリエイト(成功報酬型広告)は、自分のホームページ(HP)に広告を張り、その商品の利用体験談を書くことから始まる。誰かがそのHPを経由してネット通販で商品を買えば、売り上げの一部を報酬として受け取れる。大阪府の主婦、直美さん(36)は引退も考えたが、仲間の成功談を聞くと「来年は稼げるかもしれない」と心が揺れた。

 04年夏、カリスマ主婦の著書「主婦もかせげるパソコンで月収30万」を読んだのがきっかけだ。妊娠や育児に関するHPを作り、妊娠検査薬、子供服、ランドセルなど約100品目の広告を張りつけた。

 広告主との仲介業者からは多い日で120通の広告あっせんメールが届く。子供が寝た夜10時から翌朝3時までそれをできる限り読んで「体験談」を書いた。しかし収入は伸びない。11月はわずか150円だ。

 一度だけ成功した。目の手術をした夫の様子を2カ月にわたってHPのブログに書き、眼科の広告を載せた。「眼鏡がないといつも騒いでいた夫が眼鏡がいらなくなりました」。広告を見て眼科で手術を受けた人がいたおかげで3万円の報酬を手にした。

 「ラッキーでした。でも、今までやってきたことって何や」。外で働く方がよほどいいかもしれないとも思う。電話のオペレーターのパートを始めた。

   @   @

 35万人の登録アフィリエイターを抱える大手の広告仲介会社(東京都)は、個人のHPへのアクセス数に応じて3段階に格付けをしている。仲介料収入の8割以上を2割の人が稼ぐ。一握りのVIPには担当営業マンがつき、商品のサンプルを送る。みやげを持って自宅を訪問し「ぜひうちが扱う広告をHPの目立つ場所に」とお願いする。

 大半は月の報酬が5000円にも満たない「その他」。メールだけの「お付き合い」だ。同社幹部は「ビジネスですから。自力ではい上がってもらうしかないですね」と突き放す。

 兵庫県の健康食品会社は昨春、報酬料率を1%から一気に20%まで上げた。通販の買い物が好きな女性は、本人のHPで紹介した商品を自分でも買う--。読みが当たり、同社の売り上げは前年の1・5倍に増えた。

 「報酬分の値引き販売と同じ。うちはアフィリエイターを客として見ています」。体験談を読んだ人の口コミはまったくあてにしていない。

 消費者はネットの情報で、本当にいいものを安く買えるようになったのか。

 経済産業省によると、ネットを介した企業対個人の商取引は05年、3兆4575億円に上る。=つづく



文章載せるのも面倒だなーと思ってリンクだけにしたけど
よく考えたら毎日喜ばすだけなのよね┐(´~`;)┌

まずはオクのこと。
アテクシはあんまりやってない。
でも友達はオクでいろいろ落札したり売ったりして
それぞれ楽しんでる。
高額商品とか転売厨とか詐欺とかもあるけどさー
でもメリットもあるんだよ。
子供関連のものでも、必要がなくなったものでも
別の人にとっては必要なものもある。
そういうのが巡っていくのはリサイクル精神にのっとってると思うのだ。
ただ捨ててしまうよりも、誰かの役に立つのなら
それでいいんじゃまいか。
ほしいものに対価を払う、それだけ。

やりすぎの人はそういう人ってだけで
別にオクが悪いわけじゃない。

アフィについては、アテクシもやったことがある。
別サイトでw
昔素材屋やってた頃、アテクシのところにも勧誘メールが来てたよ。
「アフィやってくれませんか?」
って。
当時のアテクシは(今もそうだけど)あんまりそういうのが好きじゃなくて
無視してたっけw
大体SPAMみたいなもんだもん。
某ショッピングサイトでアフィやったものの
2ヶ月くらいかな?で飽きたw
だってねぇ・・・・あれなかなか大変なのよ。
楽天って言うんだけどw
アフィで稼ぐにはアクセスを増やさなきゃいけない。
いろいろやってみたけど、すでに後進サイトなわけで
当たり前だがなかなか稼げるわけでもないし
ホント、お小遣い程度だったよ。
アフィのために商品買ってるような気になってきて
やめた(まだ残骸は残ってるけどw)。
いろいろな事情が重なったのもあったけどね。
今も不思議なことに、時々アフィ収入があるらしいw
収入と言っても楽天じゃ楽天でしか使えないポイントにしかならないが
(ポイントの額とか料率のランクとかで現金収入になるみたいだが)
最近じゃあんまり買い物もしないしなぁw
アテクシは他の人のサイトで宣伝するのがあんまり好きじゃなくて
肌に合わなかったってのもあるかも。
fc2ブログは足跡とか残ってたりするのを見られるのだが
(管理画面で訪問者リストと言うのがある)
ほとんどがアフィで小遣い稼ぎしてる人のサイトで
なんかこう、がっかりするし。

やってる人を否定するわけじゃなくて。
アテクシはそういうのが好きじゃない、だからやらないってだけ。

記事ではアフィについて何が言いたいのか
読み取れるようなことは一切書いていない。
企業は口コミなんて当てにしてないってこと?
うーん、だから何?って感じ。
結局は情報を受け取った側が、その情報を調べて
有益な情報なのかを判断して買うか買わないか決めるだけでしょ。
アフィだって決して押しつけってわけじゃないし
(たまにそういうつくりのサイトもあるけどすぐわかる)
やりたい人はやればいいし、それがお小遣いになるなら
やっぱり嬉しいと思うし。
そういうのって、テレビ広告だろうが新聞広告だろうが
実際に商品を見て買う場合だって同じじゃまいか。
得られる情報が格段にアップしただけの話だ。

ホント、ネガティブ方向への印象操作に忙しい毎日乙って感じに
アテクシは思いましたよ。
2007.01.07

今度はケータイ

携帯は持ってると便利だけど、なきゃないで別に不便でもない
と思う今日この頃。

ネット君臨:第1部・失われていくもの/5 ケータイ無しで、生きられますか…

ネットのない生活って、考えにくいものだ。
それでも全くパソコンに触らない生活だって
別に不便ってわけでもない。
困るのはネットで出来た友人と連絡が取れないことと
暇つぶしがなくなることかしらw
検索も便利なんで、昨年末パソコンが壊れて
1ヶ月ちょっと使えなかったときには
年賀状が作れなかったことと並んで不便だったっけ。

のめりこんで使いすぎはよくないけど
この実験を出すことで、毎日が何を言いたいのかは
さっぱりわかりませんでした><

第1部から一応読んでるけど(ネットでw)
ネットの負の側面を強調してるだけで
薄っぺらい構成になってると思うのよね。
もちろん、まだ第2部が始まってないので
どういう方向性に持っていくのかはわからないけれど
今の段階では毎日の読者は
『ネット=悪・忌むべきツール』
になってるんじゃないかと思わされます。
確かに使い方によっては被害を被ることもあるし
ブログが炎上したら精神的にツライのは確かだ。
(初日の炎上主婦のは・・・・ありゃ仕方ないよなぁと思うよ(´・ω・`)
個人情報を晒されるほどかな?とは思うけど
ブログなら炎上するだろうな、と言う非常識すぎる内容だったもの)

ダンナはネットは使うものの、コミュニケーションツールとしては
一切使っていないので
炎上とか祭とかは「イジメみたいだ」と言ってたけど
本質はちょっと違うと思うのだ。

ブログが炎上するのは、書き手が安易に考えているせいだと思う。
日経BPのインターネットの危ない話
いちばんわかりやすいように思う。
こちらは毎日が「ネットの悪意」と切り捨てたのとは違い
祭られる側についても言及しているのでなかなか興味深く読める。
世間話感覚でブログをつけていると痛い目に遭うのだ。
だって、狭い範囲のコミュニケーションではなく
ワールドワイドに演説してるようなものなのだから。
多VS1になってしまうのも仕方がないのだ、ネット上なのだから。
ネットの悪意だとか、攻撃されてるなんて言われるけれど
何が原因なのか、自分に非はないのか
しっかり考えられないとネットでやっていくのは難しいかもね。

祭りや炎上を悪意の総攻撃とだけ考えるのは底が浅いと思う。

さくらちゃんの件にしたって
*そもそも本当に全額募金で賄わないといけないほど
 お金を持っていないのか?(高給で知られてるNHKの幹部職員ですよ)
*この手の募金は会計管理がずさんで公開されていないものも多く
 無事に手術が終わった後でも募金を募集し続けてるものもあるし
 そもそも移植自体が必要なかったケースまであるから
 本当に『お子さん』のためになっているのか?
 中には両親無職で生活費になってるんじゃ?と思われるものもある。
*海外に移植に行くこと自体どうなのか?
 (日本で出来ないことも理由だろうが・・・・それに関しては
 子供の脳死判定が非常に難しく、長期脳死で生きているケースも
 結構多いので議論は続けるべきだと思うが)
などなど、不審な点や疑問点があったのが祭りの発端なわけだ。
何もさくらちゃんを助けたくないわけではない。
どうせ募金するなら、本当に困っている人にしてあげたいし
困っているのはさくらちゃんだけじゃないのだ。

まあ、最近ネットを見てると
『白か黒』で断罪する人が多くなっている様な気がして
ちょっと鬱に思うこともある。
アテクシだって別に清廉潔白じゃないから
もしかしてポロッと書いちゃったことで炎上することも
あるかもしれないわけで、そういう点では怖いかな、とは思う。
だって人間だもの、間違いを犯さないとは限らないでしょ?
ただ、炎上するには理由があるし
反感を買いやすい話題ってのもあるわけで
それを避けて注意深く書く必要もあるよな、とも思う。
大体炎上するのは、これだけたくさんあるブログの中で
ほんの一部だけなのだから。

これからもこんな感じで駄長文を垂れ流していくかと思いますが
お付き合いくださる方、これからもよろしくですw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。