--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.05

なんだかねぇ

乗り遅れ感アリアリだがこんなニュース見つけたw

朝日新聞、読売新聞の記事を盗用

2007年1月31日に朝日新聞社がウェブサイトに掲載した記事が、同1月27日に読売新聞に掲載された記事の盗用だったことがわかった。1月31日のJ-CASTニュースの指摘に、朝日新聞社が盗用を認めた。
J-CASTニュースの指摘で発覚

問題となったのは、朝日新聞社のウェブサイトに1月31日0時過ぎに掲載された「寒風にさらし『かんもち』作り最盛期」とのタイトルで、富山県立山町でのもちづくりの様子を伝える記事。これが、1月27日付けの読売新聞の表現と酷似していた。

朝日新聞社広報部によると、記事を書いた記者は「一度記事を書き、読売新聞の記事を見ながら修正を加えた」などと話し、盗用を認めているという。同社は、2月1日昼過ぎに読売新聞に対して謝罪を行ったといい、同日19時30分から、東京・築地の同社東京本社で謝罪会見を行う。
(後略)



朝日も記者の思想よりも、国語力を採用基準の重点に据えるべき。
バカにも程がある。

もっと乗り遅れ感アリアリwww

「産む機械」発言で民主、審議拒否も辞さず

 民主党の小沢一郎代表と社民党の福島瑞穂党首、国民新党の綿貫民輔代表は30日、国会内で会談し、女性を「(子供を)産む機械」とした柳沢伯夫厚生労働相の発言について「閣僚、政治家はおろか、人間として許されない暴言で到底容認できない」との認識で一致した。
 会談後、小沢氏は、衆院予算委員会での補正予算案審議について「そういう閣僚が存在する限り、(審議に)応じたくても応じられない」と述べた。この後、3党首は首相官邸を訪ね、塩崎恭久官房長官に対し、31日中に厚労相を罷免するよう申し入れた。
 民主党内には、審議拒否の戦法について若手議員を中心に反発も根強く、前半国会最大のテーマとなる予算審議を通じて「堂々と論戦で政府・与党を批判すべきだ」との指摘もある。



某妃を思い出したこの言葉w
よくよく発言を聞けば、例え話で直後に謝ってるし
表現が悪かっただけだと思うアテクシは
女として何か失ってるのだろうかw
最初に聞いた時には
「あーあ、またフェミとかが大騒ぎだろうな」
と思っただけだったし(´・ω・`)
ま、発言内容には賛同できないから擁護もしたいと思わないが
噛み付いてる人たちが案の定な顔ぶれで
審議拒否とか議員辞職しろとか騒いでることの方に辟易する。

とりあえず審議と発言問題は別にしとけ、ミンスに社民。

ザ・ワイドで見た行政代執行のニュース。
「だいしっこう」のことを「大執行」だと思っていたのは内緒w
見れば納得だが、音声だけだとわからなくてもしょうがないよね^^;

「どこに行けばいいんや」怒号、抗議の演劇も 大阪市テント強制撤去

 5日朝、大阪市東住吉区の長居公園の一角につくられたホームレスの人らのテント村で行われた行政代執行に基づく強制撤去。「どこに行けばいいんや」と叫ぶ野宿者たちは、自らがつくったステージのうえで撤去に反対する芝居を演じて抗議を表明した。市職員は「妨害はやめてください」と呼びかけ、支援者らは「大阪市の横暴は許せない」と叫んだ。両者のやりとりは次第に怒号となった。

 午前9時。市職員が強制撤去作業の開始を宣言すると、白いヘルメットの市職員が隊列を組んで、テント村に向かった。野宿者や支援者らは座り込んで抗議。ハンドマイクを使い「強制撤去をやめろ」「話し合いに応じろ」などと訴えた。

 野宿者らはテント脇に廃材などで作ったステージをつくり、野宿や強制撤去をテーマにした芝居を披露。現場にはあいりん地区をはじめ、各地の日雇い労働者の街から支援者約200人が集まり、ステージを取り囲むようにスクラムを組んで座り込み、取り囲む市職員らと、にらみ合いに。

 撤去作業に入る市職員がテントに迫ると、作業を止めようとする支援者らとの間で、もみ合いになった。午前11時40分ごろには、ステージの周囲に座り込んでいた支援者一人一人を市職員が7、8人がかりで、担ぎ出して強制的に排除。市は正午すぎにテントの撤去作業をほぼ終えた。

 昨年、大阪城公園で暮らしているときにテントを強制撤去され、長居公園に住んでいた男性(56)は「大阪市はせめて1度ぐらいはきちんと話し合いの場を持ってほしかった。また別の公園にいって野宿を繰り返すしかない」と話した。

 この騒動に公園を毎朝、ジョギングしているという近くに住む無職男性(66)は「勝手に、公園に住むのもよくないが、好きで野宿をしているわけでもないと思う。強制撤去のあとも、市は野宿者にきちんとしたケアをすべきだ」と話していた。



非人間かしら、アテクシ。
感想は
「市職員(´・ω・)カワイソス」
だったわけで^^;

大阪にも一応ホームレス向けの入居施設みたいなのがあるよね?
何でそこに行かないの?
好きでやってるんじゃないとか言うけど
だったら努力の一つもすればいいのに
とは、うちら夫婦の感想でした。
夫婦で「支援者って何?何がしたいの?」
と、疑問でいっぱいでございます。
どなたか教えていただけませんか?

小学校の遠足で行ける範囲のちょっと大き目の
花見で有名な公園があるのですが
そこにも暮らしてる方がいらっしゃいますわ。
子連れでその公園とか行くんだけど
正直、迷惑としか思わないのよね。
事情があるんだろうとは思うけど
公園って住む場所じゃなくて、誰でもが遊んだりくつろいだりの
公の場所でしょ?
そこの一角で寝泊りされるのって、なんかやな感じ。
そこだけ空気が違うというか、時にはにおいも・・・・
大体いる場所は避けてるけれど
ボールで遊んでりゃ転がってくこともあるし
なんともこちらの方が居心地が悪いのですよ。
生活してる人がいる公園は、遊びに行きづらい。
それが本音です。

冷たいですかね、アテクシ。

まあ、何かあるたびに代執行をするんじゃなくて
継続的な支援策とか、なんとかならないのかなーとは思うけれど
支援者が炊き出しとかしてるのを見て
これじゃ、やめられないかもな、とちょっと思ってしまった。
やっぱ、アテクシ非人間かも('A`)
スポンサーサイト
Posted at 21:25 | ニュース | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。