--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.08

また(ry

もう言うの飽きたw

TBSに捏造疑惑が浮上 「人間!これでいいのだ」ずさんな取材

 2万ヘルツ以上の高周波の音「ハイパーソニック」を聞くと頭がよくなる-。受験シーズン真っ盛りの今月3日、TBS系情報バラエティー番組「人間! これでいいのだ」(土、午後7時~)で、受験生が泣いて喜びそうなタイトルが取り上げられた。ところが、番組の内容が捏造(ねつぞう)された疑いのあることが7日浮上した。

 「捏造報道」と断じた8日発売の「週刊新潮」によると、番組ではハイパーソニックを聞くとα波が出て、集中力や記憶力が高まると紹介。その根拠として、(1)千葉工大情報科学部の論文「可聴域を超えた高周波が脳に与える影響」(2)風鈴をつるして学習効果を高める学習塾(3)京大の大島清名誉教授の証言-の3点を挙げている。

 だが、取材は実にずさんだった。

 (1)は昨年10月、番組の下請けプロダクションから取材依頼があった際、研究者側が「研究テーマに含まれない『集中力や記憶力が高まる』という趣旨では受けない」と断ったにも関わらず、論文を番組で無断利用した。

 (2)では、風鈴が生徒の頭上で揺れているかのように紹介されたが、この塾では学習効果を高めるために風鈴を使用したことはなく、TBSが“演出”のために利用したものだった。塾関係者は「娯楽番組だと思ったので、趣旨に沿うようコメントした」と明かした。

 (3)は大島氏自らが新潮側に対し、「人によって、α波が出る音は違う」とハイパーソニック効果を否定。番組では「何か音や音楽を聴くとα波が出るってことはね、集中力が高まり、その結果、記憶力も高まってくる」という一般論的なコメントに、なぜか「ハイパーソニックを聞いて」というテロップが重ねてある。

 テロップについて、TBSは夕刊フジの取材に対し、「視聴者にわかりやすくするため」と説明しているが、ミスリードであることは明らかだ。

 TBSは文書での回答の中で、「研究者に直接了解を得ずに放送してしまったことはお詫びしたい。また、『頭のよくなる音』と断定表現するなど、表現上行き過ぎた点があり、それによって視聴者に誤解を与えたとしたらお詫びしたい」と行き過ぎを認めた。

 だが、「論文や研究者の発言をねじ曲げて紹介したり、データを捏造するなどの行為は一切行っていない。捏造番組(との報道)は、はなはだ遺憾に思う」としている。

 「人間!」の前身は、昨年5月に白インゲン豆を使ったダイエット法を紹介し、視聴者が下痢や嘔吐を訴える騒動となった「ぴーかんバディ!」。企画も看板も変えて出直したかに見えたが、続投となったプロデューサーは、どうやら再び過ちを繰り返してしまったようだ。 

ZAKZAK 2007/02/07



ま た T B S か !
って、何度書いたことかw
全くほんとに懲りずによくやる局だな。
まあ、どうせココの局の番組は映りが悪いので見てないけど
別に何の問題もないので
なくなってもいいです、お願いします、総務省さんヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
スポンサーサイト
Posted at 12:12 | テレビ | COM(0) | TB(0) |
2007.02.08

すごいぜ!JASRAC伝説

時々、ワイドショーなんかで
カラオケスナックとかでJASRACにお金を請求されてる
とか言う話題が出ることがあるけど、こんな団体だったの?!

ASRACを「料金徴収団体」と称したFLASH

アメーバニュース2月06日 16時05分
日本音楽著作権協会、略してJASRACについて各種事例を挙げて「料金徴収団体」と称したFLASH動画「すごいぜ!JASRAC伝説」が、話題となっている。

 このFLASHで取り上げられている事例を挙げると、スナックを経営していた老人がビートルズの楽曲を無断演奏していたためJASRACに訴えられ逮捕された件、幼稚園のクリスマス演奏会でJASRACから請求があった件、大槻ケンヂが自分で作詞した過去の曲の歌詞をエッセイに載せたところJASRAC から請求があった件、などがある。また、徴収した使用料は曲の作者に渡っているわけではなく、その行方は謎らしい。

 このFLASHに関してのコメントは、「いい加減JASRACはつぶれるべきだよ」や「取った著作権料と作者への支払金を全て一般告知すべきだな…」といった厳しいものや、FLASHの作者を称えるものが多数を占めていた。一方、ブログでも「これはおかしいだろ…常識的に考えて…」などの意見が寄せられている。



FLASHが重くて見られない人用 Youtube

これは面白かったですわw

付け加えさせていただきますと
多少オーバーに描かれている部分もあるようです。
日米の比較にしても、楽曲管理団体がほぼ一つの日本と
複数あるため管理団体が違えば別料金のアメリカという
異なる事情があるのが事実だそうですので
簡単に値段だけで比較するのも難しいかも。
オーケン事件に関しては
自分の著作を自著に引用して金払えと言われて払ったが
配当はもらえなかった、というオチがついてるそうで^^;

JASRACでは徴収した料金を委託者に配分してるそうですが
必ずしも楽曲の利用状況と配分が一致していないようで
内訳不明というのもなんだかなーですわね。
で、多少の誇張はあるものの
実際、理不尽とも思える徴収を受けた人とかの事例は
いくつもあるそうですわ。

それにしても職人魂だわ(*´д`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。