--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.23

皇太子誕生日

なんと言うか予想通りと言うべきか。

皇太子さま47歳 ご療養中の雅子さま「長い目で見守って」

 皇太子さまは23日、47歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち記者会見し、愛子さまについて、「幼稚園に入り、大きく成長した。誰かが休んでいるととても心配したり、けがをしたけれど大丈夫だっただろうかとか、そういう人に対する思いやり、心配を愛子から聞くと、やはり成長しているんだな、と親としてうれしく思う。名前の通り人から愛され、人を愛すような人間に育っていってほしい」と、ご成長への思いを語られた。
 また、病気療養中の雅子さまについては、「今後大切なのは、さらに活動の幅を広げていき、個々の活動に自信を深めていくことであると考えます。国民の皆さんにも長い目で見守っていただきたく、お願いいたします」と述べられた。
 また1年間を振り返って特に印象に残っていることとして、メキシコで昨年3月に行われた第4回「世界水フォーラム」へのご出席を挙げ、「地球温暖化を含めて、地球規模での環境問題は世界的な関心事。その中で水の問題は重要です」と温暖化への対応が急務との考えを示された。

                   ◇

【ご会見要旨】
 ■「人に愛され、愛す子に」愛子様ご成長
 (質問1)皇太子さまにとってのこの1年
 昨年は豪雪、そのほかの自然災害により、多くの被害が出ました。今年は雪が少なく、暖冬ですけれど、地球温暖化の影響が懸念されます。温暖化にどう対処していくかが、大きな問題。また9月の悠仁親王の誕生を心から喜ばしく思います。
 (質問2)雅子さまのご回復ぶり
 徐々に快方に向かっております。今後大切なことは、さらに活動の幅を広げ、そして個々の活動に自信を深めていくことであると考えます。国民の皆さんにも状況をご理解いただき、長い目で見守っていただきたくお願いいたします。
 (質問3)愛子さまのご成長の様子
 幼稚園の生活をとても楽しんでいるようです。また幼稚園に入り、大きく成長したように見受けられます。園児ひとりひとりを同じように扱うという幼稚園の方針のもとで、集団生活に溶け込んでいます。名前の通り人から愛され、人を愛すような人間に育っていってほしいと願っています。
 (質問4)昨年夏のオランダご静養
 かねてよりオランダのベアトリックス女王からご招待をいただいていたことや、幼稚園の夏休みの期間がオランダ側にとっても都合がよかったこと、両陛下より温かいご理解をいただいていたこと、さらにはオランダに行くことが雅子の治療上も意味があるというお医者さまの意見があったことが重なって実現に至りました。有意義でした。
 (質問5)ご夫妻での公務分担など、公務の見直しについて
 すべての公務には天皇陛下をお助けしつつ、国民の幸せを願い、国民と苦楽を共にしていくという皇室のあるべき姿が基礎にあります。個人的な研究テーマでもある水運の研究をさらに深めていき、公務を果たす上でいくらかでも役立てることができれば、と思っております。分担については、雅子が回復してからの話だと思います。
 (関連質問1)皇太子という立場の重みについて
 皇太子は天皇陛下をお助けして、そしていろいろな公務に取り組んでいく(もの)。そういったことを今の陛下のおそばにいながら学んできたように思います。
 (関連質問2)海外で出版された『プリンセス・マサコ』について
 読んでおりませんけれど、内容については聞いておりますので、だいたい把握しているつもりです。政府が対応しておりますので、私から申し上げることはありません。
 (関連質問3)愛子さまのご成長について具体的なエピソードは
 友達とのつき合いの中からいろんなことを学んでいるように思えます。特に友達への思いやりみたいなものですね。誰かが休んでいたりすると、とても心配したりとか。



会見全文はこちら

某スレでは
「ぼくちんが皇太子なんだぞ!」宣言とか揶揄されておりましたっけ。

しかし、静養4年目に突入してると言うのに
まだ
長 い 目 で 見 守 っ て
って、どういうことだと小一時間どころじゃなく問い詰めたい。
つか、お前が言うなって感じだわな。
オランダ旅行に行けて国内公務は行けないとか
私的お楽しみはキャンセルナシの皆勤賞なのに
公務はキャンセルだらけ、鑑賞系のお遊び公務しかしてないのに
オランダ旅行がよい効果をもたらしたとか( ゚Д゚)ハァ?

弟夫婦という言い回しとか
「人から愛され」が先に来るところとか
もはや皇太子の公の部分は殿下の頭の中にはないのか?と
情けなくがっかりな内容でございました。

陛下の誕生日会見で愛ちゃんが風邪を引きやすくて
あんまり触れ合う機会がないといわれたことに対して
言い訳めいたことを言ってるのも情けナス。
皇太子として今上のおそばで学んでると言ってるが
どう見ても家庭第一で今上のこれまでの働きぶりから
公務について学んでいるとは到底思えませんがね。
分担についても雅子回復が先とか・・・・
お前、両陛下がおいくつだと思ってるんだ、バカ息子め!
と、言ってやりたい気分に駆られます。

公務の質も量も、両陛下や秋篠宮家と比べると
格段に少なく、内容も薄っぺらいように見えるのですがね。

47歳におなりだそうですが
いくらお坊ちゃんでもいい年だというのに
自分の立場に対する自覚が足りなすぎると思いますよ・・・・。
スポンサーサイト
Posted at 21:46 | 皇室 | COM(44) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。