--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.09

お大事になさっていただきたい

休んでほしい方は無理をなさり、仕事してほしい方は…な今日この頃。

天皇陛下、胃と十二指腸に炎症 ご公務軽減も

血圧上昇などのため一時ご公務を控えられていた天皇陛下の病状について、宮内庁の金沢一郎皇室医務主管と専門医が9日記者会見し、陛下の不整脈は落ち着いた状態に戻ったが、腹部にも違和感を訴えられていたため、胃カメラによる検査の結果、胃や十二指腸に炎症が見られたと発表した。

 胃腸の病変については精神的、肉体的ストレスが原因と考えられるとした。金沢医務主管は「今月のお誕生日や年末年始の諸行事を軽いものに変えていくことが大事ではないか」と述べ、ご負担の軽減が急務であるとの見解を示した。

 記者会見したのは金沢医務主管のほか、循環器内科と消化器の専門医の計3人。

 金沢医務主管などによると、陛下の不整脈は時々脈が飛ぶ「上室性不整脈」であり、すでに落ち着いた状態に戻ったという。しかし、陛下は腹部の違和感も訴えられており、今月5日に胃カメラで検査した結果、胃や十二指腸にびらんや出血の痕跡がみられたという。胃腸の症状を抑えるため胃酸を止める薬を処方しており、現在の症状は安定されているという。

 陛下は11月17日に胸部の変調を訴えられ、検査の結果、不整脈と診断された。今月2日夜になって血圧上昇が確認されたため、検査とご静養のため3日から5日までご公務を控えられた。週末は静養し、8日から公務を再開されていた。



ご公務を再開なさった天皇陛下ですが
上室性不整脈のほかに、胃や十二指腸からの出血が認められたとか。
本当にお休みになってご静養なさっていただきたい方が
ご無理をなさっている現状には首を傾げざるを得ません。
両陛下がご公務を大事になさる方だと言うことはわかりますが
両陛下の名代として機能しなければならない東宮家があの有様では
さすがにお休みになりたくてもなれないのでは…と思います。

皇太子殿下のご公務は、一宮家の紀子妃殿下よりも少なく
雅子妃にいたっては眞子内親王殿下や佳子内親王殿下と同じ程度…
これでは安心してご公務をお任せすることもできないのではないかと思います。

件の雅子妃は、今後も見守れという東宮医師団の会見(とはいえ、大野医師一人)ひっさげて
会見文を発表なさったばかり…

このままでは両陛下や秋篠宮同妃両殿下のご負担が増すばかりです。
宮内庁も何をやっているのかと、腹立たしい気持ちでいっぱいです。
東宮職と宮内庁は今は別組織のように動いているようですが…
なんつーか、一本化するのが筋なんじゃないかと思うんですけどね。

秋篠宮殿下のお誕生日会見で、陛下のご公務を減らすのは
これ以上はなかなか難しいようですが
それでもやはり、各宮家で分担できる部分や
ある程度減らせる部分もあるのではないかと思うので、ぜひ両陛下のご健康のためにも
負担を分担していただきたいと思う次第です。


東宮家がアレでは各宮家、特に秋篠宮家が一番負担になりそうで
それも微妙な気持ちがするのですが…

こうなってくると、いっそ東宮家は東宮家としての務めを果たせないということを
いっそ認めてしまって、降格しちゃいなよ、と思ってしまうんですけどね。
いつまでも雅子雅子愛子愛子言ってる場合じゃないのに
何年経っても雅子雅子愛子愛子でのらりくらりな状況だし
いちいちマニュアルを2通り作らないといけない東宮家をお招きするよりも
両殿下で要請すればいらっしゃる秋篠宮家をお招きした方が
自治体としても大助かりでしょうし。

なかなか典範やら憲法やらのくくりで難しいことだとは思います。
わかります。

でも、潮時じゃないでしょうか?
陛下のご体調も、ストレスによるものとのはっぴょうがあることだし…。

まさこさまおかわいそう派の方にはなかなか理解されないのでしょうが
いつまでも皇太子妃、後の皇后になってますますご負担をかけてしまう立場で
まさこさまをさらにおかわいそうな立場にするよりも
現実的なラインだと、私なんかは思うんですけどね。
5年も治らない適応障害が、皇后になったら治るわけじゃあるまいし。
つか…皇后になったら治るなんてことがあったら…
それは陛下の崩御を望んでるってことになるんじゃないの?
と思うわけで。

両陛下にはいつまでもご健康でいらしていただきたい。
だからこそ、なんとか両陛下のストレスが軽減され
これまでの皇室のように、国民にとっての象徴でいていただくためにも
そろそろなにがしかの動きがあってもいいのでは…と思ってしまいます。

それにしても、さすが陛下のお体の報告だけあって
しっかりとした説明を国民になさっておられ、感心いたしました。
某妃の誕生日会見と同時に発表された
gdgdのがんばってるからまだまだ見守れ恫喝の東宮医師団?の会見文なんて
おかしなものだとますます思わされてしまいます。

心から陛下のご健康とご快癒をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
Posted at 21:52 | 皇室 | COM(0) | TB(0) |
2008.12.09

まさこさまおたんじょうび

お誕生日はおめでたいのですが、静養6年目突入はいかがなものでしょう
と思う今日この頃。

雅子さまのお誕生日ご感想(全文)

 昨年の誕生日以来、この1年は、愛子の幼稚園卒業、学習院初等科入学、皇太子殿下の夏の三度の外国御訪問、東宮仮御所への移居などで瞬く間に過ぎたように感じております。

 愛子の幼稚園生活を振り返りますと、愛子が先生方やお友達と楽しく過ごさせていただいたのは勿論のこと、私自身も折々に先生方やお母様方、そして、子どもさん達と温かい交流を持つことができましたことは、私にとり大きな力になりました。初等科入学後も、初めのうちは送り迎えを通して、そしてまた、授業参観や遠足、運動会などの様々な学校での行事を通して、新しく知り合った方々も含め、先生方やお母様方との交流が広がっていることを嬉しくありがたく思っております。

 初等科入学後間もない頃は、ランドセルの開け閉め一つにも懸命に取り組まなければならない様子だった1年生の子ども達も、授業参観の回を経るごとに、生き生きと楽しそうに、授業や遊びに参加している様子を目にして、とても嬉しく思いました。先生方のきめ細かい御指導をありがたく思いながら、私自身も、愛子が新しい学校生活に順調に慣れ、楽しく充実した日々を送れるように手助けをしたいと思い、力を注いでまいりました。お陰様で、愛子には新しいお友達も沢山でき、先生方から温かいお心遣いを頂きながら、楽しく学校に通っていることを大変ありがたく思っております。

 今年の夏には、皇太子殿下がブラジル、スペイン、トンガへと、三度にわたり外国を御訪問になりました。私はご一緒できず残念でしたが、8月には仮御所への移居もあり、慌ただしい中で夏が過ぎたという感じが致します。愛子が暫く体調を崩した時期もあり、私自身まだ十分とは言えない中で、殿下の外国御訪問のためのお手伝いや移居の準備など、様々なことを乗り切るのはとても無理なのではないかと感じることもありましたが、東宮職をはじめまわりからの助けにより何とか無事に乗り越えることができ、安堵致しました。移居にあたっては、愛子も自分の荷物をまとめるなど、進んで協力してくれました。今は、移居後の生活も落ち着き、以前に殿下と新婚時代を過ごした仮御所で愛子も交えて穏やかな日々を送っております。

 秋には、運動会など愛子の学校の行事もありましたが、公務も少しずつ幅を広げて行うことができるようになったように感じております。11月には、スペインの国王王妃両陛下を国賓としてお迎えしての歓迎行事に出席させて頂きました。このような式典に出席するのは久しぶりのことでしたが、天皇皇后両陛下よりお心遣いをいただきながらお陰様で無事に出席することができましたことを嬉しく、心よりありがたく思いました。また、他にもいくつかの異なった行事に出席できましたことも私にとり励みになるものでした。まだ全てのことを十分にできるわけではありませんが、少しずつ色々なことができるようになってきたように感じられ、今後もお医者様のご指導の下で一つ一つ努力を重ねていきたいと思っております。このような中で、皇太子殿下には、いつも温かく私を励まし、勇気づけて下さり、辛抱強く傍でお支え下さっていることに心より感謝申し上げます。

 天皇陛下には、先週、御不例により御公務をお取りやめになられることがおありになり、ご案じ申し上げております。どうぞくれぐれもお大事に遊ばされますよう心よりお祈り申し上げます。天皇皇后両陛下には、これまで私の体調についてご心配下さり、温かくお見守りいただいているお心遣いに深く感謝申し上げます。

 今年も日本の内外で様々な出来事があり、心の痛むことも少なくありませんでした。最近では経済が厳しい状況になり、多くの方が色々な面でご苦労されていることにも心が痛みます。そうした中で、国民の皆様が力を合わせて難しい状況を乗り越えていかれることを心から願っております。

 国民の皆様より引き続き温かいお気持ちを寄せていただいていることは、私にとりまして大きな支えになっており、この機会に心から御礼を申し上げたいと思います。



ちなみに今年は謎の東宮医師団の見解報告もあったようで
報道されていました。

東宮医師団の見解

長文で回りくどい見解文で、ちょっと医師の見解とは思いにくいのが難点でしょうか。
なんというか、某妃はがんばってるんだからごちゃごちゃ言わないで見守れ!
こっちの言うとおりにしておけ!的に言われてるみたいで
ちょっと…勝手なんじゃないの?と思わされてしまう文章でした、はい。

妃殿下のお楽しみのために、周囲が迷惑をこうむっていることなどお構いなしなのですね…。
お食事のために結婚式の時間をずらさざるを得なくなってしまった一般の人とか。
なにも連休中じゃなくても…という連休のど真ん中にさらなる渋滞の原因となる移動を入れられて
大変迷惑してる一般の人とか。
古くはディズニーランド貸切状態でお楽しみになられたこともありましたっけ。
自分のお立場をわかられた上で、静養なさり、できることからゆっくりと
と言うのならば理解されたことでしょう。
また、なにもどでかい派手な行事やら、海外静養やらということばかりではなく
小さなことから公務復帰を目指してらっしゃるなら、とやかく言われることもなかったでしょう。

ご会釈が負担で外務省関連の接見、進講は毎回出席とか
人種差別?と思われかねない大使接見の状況とか
ブラジルは即お断りでスペインにはギリギリまで判断を延ばすとか
週刊朝日では長野国体では到着1分前になっていきなり欠席通知が来たとか
体調の波では説明しづらい行動を見せているからいろいろ言われるのに。
なんか…やはり公人向きではない方なのだなと、改めて思わされてしまいました。

このまま静養10年、15年と続けるおつもりなのでしょうか。
ライフワークは5年も前から言われていますが
食べ歩きがライフワークですか?という勢いで食べ歩いてらっしゃいますが
そのほかのお話はまったく聞かないですもんね。
今でも妃殿下の興味は海外旅行だけなのでしょうか…食べ歩きだけなのでしょうか…

精神的疾患が治りにくいのは理解しています。
周囲の配慮が必要なのも。
でも…
国民に心寄せ、祈るのが皇族方だったと思います。
他の王室とはまったく違う、祭祀王とも言われるゆえんであり
天皇皇后両陛下以下、東宮家除く他の皇族方は
その姿勢を体現されてらっしゃいます。

妃殿下の誕生日文書からは、私を見守ってとしか聞こえてこない…最初から。

強いストレスを受けた、ストレスの原因は皇室、だというのなら
やはり皇室を出るのが一番の解決方法なのではないでしょうか?
いずれ皇后となられると、もっと強いストレスを受けるのですよ?

なんだかなぁ…精神的疾患、適応障害を盾に好き放題してるように見える状況じゃ
他の同様の病気で苦しんでいる人たちにとっても負担でしかないですしね…
ほんっと、いい迷惑。
鬱とか適応障害とか、さらにCOしにくくなった現状を見てほしい。
公人だと言うこと、忘れないでほしい。
Posted at 10:33 | 皇室 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。