--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.24

本荘高校についての偏向報道に気をつけろ!

夏休みに入ったと言うのに涼しい日が続いている今日この頃。

サッカーが終わったら今度は野球ですよ^^^^^^^
プロ野球はあんまり好きじゃないけど、高校野球はなんか好きで
毎年見てたりする。
今は県大会の季節。
いくつかすでに出場校も決まっている模様。

さて、秋田県大会では久々に本荘高校が出場を決めたらしい。
ところが準決勝での戦い方について
ちょっとイヤーな報道がされているらしいことを知った。
で、記事を検索してみたらね~・・・・

試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会

 秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘に故意に三振するなどフェアプレーに反する行為があったとして、県高野連は本荘に対し23日の決勝開始までに始末書を求めることにした。

 問題の行為は7回表、雨が降り続く中であった。高校野球では、7回が終了すれば雨天でコールドが成立し、そこまでの得点の多いチームが勝者になる場面だった。

(中略)

 試合後のインタビューに、尾留川監督は「選手に、空振りしてこいと指示した。マナー的にはどうかと思ったが、早く終わらせて試合を成立させたかった」と答えた。

 秋田の佐藤幸彦監督は「最後まで一生懸命やろうとしていたのに、負けた以上の屈辱だ。悔しい」と話した。



さて。
これは朝日の記事だ。
(ちなみに毎日も短いながら同じ感じの記事でしたよ
高校野球:故意に三振、秋田・本荘高が始末書

だがちょっと待ってほしい。
ここに読売の記事がある。

監督が三振指示、雨天ノーゲーム避け…秋田大会準決勝

 22日に行われた夏の高校野球秋田県大会の準決勝・本荘―秋田戦で、雨天ノーゲームを避けるため、本荘の打者が、監督の指示を受けて故意に空振りしていたとして、県高野連は試合終了後、同校野球部に対し、フェアプレーするよう指導し、始末書の提出を求めた。

 同校は、相手の遅延行為に対抗するためだったと説明している。

(中略)

 本荘の尾留川徹監督は「相手チームが試合を遅延させ、ノーゲームにしようという意図が見えた。早く試合を進めるようボールでも打ちにいけと指示した」と説明。

 秋田の佐藤幸彦監督は「ばかにされた思いで大変悔しく、憤りを感じている」と話している。



比べてみてどう思いますか?

県大会は、ホントに両校とも勝つために超必死だったりするわけ。
今回、本荘高校は7回表に試合を進めるために
監督が空振りを指示したとして始末書を書かされた。
確かにマナーとしてどうかな~?とは思うが
勝っている側はそりゃ、試合が成立してくれた方がありがたいわけだ。
反対に12-1で負けていた側の秋田高校はといえば
これで試合不成立になればやり直しになる。
雨もざーざー降ってきているし、不成立になってくれれば・・・・
そう考えるのも不思議ではないどころか、当たり前に思うものだ。
スポ少の野球だって当たり前に考えること。

試合が成立するかしないか・・・・お互いの高校にとっては
大きな問題だったのは、野球知らなくてもわかると思う。

遅延行為では、と、相手チームが思うようなことが
実際には試合中にあったのかもしれない。
(秋田にいないので見てないしわからないのよね)
あったとすれば、どっちもどっちのような気がする。

ただ、朝日(毎日)の報道ではそんな様子はさっぱり伺えない。
朝日(毎日)の記事だけで
本荘の監督の行為を断罪するようなブログが見られる。
卑怯だ、監督を辞めさせるべき、さっさと負けて帰って来い
なんて調子だ。
例に出したブログのどこにも
遅延行為についての言及がないことを考えると
朝日、毎日の報道の罪がわかってもらえると思う。
なにしろ監督の答えすら違ってるんだから
朝日なんて意図的だとしか思えないもの。
(ちなみにどなたも実際の試合を見たわけではなさそう)

まあ、ニュースについてブログを書くときには
別の社の同じタイトルの記事を見比べる必要はあるかもね。
じゃないとちょっと恥ずかしいことになるよ^^^^^^^^
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/120-a53bc0e7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。