--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.30

川淵会長にレッドカードを

独裁、独断専行、専制政治なんて揶揄される川淵会長に対して
ちょっとアチコチから動きがあるらしい今日この頃。

川淵会長にレッドカードを

 「7月18日の常務理事会で川淵氏の続投が事実上決定した」といった報道がなされています。川淵会長のJリーグ立ち上げへの貢献、キャプテンズミッションなどへの取り組みは確かに賞賛に値します。しかし、引き続き川淵会長にトップを任せるのが、日本サッカー界にとってベストと言えるでしょうか。

 私たち「川淵会長にレッドカードを!」実行委員会は、日本サッカー協会川淵会長は以下の3つの理由で、その任にふさわしくないと考えます。

 1.機密の漏洩(オシム失言)
 2.ジーコジャパンの総括がないことの責任
 3.Jリーグ軽視と思える言動

 川淵会長への意思表明として、試合後(トリニダードトバゴ戦)、国立競技場前通過~千駄ヶ谷駅方面行きのデモを企画しました。 所要時間は10分程度を予定していますので、気軽にご参加ください。



サポの集団が動き出しているようです。
警察の許可ももらっているようですので
見に行く予定がある方はぜひ参加してほしいな~と
地方在住で身動きの取れないアテクシは思いました。
まあ、デモだけで解任になるとは思わないけれど
サポの声を協会だけじゃなく、多くの人に伝えるのは
非常に意義があると思うし。
今は4年前と違って協会も一枚岩じゃないようだしね。

週刊ポストで連載中の独裁者川淵糾弾レポートをまとめてみた
週刊ポストは今週も攻めてくれた
SOCCER UNDERGROUND BLOGさんで雑誌週刊ポストで報じられた記事を見られます。
多少割り引いて読む必要はあるかもしれないけれど
このような記事が表に出てくるようになったことを考えると
今行動を起こすのがいいとも思う。

いよいよ文科省も動き始めたらしいし。

馳浩の赤じゅうたん雑記 7月25日の日記

サッカー協会の川渕キャプテンにまつわる公私混同記事が週刊ポストをにぎわせているので、競技スポーツ課の担当者に「事実関係の確認」を指示する。

スケート協会不祥事のときもそうだったが、こういう記事は早めにしっかりと事実確認をしておくに限る。

針小棒大の記事もあれば、事実をしっかりと直視した記事もある。

監督官庁としては、常にアンテナを光らせて事実を把握しておくべきだろう。



ここまで好き放題サッカー界でやってきた人物を何とかするには
やはりさらに上からの圧力でもなければできないと思う。
週刊誌報道だが、不明朗な会計やスポンサーとの癒着まで
噂されているし、代表サポの間でも噂されていたほどだから
しっかり調べてほしいと思うよ。

川淵会長については
すべてを否定したいとは思わない。
やり手だし、Jを盛り上げた手腕もマスコミ操作の手法も
すべてが悪だったとは言えないと思うし
評価できる部分だってあったとは思っている。
トップにはある程度の決断力は必要だし
その点では川淵会長は良くも悪くも決断力はあったと思う。
まあ、政治力(協会内部での)で有無を言わせない部分も
あったことだとは思うが、それだって必要な時もあるから。
ただ、力を持ちすぎたしイエスマンばかりの独裁政治は
もはや必要ないのではないかと思う。

いつまでも川淵体制で安定するような協会ではなく
そろそろ新しい体制を築く時期が来ていると思う。
外圧で・・・・というのはちょっといただけない気もするが・・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/126-8d03069e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。