--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.07

積水のニュース

差別は(・A・)イクナイと思うけど
これはどうなんだろう?と思う今日この頃。

顧客提訴 反響よぶ会社の訴訟支援

 先月三十一日、大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人二世の徐(ソ)文平(ムンピョン)さん(45)が、差別的な発言をされて精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の顧客男性に慰謝料三百万円と謝罪広告掲載を求めて大阪地裁に提訴した。社員が顧客を訴える裁判に対し、会社が裁判費用を負担したり裁判出席を勤務時間と認めるなど、ほぼ全面的に支援することがクローズアップされ、反響が広がっている。 (中里 宏)



人権団体的なところとかは絶賛らしい。
某NHKとかも、この徐さんとやらの主張に沿った
VTRでニュースを流してた。
何しろ、本人も関西弁でしゃべってるのに
VTRの中では顧客が関西弁、徐さんとやらは標準語でアテレコ。
そりゃ印象的には顧客が意味不明のクレーム仕掛けた上に
差別発言したような印象がバッチリ植え付けられること間違いなしw

でもさー。

顧客とトラブルになった理由ってのが差別発言のみのような報道だけど
実際はリフォーム詐欺も真っ青なメンテ持ちかけから始まってるらしい。

 男性によると、「二、三万円の工事と思っていたら、最初二十五万円を請求された。ネズミが一階の空き店舗の床下から石を運んでいて、一、二カ月後にはまた詰まるので、五十万-百万円の改修工事が必要と説明された。金額が法外だと思ったし、説明にも非常な疑念を持った」という。

 名刺については「読みがなが小さくて見えず、『じょさん』とお呼びしたら、『違う』と言われて何を言っているのか分からなかった。そこから(表記を)どれか一つにしてほしいと言った。改修工事も断ると言っても聞いてもらえなかった」という。提訴を「人権で圧力をかけて自分の言う通りにさせる商売のやり方」と批判。両者の主張は全面的に食い違っている。



ねえねえ、ネズミが石を運んでってどういうこと?
こんな理由で納得できる人がいたら見てみたいんだけどw

営業の中身がこんな意味不明な理由で
何を言っても引っ込まなかったら
日本語が通じないのかと思うかもわからんね(ノ_-;)
しかも家関連のことだから、飛んでくお金だって半端ない。
しつこく勧められればそりゃ腹も立ってくるだろうな、と思う。

こういう営業手法を棚にあげて
「差別された!」
と言う理由で顧客を訴えるってどうなんだろう?
実際営業やってる人なんて、かなりいろいろ言われながらも
それでも仕事だからと割り切ってやってる人も多いはず。
そりゃ、「お客様のいうことをすべて聞け(#゚Д゚)ゴルァ!!」的な
勘違い顧客も問題だと思うが
営業だったらある程度、現場の空気を読んだ対応をしなきゃ
まずいんじゃないかと思うんだけど。
ハングル併記の名刺もどうかと思う。
日本人相手用の名刺と2種類用意しておくとかさー。

あ、もしかして在日であることを必要以上に誇示して
差別っぽい発言を引き出して恫喝営業してたのかしら?w

↑なーんて穿った見方だってできるわけよ。

そういう突っ込みどころを与える営業の仕方の方が
理にかなってないと思うんだけど。

まあ、会社自体ちょっとアレっぽい。
最高裁「マンション建設提案で説明不足」 積水ハウス賠償責任
積水ハウス、約2万人分の顧客情報含むPCが盗難
積水ハウス、3件の個人情報流出事故を公表 - なりすましによる詐取も
顧客情報が保存された携帯電話を紛失 - 積水ハウス
積水ハウス、顧客情報入りのPCを紛失

人権問題に取り組んでる素晴らしい会社!
だそうですが、
ちょっと関わり合いになるのはゴメンこうむりたいかも。
そう思わされたニュースでした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/137-ca127cdd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。