--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.15

靖国について思う

アジアって広いんだよね、本当は。
と思う今日この頃。

テレビでは「アジア諸国の反発」を懸念して参拝すべきではない
という論調が盛んだけれど
今日のニュースでは、反発したアジア諸国は中韓二国だけでした。
台湾なんて「問題にしない」そうだし。
韓国と同じように日本の支配下に置かれ
徴用(日本人と同じような)によって戦地で
日本兵として戦った過去を持つ国なのにね。

61年前の今日正午、玉音放送により停戦を知らされ
敗戦した日本。
その日本を守るため、お国のためと死んでいった兵たちが
「靖国で会おう」
を合言葉にしていたのは、超有名な話。
その靖国に、国のために死んでいった人たちに
敬意を表し、現在の平和な日本の礎となっていただいたことに感謝し
不戦の誓いをする、それが首相の靖国参拝の意義だと思うのだ。

確かに戦時中は陸海軍の直轄であり
当時の象徴のような靖国ではあるけれど
現在と当時では事情が違う。
靖国参拝が即軍国主義への回帰とか戦争へ駆り立てる暴挙とか
そんな風に考えること自体、祀られている方々への冒涜であり
自らの身を投げ出して戦ったかつての兵たちへの侮辱だと思う。
彼らは戦争を賛美していたわけではないだろうし
誰よりも戦争を早く終わらせたいと願っていたはずだ。
戦う理由は国のため、陛下のためだけではなく
身近な大切な人を守りたい、そんな思いの方が強かったと思う。
そんな彼らを祀っている靖国を政争の種や外交問題に導く人たちこそ
責められるべきだと思うのだ。

特定アジアにだけ目を向けて問題を大きく報道するマスゴミは
日本という国の主体性がなくなることが望みなんだろうか。
首相参拝のニュースに批判的なメディアが多すぎて
ついこんなことを考えてしまったのでした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/145-f0181ee3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。