--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.27

他人を助ける嘘

人の記憶って曖昧だから
過去を美化したり嘘を真実だと思い込んだりすることって
よくあることだと思う今日この頃。

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん

 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。
 照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
 同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。
 照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。
 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。



こういう証言を今更・・・・という気もする。
でもこの年齢になったからこそ言えたのかもしれない。

今回の証言は、終戦間近の沖縄の話。
沖縄は米軍との地上戦が行われた地域だ。
戦後長い間返還が認められず、ようやく日本に返還されたのは
昭和47年、1972年になってからだった。

近代史は本当に駆け足で教科書程度しかやってないんで
ほとんど詳しくなかったから沖縄戦にしたって
地上戦が行われて、集団自決があって、ひめゆりの塔がある
程度の知識しかありません。
でも最近ニュースか何かでちらっと
「集団自決は軍の命令」
って部分だけ聞いた覚えがあって
「へー、軍の命令なんてあったんだ」
「まあ、あの当時は生きて虜囚の辱めを受けずなんてのがあったし
軍の命令とかなくてもそういう流れはあったかも」
なんて思ってた。
戦中は「鬼畜米英」とか言われてたし
捕虜になったら大変な目に遭うと思われてただろうし
地上戦なんて起きてて砲弾飛び交う真っ只中にいたら
捕虜になるくらいだったら死んだ方がマシ
と、当時の人が思ってもしょうがないなという認識。

でも軍の強制があったとはちょっと思ってなかったのよね。
戦後の沖縄の新聞で「鉄の暴風」での軍による命令話や
大江健三郎著の「沖縄ノート」内での軍の命令への言及なんて
ぶっちゃけさっぱり知らなかったですよ。
そして同時に、曽野綾子さんが「ある神話の風景」という著作の中で
軍の命令による集団自決について検証され
事実はなかった、遺族年金をもらうための方便だったことを
明らかにしていたことも。

戦後61年経った今、もう戦中の事実を語る人たちはそう多くない。
いい話も悪い話も事実を検証する時期になっているんじゃないだろうか。

なんでもかんでも「軍靴の足音」「戦争賛美」で切り捨てる時代は
もう終わってもいいと思う。
事実を語る人がまだ残っているうちに・・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/152-be32a3c5
この記事へのトラックバック
琉球政府琉球政府(りゅうきゅうせいふ、Government of the Ryukyu Islands)は、1952年から1972年まで、沖縄県|沖縄に存在した統治機構の名称である。1972年に沖縄が日本に返還された際に消滅し、沖縄県や沖縄総合事務局(国の出先機関)などに移管された。.wikilis
| 美ら沖縄 at 2007.09.29 14:12
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。