--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.30

双方向だったはずなのに

スレ張り付きで様子を見ていたオーマイニュースが
とうとうやっちゃったわ!
とwktkしている今日この頃。


異なる意見戦う場に~創刊にあたって
編集長 鳥越俊太郎

記者名鳥越俊太郎

 
いよいよやって来ましたねぇ、創刊の日が。

 私がオ・ヨンホ代表と最初に会ったのが今年の4月7日。で、その後二度お会いして編集長の役を引き受けると決めたのが4月21日ですから、うーむ、まだ4ヶ月と1週間しか経っていないわけですが、来ちゃいましたねぇ、この日が。

(中略)

 オーマイニュースの第一の合い言葉は「市民みんなが記者」です。とはいえ、これまで記事を書いた経験もなく果たして記者活動が出来るのだろうか? 先ずは皆がそう思いますよねぇ。何を書いたらいいのかしら?

 確かに新聞記者は少しづつ経験を積んでプロの記者になって行きます。私も記者一年目は何をどう書いていいものやら頭を悩ましていました。書いた原稿をデスクに赤字を入れられる位ならまだいい方で、何度も破り捨てられてクズ籠行きもありました。でも、どうでしょうか、書くという行為は普通の市民なら何らかの形でやっている行為ですよね。

 確かに同じ専門家といっても医者が手術をするように市民が手術をするというのはこりゃ、ちょっとありえませんがね。書くのなら別に事実関係がしっかりしていて文意が分かればいいんじゃないでしょうか?

(中略)

 オーマイニュースの第二の合い言葉は「責任ある参加」です。

 日本の文化は一言で言うと「均質な文化」です。国民全員が同じ言語、伝統、習慣、風習を持ち、しかも同じような新聞やテレビを見ている。日本村のような状態ですね。だからここでは実名、顔出しで本音を言う文化よりも匿名文化が発達しました。「本音」と「建前」を使い分ける文化ですね。

 これは日本のテレビとアメリカのテレビを比べてみればよく分かりますが、日本ではNHKや民放の報道番組でも事件の証言者が殆ど首なしだったり、モザイクがかかっていたりします。本当は誰が話しているのか分からないのです。これはアメリカのテレビではありえません。日本の番組を参考までにアメリカのABCテレビの友人に送ったことがあるんですが、それは日本の女子高生の援助交際の話だったので全編これモザイクだらけでした。その結果全く使えないということで参考にもなりませんでしたね。

 匿名や首なし映像もどこかで事実の確認と言う担保がなされてればまだいいのですが、それさえない場合はそれは公的なメディアの場で使うには問題ある訳ですね。

 インターネットの世界は匿名文化が花盛りです。私はそれはそれで、そういうものだというみんなの認識でやっているのならいいんですけど、ニュースや情報という事実関係を大事にする場面では匿名は問題を孕んでいます。私たちオーマイニュースはやはり少々ガマンをしても匿名文化を実名文化にかえるべく努力をする時代になったという認識でやって行きたいと思っています。

 言論には言論で、議論には議論で。

 小泉首相の靖国参拝に異見を述べただけで加藤紘一議員の自宅が放火されたとみられています。そんな時代に私たちは今、生きています。少なくともオーマイニュースの場では異なる意見がキチンと姿を見せながら戦うところを見たいものです。

 異論、反論ドンドン書いて下さい!
 そんな活気のあるメディアにしようではありませんか!!



重くて表示も見づらいコメント欄は用意されていたので
一応双方向コミュニケーションを取るつもりはあるんだな
という程度の認識はあった。
なにしろ編集長の鳥越さんも上のように書いてるし。

まあ、だったらIza!みたいにトラックバック機能とかつけてくれると
外部ブログとも連携が取れて面白いと思ったけどね。

コメントがオピニオン登録・記者登録した人しか書けないとか
かなり閉鎖的だ。
その閉鎖的な中でも炎上しちゃうオーマイニュースの記事って('A`)
と思っていたが、とうとうやってはいけないことを
オーマイニュース側はやってしまった・・・・。

編集部側が編集する前の記事のコメント欄削除は
まあ、妥当だと認めよう。
一部ジャーナリストのコラムのコメント欄がないというのも
ビミョーだけど認めてもいいかもしれない。
ホントはどの記事にもコメントなりできるようにするのが
「双方向コミュニケーション」を謳っているんだから
当然のような気もするんだけどね。
でも。

今まで存在し、コメントがいくつもついた記事の
コメント欄を消してしまうのは横暴すぎるんじゃないか?
上の記事、異論反論ドンドン書いてください!
と書かれてある通り、当初はコメント欄もあったし
いくつかコメントがついているのをアテクシも見た。
が、今はない。
一部の記事だけコメント欄自体をなくしてしまうなんて!

3日でギブアップですか、鳥越さん?

せっかく新聞社と販売店の押し紙問題など
既存のメディアでは報道しにくい問題を書いた良記事が
アップされたというのに。

**追記**
どうやら23:50頃、コメント欄が復帰したようです^^^^^^^^
「間違えて」見えないようにしてしまったんですかね^^
で、鯖強化案内が昨日あったばかりだというのに
システムが込み合っておりますってwwwwwwww

ニュースサイトとして致命的なところが
たくさんありすぎですね^^^^^^^^^^^^
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/158-5d75261b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。