--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.07

早漏マスコミ('A`)

見逃したよチクショウ!と思う今日この頃。

家でサッカー好きなのってアテクシだけなんで
代表戦すら見逃すことが増えた(´・ω・`)
ちょっと前までは無条件でアテクシにチャンネル権があったのにw

昨日のイエメン戦はかなりフラストレーションが
たまる試合だったようで
スポーツニュースでも否定的なニュアンスの報道が多かったっけ。
ちょっと前のジーコジャパンの時なんて
どんなにヤバスな試合でも持ち上げムードだったのとは
だいぶ取り上げ方が違う希ガス(´・ω・`)
そして今日、こんな記事を見つけた。

辛勝オシム、これでいいわけ!? 知将が一転「グチ将」に 「代表に来た感じがしない」うなだれる選手も

 【サヌア(イエメン)=久保武司】日本代表は6日、アジア杯予選A組で世界ランク125位のイエメンと対戦、ロスタイムにFW我那覇(川崎)が代表初ゴールを挙げて1-0で辛勝した。同日夜、同組のサウジアラビアが7-1でインドに圧勝して4戦全勝としたため、日本とサウジはともに2位以内を確定、2試合を残して来年7月の本大会出場が決まった。それにしてもオシム監督はサウジアラビア戦の敗戦に続いて、またもや言い訳連発だった。まだ就任4試合目だが、知将のメッキが剥がれかけてしまった?
 試合中、オシム監督は怒りを込めてペットボトルをたたきつけるなど、イライラは頂点に達していた。勝つには勝ったが、あまりにもお粗末、開いた口がふさがらないような内容。試合後、満足かどうか問われ、「勝ち点6が欲しいくらいだ…」と笑い飛ばした。
 確かに技術的には日本が何枚も上だ。2300メートルの高地で試合時の湿度は20%。どの選手も「息苦しさはあった」と話していたが、その代表メンバーについて、イエメンの報道陣から「なぜ、日本はアジア杯予選という公式戦なのにベストメンバーを連れて来ないのか?」と疑問の声が挙がっていたほどだった。
 オシム監督は、「こんな試合で監督をやるぐらいならどこかで炭坑労働者になった方がいい」と、日本代表を指揮する過酷さをジョークで表現。終了間際の我那覇のゴールで救われたことには、「この手の試合は、日本サッカーの長年の持病。それもすぐに治らない病気だ」としながらも、「私のチームの方が、以前のチームよりチャンスの数も多い」など、あくまでジーコジャパンより実力が上-と強調した。
 そもそも、今回のメンバーは「集団プレーに向いている選手を連れてきた」というが、「Jリーグでは主要なポジションはみんな外国人で占められている。本当に必要なポジションのプレーヤーがうまく育たない環境がある」とも。オシムさん、それを言ってはおしまいだ、と感じる言い訳ばかり。就任直後、日本中が感嘆した「オシム語録」のメッキも剥がれ落ちそうだ。
 オシム監督は、協会から8000万円(推定)という高給をもらっているプロフェッショナル。ましてや、今回のメンバーは自らが選出している。にもかかわらず、毎試合、言い訳を続けていたら、その資質が問われかねない。
 オシム監督が在籍したジェフ千葉の関係者からは、「オシムは小さなクラブだからこそ生きた監督。代表、特に日本代表では難しいのか」という声も漏れてきた。もちろん本人は、「辞任」する気などさらさらない。
 今後は、「もっと若い世代にチャンスを与える」と明言した。もっとも、「最近、代表に来た感じがしないし、すごいと思うプレーがまるでない」とうなだれる選手も中にはいる。ピッチで戦う選手がこれでは、日本代表の輝きも色あせる。
 今年の日本代表の残り試合は、あと3。1年契約のオシム監督が、その契約期間をまっとうできるか、早くも正念場を迎えようとしている。男は黙って結果を出す。そんな指導者は世界にいないのだろうか。それにしても、言い訳ばかりが耳についた中東遠征である。



ここに引用して初めて、記者の名前を知った(苦笑)
オシムジャパン誕生当初からネガティブ記事書いてる
久保さんじゃないですか(苦笑)

本気で腹立てて損したw

ホントにもう、この記者はオシムになんか恨みでもあるの?
ってくらい、なーんにも始まってないうちから
オシム叩きの電波を飛ばしまくってた。
そんなにジーコ好きだったのかい?と言いたい位だわ。
で、iza!のサッカー関係の記事見たら
これでもか!ってくらいネガティブタイトルでオシム叩きで
記者はこの人だったwwwwwwwwww

サッカー知らないんじゃないの、この人?

オシムヽ(´ー`)ノマンセーするつもりはないけど
今はまだ種をまいた段階でしかないっつーのに
よくもここまで悪口雑言を叩けるもんだ。
ジーコの時はヽ(´ー`)ノマンセー報道ばっかりで
それにも首を傾げたけど、その教訓ですか?w

その時々の結果じゃなく、長い目で見て成長が望まれてる代表。
ジーコの時とはメンツも違えば土壌も違うってことを踏まえて
正当な評価を下してくださいね^^

ちなみにジーコの時は、トルシエがそれなりに育て
個人的資質も高いと評判だった黄金世代を率いて
ジーコ1人だけでも1億4000万の年俸をもらい
ファミリーをコーチに据えて
しょっぱい試合を続けてたってことも、再認識してほしいわ。
オシムの8000万は破格に安いと思うよ^^
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/175-55c9c0fd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。