--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.27

あらら・・・・

なんかもう、尊敬とか感じられないよね、と思う今日この頃。

<皇太子ご夫妻>江頭豊さんの葬儀に参列 

 皇太子ご夫妻は27日午前、東京都新宿区の千日谷会堂で行われた雅子さまの母方の祖父、江頭豊さんの葬儀に参列した。江頭さんはチッソの元社長で、24日に98歳で死去。ご夫妻は25日にも長女愛子さまを連れ、東京都目黒区の江頭さん宅を弔問に訪れていた。
(毎日新聞) - 9月27日12時42分更新



ど庶民で東北のしがない生まれのアテクシでございますが
ニュースになったことについて何がしかを言う権利くらいは
ございますわよね?w

ご夫婦で葬儀に参列なさったようで。
関東方面は今日は雨だったそうです。
ちょうど葬儀の時間辺りには激しく雷も鳴っていたとか。
神の怒りとでも言えそうですね。
いろいろな意味でお怒りなんじゃないかと
オカルトチックに考えてしまいたくなりますわ。

前にも書いたが、この江頭豊氏はチッソの社長・会長・相談役を務め
雅子さんのお輿入れの際には
「公害発生時には無関係だった(興銀勤めでしたので)」
ということが言われてますけど
因果関係が公になってからも排水を垂れ流し続けたのは事実です。
全く責任がないどころか
「もっと早く排水を止めてくれれば患者の数も減っていたのに!」
と言われるほどの責任はある人です。
補償交渉でも患者家族、遺族をずいぶんと冷遇したのは
複数のメディアで報じられています。

そういう人の葬儀に
「国民の象徴である天皇の地位に就くはずの皇太子」
が、いくら嫁の祖父だからと言って出席するのはどうなんだろう?

美智子様のご両親の葬儀の際には
当時皇太子だった陛下と浩宮様は参列されなかったようです。

なんかもう、帝王学ってなんなんだろう?と
改めて感じたり。
皇太子もすでに46歳、雅子さんにしても42歳と言う
とっくに自分自身の立場を自覚して自分の判断で行動できる年齢。
なのにいつまでも嫁実家にべったりで
嫁の顔色を伺っているんじゃないかと思われるような行動の数々に
もはや皇太子としての格など微塵も感じられない。
普通のお宅じゃないんだからさ、皇太子という立場を深く考えて
46歳と言う年齢にも見合った行動をしてもらいたい。
それが出来ないのであれば・・・・いや、これ以上は言うまい。

それにしても男は嫁次第なのかな・・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/209-9af5ca62
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
もう無視できない!雅子妃殿下&東宮問題

管理人様、皆様、はじめまして。ブルーフォックスと申します。よろしくお願いいたします。

ご承知の通り、皇太子殿下の「雅子の人格やキャリアを否定するような動き・・・」発言以後、皇太子妃雅子殿下、そして皇太子殿下、愛子内親王殿下の東宮ご一家への風当たりがネットや週刊誌でもかなりその話が出てきています。

私自身はご皇室を崇敬しておりますが、東宮ご一家はどうしても崇敬できません。
その理由の大きな1つは、今の東宮ご一家はあまりにもご皇族としての自覚に欠けておられ、公を忘れ、私にこもりすぎているとしか思えないことです。

李下に冠を正さず
瓜田に履を納れず

ということわざがありますが、これは、公人、そして人の上に立つ人が心しなければならないことと存じます。
特にご皇族は最高の公人ですから、大変不遜な物言いながら、もっとも心していただかねばならないと存じます。

しかし、現在の雅子妃殿下、そして東宮ご一家のあり様は余りにも、

李下に冠を正し続け、
瓜田に履を納れ続けている

ように見えます。

お世継ぎ云々は仕方がありませんが、ご本人たちのご意思がどうであれ、両陛下や秋篠宮ご一家に比べて公務が非常に少ないのも事実です。
しかも公務を欠席したその日や前後の日にに私的な“お楽しみ”ということが頻繁にあるのも事実です。
となれば国民の間に「理解できない」「納得できない」という感情が出てくるのは避けられますまい。

とりわけ、皇太子御一家が水俣病の大罪を犯した江頭豊の葬儀に参列したことは、今なお水俣病に苦しむ方々のお心をどれだけ傷つけたことでしょう。いや、すでにご成婚当時からそうなのかもしれませんが、さらに追い討ちをかけることでしょう。

何にせよ、これは単に違和感・不快感のレベルではすまない問題です。
日本の伝統と文化を継承してきた皇室に危機が迫っているのです。
その問題は女性・女系天皇問題より急を要しています。もう十数年先に徳仁天皇即位の時が来るのですから。

それなのに、保守系の評論家の先生方やWebサイトでも、東宮ご一家の件はスルーか、または東宮を含めた皇室崇敬派であることが多いので、まだまだこの問題が市民権を得ていないのが実情です。拉致問題で言うなら、“拉致疑惑”と呼ばれていたころの状況でしょうか。
何しろ保守が尊敬申し上げるべきご皇族ご自身が次々と“問題を起こしている”わけですから、無理もないかもしれませんが。

しかし、このままでは悠仁親王殿下ご誕生で皇位継承は安泰どころか、それ以前に皇室は自壊してしまいます。

東宮ご一家を批判される勇気あるサイトがなかなか見当たらないため、私も方々を探し回っております。
もしかしたら他のサイトでも同じような文面をご覧になって「またこいつか、しつこいな」と思われることがあるかもしれませんがその場合はお許しください。
今上陛下の御在位中に何としても世論を啓発し、本件を解決しなければならないと思いますので。
どうかよろしくお願いいたします。
Posted by ブルーフォックス at 2007.01.04 17:48 | 編集
早速ですが,雅子皇太子妃と左翼との“縁”について

雅子氏を送り込んだ“団藤重光”について

以下「長期株式投資」様に出ている

2006年9月27日 (水)
(タイトルは過激なので省きます)
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2006/09/post_47b9.html

雅子氏を皇室に送り込んだこの団藤重光なる人物をGoogleで見ると

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%9B%A3%E8%97%A4%E9%87%8D%E5%85%89&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

「死刑廃止」「少年法改正反対」・・・・

左翼です!!

そういえば江頭豊の葬儀への東宮一家参列について,皇室や大企業といった“権力”が大嫌いな左翼が何故沈黙しているのか気になりませんか?
「これで皇室は自壊する」とほくそえんでいるのかと・・・

もう1つ

「渡部昇一的ココロだー!!」様より

2006年12月27日
「セイントコーミョー」と雅子妃殿下
http://radical-japan.seesaa.net/article/30353929.html

【引用開始】
雅子妃が折に触れよく行かれている国連大学・・・反日運動の拠点となっています。従軍慰安婦の集会もよく行われているね。元副学長がチュチェ思想の大家で朝鮮総連関係というのも気になります。

【引用終了】

Posted by ブルーフォックス at 2007.01.04 17:50 | 編集
>ブルーフォックスさん
はじめまして。
過疎ブログですがよろしいのでしょうか(;・∀・)

一つ目のコメント、ごもっともだと思います。
典範改正問題以降、改めて東宮家のご動静を見るにつけ
疑問に思わざるを得ませんもの。

今のままでは確かに不安だと思います。
どうか今上のご在位中にうまく解決していただきたいと
私も思います。
Posted by ともちゃん at 2007.01.04 23:36 | 編集
1)
先日当方からトラックバックした「一燈照隅」様がいいことを書いておられました.

http://blog.goo.ne.jp/misky730/e/2a31435b724c826ea4b5e140e543b8b4

やはりわかってくださる方もおられるんですね.

2)
皇室を思うが故の東宮批判派サイトは「プリンセス・マサコ」で検索したら結構出てくると思います.
もちろん同時に擁護派も出てくると思いますが.

http://www.google.co.jp/search?as_q=%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9+%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%B3&hl=ja&num=100&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=&as_oq=&as_eq=&lr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=&as_rights=

3)

http://kiyotani.at.webry.info/200606/article_21.html

ここで私がやり合っている人物は皇室廃止論者です.
この人物がそうかわかりませんが,悠仁殿下ご生誕を見てご皇室廃止論に戻る手合がいてもおかしくありません.

さて,

http://satoseiko.blog14.fc2.com/blog-entry-222.html#comment215

の管理人は江頭豊の孫であることで「雅子様は苦しんだ」と主張しています.


http://blog.livedoor.jp/daily_diary/

の管理人は雅子妃を「姑にいじめられるかわいそうな嫁」に見立て,皇室・宮内庁・東宮批判サイトを「嫁をいじめる意地悪な姑」に見立てて皇室批判を行い,雅子妃の暴走を擁護する手口でした.なお,1月24日以来動きがありません.

ただ,こういった擁護は左翼ばかりか保守派にもいるので困ったものです.
どんな形であれ「雅子様おかわいそう」「雅子様こそ被害者」論には要警戒です.
Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決 at 2007.02.22 23:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。