--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.09

責任転嫁杉

はいはい、なんでもゲームのせいにしちゃえば楽なんでしょ
と思う今日この頃。

朝食、ゲームが原因?持久力が過去最低…今の若者

 子供の持久走の成績が20年前に比べ5~9%悪くなり過去最低レベルにあることが8日、文部科学省が実施した「体力・運動能力調査結果」で分かった。男子の17、19歳のタイムは過去最低記録を更新し、女子の16、17、19歳は過去10年間で最も低かった。順天堂大の青木純一郎名誉教授(運動生理学)は「途中から歩く子供が増えている。肉体的な体力に輪をかけて、粘り強く頑張る精神力が衰えている」と指摘している。
 
 調査は昨年5~10月に実施。6~79歳の男女約7万1500人のデータを集計し、「体育の日」に合わせて公表した。
 
 「持久走」の平均タイムは、12~17歳の男女のすべての年代で20年前より大幅に低下。男子(1500メートル)で18~24秒、女子(1000メートル)で17~27秒遅くなった。年齢別では、男女ともに16歳が最も悪化している。
 
 持久力と生活習慣との関係について「20メートルシャトルラン」(往復持久走)の結果を探ると、「朝食を毎日食べる」層の折り返し回数は、男女とも年齢を問わずに「毎日食べない」層よりも高かった。テレビやテレビゲームの1日の視聴時間が「3時間未満」の層は、「3時間以上」と比べて高かった。
 
 全般的には、男子は持久走のほかに18歳の握力が過去最低。女子は「ボール投げ」(17、19歳)、「立ち幅とび」(8、9歳)、「握力」(30~39歳)が最低となった。一方、「反復横とび」は中高年層で好結果が相次ぎ、男子の30~59歳のほぼすべてと女子の45~49歳、55~59歳で過去最高となった。



平均取るとそういう傾向が見られるのはあるかもわからん。
でも、それが絶対かと言われりゃそういうわけじゃなかったり。

恥ずかしながら我が家のリア厨にリア小は
「朝はお腹減ってない」
「もう行かなきゃ間に合わない」
と、朝も食べずにとっとと学校に行ってしまう。
学校から帰ってきて家ですることといえばゲームで決まり。
リア厨もリア小も、運動が大の得意で
二人とも陸上記録会で1000mに出場してるし
リア厨の方は駅伝の選手候補として結構がんばってた。
シャトルランも兄弟で結果を競い合って
どっちが勝ったとか大はしゃぎでございます。

というわけで、結局は個人の資質の問題も大きいのじゃないかと
アテクシなんかは思うわけで。

ゲームを長時間する層は、どうしても運動が苦手な子が多いかと。
逆は運動部とかで体を動かしてたりして
物理的にゲームの時間が少ない子も多いんじゃないかな~?
そうなると、結果が偏るのも仕方ないと思うわけですよ。
だからそこに持久力が劣る原因を求めるのはどうかと思うわ。

ただね、絶対的にいえるのは子供が体を動かして遊ぶ場所が
ほんっとうに今は少ない。
公園は小さい子がいると小学生の遊びが出来ない。
校庭も最近は開放してるところも減ってるし
開放していたとしても土日はスポ少の練習で使われてるので
遊べない環境だったりする。
じゃあ、どこで遊べば?と、道路で遊んでると
危ないからダメと言われるし(当然ですが)
ちょっと広いところで駐車場・・・・もちろんダメです。
・・・・昔と違って本当に遊ぶ場所がない。

アテクシが子供のころは、元々田舎住まいだったってのもあるけど
基本は公園だけど、遊びによっては道路を走り回って
きゃーきゃー言ってたものだ。
最近はそれをやろうとすると
危ない、うるさい、迷惑だと来る。
危ないのは当然注意されてしかるべきなのだが
うるさいとか言うのはちょっとかわいそうになってくるよ。
昼間じゃなきゃ子供は遊べないじゃまいか。

うちの近所の方々は、とても寛容で心の広い方が多いのか
「子供の声は元気の源だからもっとうるさくてもいいわよ」
なんて言ってくださったりで本当にありがたい。
が、そういうことを言ってくれる方のほうが貴重な現代では
子供が昼間に遊ぶのすら遠慮しなきゃいけなくなってしまう。
そう、元気に走り回る場所が本当にないのだ。
そりゃ持久力も劣ってくるわよ。
ゲームのせいなんかじゃない、環境のせいだと
子供を持つ身としては言いたくもなりますわ。

いろいろカテゴリ分けして調査するのは勝手だけど
20年前と今の環境の差も考慮してほしいと思うのでした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/216-7a999dd4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。