--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.02

一般参賀

東京に住んでいたら今年くらい一般参賀に行ってみたかったのだが
ダンナも仕事休みじゃないしテレビでガマン、の今日この頃。

皇居で一般参賀 雅子さまも初めの3回出席される

 天皇陛下が新年に当たり、国民から祝賀を受けられる恒例の一般参賀が2日、皇居で行われた。
 陛下は午前10時すぎ、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族とともに、宮殿・長和殿のベランダに立たれ、東庭に集まった人々にあいさつ。マイクを通して「新しい年を共に祝うことをうれしく思います。年頭に当たり国民の幸せと世界の平安を祈ります」と述べられた。
 好天に恵まれ、午前10時現在の人出は昨年より3000人以上多い約1万7000人となった。
 両陛下らは午前から午後にかけて7回、姿を見せられる。雅子さまは体調に配慮して初めの3回だけ、紀子さまも授乳の都合で初めの3回と最後の2回だけ出席される。



今年の一般参賀は、昨年より1万8000人多い6万8830人が
訪れたということです。
これも悠仁様ご誕生の影響もあるのでしょうか。
それとも昨年、紀子様のご懐妊で落ち着いた
皇室典範問題で皇室に関心を持つ人が増えたということでしょうか。
なんにせよ、めでたいことだと思います。

しかしなぜ記事のタイトルに必ず入るのかが不思議。
と思ってたら、某スレで
「犬が人を噛んでもニュースにならないけど
 人が犬を噛んだらニュースになる」
と言われていてちょっと納得したw

なるほど、出席されるのが珍しいから
ニュースのタイトルになるのねw

昨日の祝賀関係の行事も
皇族方の祝賀のご挨拶のみのお出ましだったようで
一部と言うか、ひとつしか出てないじゃんって感じだったのだが
今回も午前中のみですか、そうですか('A`)
私的なお出かけは平気で出来るようなのに
皇居に訪れる国民へのお手振りは負担でございますか('A`)

ニュースでは「雅子様も3回出席」と大きく取り上げて
逆に紀子様は「2回欠席」と欠席をクローズアップされてるのが
ちょっとなー・・・・と思ったり。
まあ、紀子様の場合は出席されない方が珍しいのだから
仕方のないことか。
紀子様こそ、ご無理なさらずにしっかりお休みいただきたいというのに
しっかりご参加になっておられて心配ですよ。
アテクシも帝王切開での出産経験があるので
やはり産後1年ほどは、自分が思っているよりも
体に負担を感じたのでしっかり休んでほしいものですよ。
誰かさんが働かないから筆頭宮妃として
そして若い皇族として働きすぎですよ・・・・。

読売の元旦の紙面で
ヨルダンのラニア王妃の特集記事がありました。

170センチの華奢な長身、流れるようなクリ色の巻き毛・・。スーパーモデル並みの
美貌とスタイルに見とれていると、いきなりパンチを食らう。
「女性を活用しなければ中東に未来はありません」
ヨルダンのラニア王妃(36)は、保守的なイスラム社会で女性の地位向上を訴える
投資でもある。本誌とのインタビューに応じたときも回答は明快だった。
12歳を筆頭とする4人の母親で、「私はワーキングウーマン」と自称。
砂埃にまみれて貧民地区を訪れ自立支援の作業所作りを指揮する。生後数ヶ月の
王子を連れて国際会議に臨み、休み時間に控え室で授乳しながら日程こなして
周囲を驚かせたこともある。(中略)
流暢な英語を話し、欧米メディアの注目を集める。その一方で敬虔なイスラム教徒
として1日5度の祈りは欠かさない。“闘士”といっても、欧米型の男女同権論
にはくみせず「イスラムは寛容の宗教。我々に合った女性の生き方があるはず」
と柔軟だ。(中略)
ハティーブさん(王妃が会長を務める河川財団の事務局長)によると、王妃は
深夜残業も厭わず「ついてゆくのが大変なモーレツ上司」。だが、王妃自身は
「一番大切なのは家庭。私のアブドラと子供たち」とはっきりしている。
4人の母親とは思えないプロポーション維持の秘訣を尋ねると
「王妃の仕事は緊張するの。ダイエットにぴったり」と花のような笑顔が
返ってきた。(アンマンで 三井美奈)
(某スレでまとめてくださった奥様の文を引用させていただきました)
初出はこちら→皇室御一行様★アンチ編part753



立派なキャリアを持ちながら
(キャリアウーマンとしてバリバリ働いている時に
アブドラ王子と出会い、結婚されたそうですよ)
王家に嫁ぎ、婚家になじみ、キャリアを生かして働いている王妃。
そして家庭が大事と誇らしげに語る王妃。
皇室では紀子妃とかぶると思わされます。

実際の皇族としてのお仕事ぶりだけでなく
ご自身のご研究も熱心にされ、現在3人のお子様を育児してらっしゃる
紀子様の方こそ、真のキャリアウーマンだと思いますよ。
しかもご苦労など微塵も感じさせないあの笑顔には
頭が下がる思いです。
もちろん美智子様も同様で
初めての平民からのお嫁入りで
最初はたいそうおつらい生活だったそうですが
ご公務もしっかり勤められ、祭祀も熱心にされておられるようで
もはや最初から皇族であったのではないかと思うほどです。

現在、こうしてしっかりと自分の責務を果たしている方々が
雅子さんのためにいわれのない批難をされてしまうことが
もどかしくてたまりません。
特に紀子様なんて、もっとお子様がほしかったご様子なのに
東宮家にまだいないからと批判され(当時)
今回の懐妊ではもっと早く作ればよかったのにと言われて
本当におかわいそうです。
しかも悠仁さまがご誕生された時でも
「雅子様のお気持ちを・・・・」
なんて言われるわ、テレ朝じゃお通夜みたいな報道だわ
人格否定は秋篠宮家にこそなされているようにしか
思えませんでしたよ。

今年も天皇皇后両陛下はじめ、皇族方の忙しい日々を
送られることと思いますが
どうかお体を大切になさり、お健やかに過ごされますことを
お祈りいたしております。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/227-44b8d84f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。