--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.20

両陛下が初試写会出席へ

よりによってどうしてこれ・・・・とガッカリな今日この頃。

天皇皇后両陛下が映画試写会に初出席

 天皇皇后両陛下が今月26日、東京・ニッショーホールで開かれる日韓合作映画「あなたを忘れない」(27日公開)の追悼試写会に出席されることが19日、配給元のソニー・ピクチャーズの発表で明らかになった。

 映画は01年1月26日、東京のJR新大久保駅ホームから転落した男性を助けようと飛び降り、死亡した韓国人青年イ・スヒョンさん(享年26)の実話をもとに、彼の半生を描く。ソニーによると、両陛下がそろって試写会に出席されるのは初めてという。

[2007年1月20日6時30分:日刊スポーツ]



両陛下が試写会にご臨席なさるのは悪いことだとは思いませんが
なぜこの映画なのか、非常に気になります。

この新大久保駅の事故は酔客が線路に落ち
それを助けようとした「日本人カメラマン男性」と「韓国人留学生」が
侵入してきた電車にはねられて死亡した悲しい事故でした。

ところで、昨年春にも似たようなニュースが話題になったことを
覚えている人もいるかもしれません。
ここでも記事にしました。
テレビなんて
美談韓国人留学生のその後
これは「またしても」日本人の女子大生が線路に転落したのを
「韓国人留学生」が救出したと言うもの。
テレビでは彼一人が救出して周りの日本人は見ていただけ
と放送していたんですよね。
アテクシはとくダネを見ていたのですが・・・・
今回映画になった悲しい事故のことも触れていたのですが
なぜか
「前の事故のときも今回の事故のときも日本人は見ていただけ
と放送された不思議。
他局でも似たような報道だったようですね。
そして映画が作られてます~という宣伝も入っていた件。
しかも報道がみな不自然で、普通は入っていると思われる
駅での取材が放送及び紙面になっていなかった不思議。
他ブログやまとめブログなどを見ると
実際に駅に取材した人の話では
「駅員含め20人ほどで助けた中の一人であった」
「一人で人一人を線路からホームに持ち上げるのはムリ」
だそうで。
韓国人留学生、新大久保駅で線路に転落した女学生救出 まとめ

そしてさらに、今回両陛下がご覧になる映画ですが
日本人カメラマンの存在は無視だそうであります。
心優しい韓国人と冷たい日本人が描写されているとか。

なあ、なんでこんな映画の試写会に両陛下が?

アテクシはハッキリ言えるほど嫌韓です。
でも皇族方が友好を考えておられ、そのために尽力なさることについて
とやかく言うつもりもありませんし
それこそ皇族である方々のお仕事のひとつだとすら思います。
まあ、中国ですら『天皇』と表記しているのに
韓国だけが未だに『日王』呼ばわりしてるあたり
向こうに友好関係を結ぶ気が毛頭なさそうだなとは思いますがw
で。
まともな映画であれば、たとえ韓国映画であっても
それをご覧になるのは構わないと思いますの。
それでも本来であれば、邦画の試写会にご臨席になってから
外国映画の試写会という流れだと思います。
なぜ初試写会がほとんどがフィクションのこの映画なのか。

宮内庁に小一時間どころじゃなく問い詰めたい気分ですわ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/250-d5e02c1f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
某所でこの件を知ってから、ああ中止されますようにと願ってたんだけど、さっきザワーイで両陛下の姿が・・orz
わかるよ、友好を考えてのご臨席っていうのはわかる。
まともな映画であればそれもいいけど、”事実をもとにした”といいながら完全なるフィクション(つーか捏造とも言う)のこの映画で、政治的・商業的利用されかねない(というかもうされてるしorz)ものに対しては宮内庁も毅然と断って欲しかったよ。
しかも今回の件、「皇后様たってのご希望で」とか皇后を盾にしてるところがもうもうもう・・・・(涙

小一日問い詰めたい気分よね。
Posted by もぇ at 2007.01.26 16:02 | 編集
>もぇちゃん
小一日どころか、1週間でも1ヶ月でも
問い詰め続けたい!

しかもこのニュースはしっかりNHKはじめ
各局で報道され、新聞でも取り上げられ・・・・

もうね、外務省いらない(ホントは某所流に書きたいwww)_| ̄|○
Posted by ともちゃん at 2007.01.27 13:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。