--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.12

やりきれないですよ・・・・

助かってほしいと思ってたのに(´;ω;`)

「頑張れ」の声届かず…意識不明の宮本巡査部長が死亡

 東京都板橋区の東武東上線で線路内に入った女性(39)を助けようとして電車にはねられ、意識不明の重体となっていた警視庁板橋署常盤台交番の宮本邦彦巡査部長(53)が12日午後、都内の病院で死亡した。
 宮本巡査部長は、6日午後7時半ごろ、踏切から線路に進入した女性を追いかけ、東武線ときわ台駅構内で急行電車にはねられた。女性は大けがを負ったが命に別条はなかった。
 事故の前、踏切内に入り線路わきの交番に連れてこられた女性はすきを見て逃げだし、再び線路内に進入。同巡査部長が追い掛け、女性とともにホーム下に逃げ込もうとしたが、間に合わなかった。
 女性は「死んでもいい」などと話していたという。

 ■痛恨の極みだが…署員の誇り。回復願っていただいた皆さんに感謝

 警視庁板橋署の滝沢慶二署長の話「宮本巡査部長が殉職されたことは痛恨の極みで、ご家族には慰めの言葉もない。責任感と正義感から身の危険も顧みず、職責を全うしようとした宮本巡査部長は、署員の誇りだ。回復を願っていただいた地元や全国の皆さんに心から感謝したい」

 ■あの笛も…深い悲しみ

 東武東上線の事故発生から6日。同僚や地域住民が「回復して」と願う中、12日亡くなった警視庁板橋署常盤台交番の宮本邦彦巡査部長(53)。上司から「責任感が強かった」と評され、住民にも親しまれる存在で、遺体が安置された署は深い悲しみに包まれた。
 午後4時すぎ、滝沢慶2署長ら約60人が敬礼する中、白い布に包まれたひつぎが署内に運び込まれた。岩間功副署長は「無口だがまじめで責任感が強かった。地域のことをよく知っていて、住民には『宮本さん』と呼ばれていた。このようなことを皆さんに伝えなくて済むよう祈っていたが」と無念の表情。
 交番近くの商店主の男性は「とにかく女性を助けなきゃという思いでいっぱいだったんだろう」と涙を浮かべ、「もうあの大声と、交通違反を注意する独特の笛の音を聞くことができないんですねえ」と声を詰まらせた。
 署や交番には事故の後、多くの花束のほか、励ましの手紙やメール計約30通が寄せられた。近くに住む女性(62)は「また一緒にパトロールをしてもらう約束をしていたんです」と残念そうに話した。
 ある警視庁幹部は「ほとんどの警察官は彼と同じ状況に置かれたら、同じように行動したはず。それが制服の重みであり、警察官がたたき込まれる精神。とにかく助かってほしかった」と唇をかんだ。



ほんとにもう、なんと言っていいのやら・・・・。
神様は何を見てるんだろう、とすら思ってしまう。
基本的に唯一神みたいなのは信じてないけど。

女性の方は助かったそうで、そこはよかったと思うべきなのかと
巡査部長さんの気持ちを考えると思うんだが
なんかこう、罵倒してしまいたくなる気持ちになるのは
人間できてないアテクシだから仕方ないのかしらね。

宮本巡査部長のご冥福を心よりお祈りいたします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/262-d0debeda
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。