--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.13

外務省乙

いつまでお守りしてあげるんでしょうねぇ。

政府、豪で出版の皇室扱った書籍に抗議

 オーストラリアで出版されている日本の皇室に関する書籍「プリンセス雅子」が、事実無根かつ極めて侮蔑的だとして日本政府は著者と出版社に対し抗議し、オーストラリア政府にも事態改善への協力を求めました。

 日本政府は、この本の内容が皇室の方々の言動などについての記載が事実無根で、愛子さまの誕生や雅子さまの体調に関しても非礼で看過できないと判断したということです。

 民間の出版物を巡って政府が外国の政府に遺憾の意を伝えるのは、極めて異例のことです。(13日17:48)



政府というか、外務省主導で宮内庁も連名で
抗議したとのことでございます。

(こういうことすると余計注目浴びるのになーという
突っ込みが早くも出ています(´∀`*)
政府が、ということですが日テレでは外務省・宮内庁の名が出ており
某スレではまた外務か、とも言われておりますわね)

別ソースでこちら。

2007年02月13日(火)19時06分
政府が豪記者に抗議文
雅子さま本「事実無根」と


 オーストラリア紙の元東京特派員が皇太子妃雅子さまの苦悩などを取り上げた著作「プリンセス・マサコ」(英語版)について外務省は13日、「事実無根の記述があり、読者に誤解を与える」として、政府が12日に現地の大使を通じ著者や出版社に抗議し、謝罪と訂正などを求める文書を手渡したと発表した。
 天皇陛下の側近トップである宮内庁の渡辺允侍従長名の著者への質問状も同時に手渡した。大使は豪政府幹部にも懸念を伝える異例の対応を取ったという。
 抗議文は、両陛下の言動や雅子さまの体調、愛子さまの誕生などについての記述を事実無根、非礼と指摘し「実態と乖離した皇室像を描いていることに政府として看過することはできない」と強調している。



いわゆる暴露本ですし
英語版が出た時にいくつかエピがうpされ、検証されてましたが
雅子擁護というよりも、皇室を傷つけるような内容との話で
なんだかなーとは思っておりました。

英語版発売当時のベン・ヒルズのフライデーでのインタビューはこちら

「結婚当初、皇太子夫妻に子供ができないことを案じた天皇と皇后が毎月、雅子妃に『生理があったか』と聞くなど、皇居の住人は彼女に屈辱的なプレッシャーを与え続けました。
雅子妃はそれに抗えずに不妊治療に取り組むことを決めましたが、不妊対策のホルモン 治療は肉体的にも精神的にも非常に辛いものです。
これが彼女の体調不良の原因のひとつになったと、私は考えています」

--彼は愛子様が体外受精で誕生したことを確信しているという。

「結婚直後に子供ができなかったにもかかわらず、妊娠の可能性が低くなる高齢になってから、愛子内親王が誕生したため疑問を持っていました。
取材に協力してくれた複数の専門医も同様の意見です。
実際、皇太子の精子と雅子妃の卵子を受精させる試みが2-3回行われたという、具体的な情報も得ています」

「04年5月の<人格否定発言>の直後、皇太子は退位の可能性について雅子妃と話し合いました。
しかし、最終的にはそれが不可能だという結論に達したのです。
当時は皇室典範改正が議論され、愛子内親王が天皇に即位する可能性がありました。
自分たちが退位したら愛子内親王の天皇教育はどうなるのか、愛する娘を手放さなければ
ならないのではないか、皇太子夫妻はそう危惧したのです。
また、小和田家は<皇太子妃の実家>という立場を非常に誇りに思っています。
退位した場合、その原因を作った雅子妃とその実家に非難が集中する。その影響を考えれば退位などできないというのが夫婦の考えでした」

「宮内庁は雅子妃を海外に出さずに皇居内に<軟禁>し、『適応障害』という本来の病名とは異なる発表をしました。そして皇室はそれを黙認しています。
これらの時代錯誤な態度が海外での日本のイメージを悪くしていることに、日本人は気付くべきでしょう。
特に女系天皇や、皇族が外国人と結婚することを認めない制度は、日本人が(女性や外国人に対する)差別主義者であるという認識を強めています。
私の著作が、皇室について議論する契機になれば良いと思っています」
(皇室御一行様★アンチ編part683より引用)



さて、このベン・ヒルズ本は17日発売予定だとか。
内容がちょっと気になってきましたね(´∀`*)
このタイミングで抗議とか、暗に宣伝しているようで^^;
ほんとにつくづくお役所の方々はタイミングを計ることが
できない人種の集まりのようで驚きですわ。
英語版発売の時にどうして抗議しなかったのかが不思議ですわ。

追記
宮内庁の抗議は両陛下についての部分だそうですね。
宮内庁:ベン・ヒルズ氏への質問状
あれ?雅子・愛子の部分は?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/263-a320286d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理人様おはようございます
オーストラリアのベン・ヒルズなる人物の「プリンセス・マサコ」について
既に雅子妃殿下擁護,皇室中傷の内容であることが指摘されているが,

同人の妻の金森マユという人物がやはり反日であった.

Googleで「ベン・ヒルズ 金森マユ」検索してみると

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA+%E9%87%91%E6%A3%AE%E3%83%9E%E3%83%A6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

「パトス」様より
週刊朝日、雅子様記事でおわび
http://blog.goo.ne.jp/shuuto7/e/71071c4cfb3df0142513e17eeceea007

やはりここでも,雅子妃を擁護して皇室を貶める工作が行われている.
保守派よ,これ以上雅子妃そして東宮家の暴走に黙っていていいのですか?

【参考】

喜々とする朝鮮日報
http://megalodon.jp/?url=http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/02/16/20070216000039.html&date=20070217090947

J-CAST
http://www.j-cast.com/2007/02/15005558.html
Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決 at 2007.02.17 09:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。