--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.13

ひろゆきの落としどころ~のまネコ問題~

avexからの公式謝罪(?)文が発表されてから
一夜明けてちょっと落ち着いたような気がする今日この頃。

そう、ちょっと落ち着いているような気がするのだ。

ひろゆきの公式(?)見解

えーと、昨日すっかり騙され状態で
一報のブログを書いたときのアテクシの思ったことと
大して変わらないような見解の発表に
いろいろと思うところもあったりして。

ひろゆきの見解では
「とりあえず、謝罪してキャラクター使用料を放棄するというのは、のまネコのパクリ疑惑に関しては実質認めたようなものだと思います。

「いや、パクリは認めてないよ!」ということでしたら、ご連絡ください。修正します。>エイベックスさん
だそうで。
どうにもこの辺は腑に落ちない感がするのだ。
だって、新しく描き起こしてとか
新しく描き下ろしてとか言ってるし。
それでいいのか~?と言うのが正直な感想。

とはいえ企業としてこれ以上のことを
文言に織り込むとも思えないし。

で、まあ、ひろゆき的には
「下記3点のうち、あと1点が成就すれば、騒ぎのオチとしては十分だと思います。

・エイベックス社がパクリに関して認めること < 実質的には認めた
・エイベックス社が謝罪をすること < 謝罪した
・キャラクター使用料が恵まれない人たちの幸せのために使われること」
だそうで、最後の部分、浮いたライセンシーを
災害義捐金なりに使われるとイメージアップになりますよと
提言してますな~。
それもまあ納得できなくもないか。
騒ぎを収束させたければ、こんな感じで持っていくしか
方法はないのかも、とは思うけれど、けれど。

一番肝心なところが「実質パクリを認めた」で
なんとなくうやむやな感じがするのですよ。

大人の論理としてこれで納得させるのが
一番の近道のような気もするのだが
なんだかなんだか感情の部分が納得できていない今日この頃でした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://gogoteamilk.blog23.fc2.com/tb.php/44-7f65d38c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。