--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.13

外務省乙

いつまでお守りしてあげるんでしょうねぇ。

政府、豪で出版の皇室扱った書籍に抗議

 オーストラリアで出版されている日本の皇室に関する書籍「プリンセス雅子」が、事実無根かつ極めて侮蔑的だとして日本政府は著者と出版社に対し抗議し、オーストラリア政府にも事態改善への協力を求めました。

 日本政府は、この本の内容が皇室の方々の言動などについての記載が事実無根で、愛子さまの誕生や雅子さまの体調に関しても非礼で看過できないと判断したということです。

 民間の出版物を巡って政府が外国の政府に遺憾の意を伝えるのは、極めて異例のことです。(13日17:48)



政府というか、外務省主導で宮内庁も連名で
抗議したとのことでございます。

(こういうことすると余計注目浴びるのになーという
突っ込みが早くも出ています(´∀`*)
政府が、ということですが日テレでは外務省・宮内庁の名が出ており
某スレではまた外務か、とも言われておりますわね)

別ソースでこちら。

2007年02月13日(火)19時06分
政府が豪記者に抗議文
雅子さま本「事実無根」と


 オーストラリア紙の元東京特派員が皇太子妃雅子さまの苦悩などを取り上げた著作「プリンセス・マサコ」(英語版)について外務省は13日、「事実無根の記述があり、読者に誤解を与える」として、政府が12日に現地の大使を通じ著者や出版社に抗議し、謝罪と訂正などを求める文書を手渡したと発表した。
 天皇陛下の側近トップである宮内庁の渡辺允侍従長名の著者への質問状も同時に手渡した。大使は豪政府幹部にも懸念を伝える異例の対応を取ったという。
 抗議文は、両陛下の言動や雅子さまの体調、愛子さまの誕生などについての記述を事実無根、非礼と指摘し「実態と乖離した皇室像を描いていることに政府として看過することはできない」と強調している。



いわゆる暴露本ですし
英語版が出た時にいくつかエピがうpされ、検証されてましたが
雅子擁護というよりも、皇室を傷つけるような内容との話で
なんだかなーとは思っておりました。

英語版発売当時のベン・ヒルズのフライデーでのインタビューはこちら

「結婚当初、皇太子夫妻に子供ができないことを案じた天皇と皇后が毎月、雅子妃に『生理があったか』と聞くなど、皇居の住人は彼女に屈辱的なプレッシャーを与え続けました。
雅子妃はそれに抗えずに不妊治療に取り組むことを決めましたが、不妊対策のホルモン 治療は肉体的にも精神的にも非常に辛いものです。
これが彼女の体調不良の原因のひとつになったと、私は考えています」

--彼は愛子様が体外受精で誕生したことを確信しているという。

「結婚直後に子供ができなかったにもかかわらず、妊娠の可能性が低くなる高齢になってから、愛子内親王が誕生したため疑問を持っていました。
取材に協力してくれた複数の専門医も同様の意見です。
実際、皇太子の精子と雅子妃の卵子を受精させる試みが2-3回行われたという、具体的な情報も得ています」

「04年5月の<人格否定発言>の直後、皇太子は退位の可能性について雅子妃と話し合いました。
しかし、最終的にはそれが不可能だという結論に達したのです。
当時は皇室典範改正が議論され、愛子内親王が天皇に即位する可能性がありました。
自分たちが退位したら愛子内親王の天皇教育はどうなるのか、愛する娘を手放さなければ
ならないのではないか、皇太子夫妻はそう危惧したのです。
また、小和田家は<皇太子妃の実家>という立場を非常に誇りに思っています。
退位した場合、その原因を作った雅子妃とその実家に非難が集中する。その影響を考えれば退位などできないというのが夫婦の考えでした」

「宮内庁は雅子妃を海外に出さずに皇居内に<軟禁>し、『適応障害』という本来の病名とは異なる発表をしました。そして皇室はそれを黙認しています。
これらの時代錯誤な態度が海外での日本のイメージを悪くしていることに、日本人は気付くべきでしょう。
特に女系天皇や、皇族が外国人と結婚することを認めない制度は、日本人が(女性や外国人に対する)差別主義者であるという認識を強めています。
私の著作が、皇室について議論する契機になれば良いと思っています」
(皇室御一行様★アンチ編part683より引用)



さて、このベン・ヒルズ本は17日発売予定だとか。
内容がちょっと気になってきましたね(´∀`*)
このタイミングで抗議とか、暗に宣伝しているようで^^;
ほんとにつくづくお役所の方々はタイミングを計ることが
できない人種の集まりのようで驚きですわ。
英語版発売の時にどうして抗議しなかったのかが不思議ですわ。

追記
宮内庁の抗議は両陛下についての部分だそうですね。
宮内庁:ベン・ヒルズ氏への質問状
あれ?雅子・愛子の部分は?
Posted at 20:25 | 日記 | COM(1) | TB(0) |
2007.02.12

ひこにゃんカワユス(*´д`*)

ニュー速+でひこにゃんとか書かれても
どんなのか想像つきませんがなw

ひこにゃん、京都タワーに出陣
たわわちゃんと400年祭PR


 国宝・彦根城(滋賀県彦根市)の周辺で3月21日に開幕する同城築城400年祭のキャラクター「ひこにゃん」が11日、京都市下京区の京都タワーを訪れ、同タワーの「たわわちゃん」と一緒にPRを展開した=写真。

 同祭の誘致キャンペーンの一環で、ひこにゃんが“上洛”。タワー入り口や展望台でたわわちゃんと愛きょうを振りまき、PRグッズを配布して来訪を呼びかけた。
 周囲には、携帯電話で写真を撮るファンが殺到。人気タレント並みに「追っかけ」も見られた。大阪市から来た30代女性は「癒やし系でユルイ感じが大好き」と話していた。



紹介画像見てKOされました><
テラカワユス(*´д`*)

70 名無しさん@七周年 sage New! 2007/02/03(土) 13:34:14 ID:NPAti7vg0
ひこにゃん初心者は、まずこちらのブログをご確認下さい
http://www.hikone-400th.jp/blog/


↓以下、ようつべ動画

国宝・彦根城築城400年祭のキャラクター「ひこにゃん」の秘蔵VTRを公開。?
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utWbtgDKL-vpc
階段が苦手なひこにゃん。脚短いしねー。傾いてるし...。
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utMNOI-ewH81Y
ひこにゃんが鈴ならしてます。(たぶんご機嫌の合図) 陥没していた手がニョッコリ出てくるのがキュート。
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utHLIKsRpn_OY
ひこファンからもチョコをプレゼントされてなんどもお辞儀する、ひこにゃん。礼儀正しい。
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utSQWx9TmU_u8
貴重映像! ひこにゃんがスタッフとしゃべっています。残念ながら音声はとれませんでしたが...。
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utRXWP6W-A4ao



ひこにゃんグッズ

いやーん、かわいい><
基本的には彦根城400年祭のキャラクターらしいです。
なんかだるだる~なところがいいです(*´д`*)
ぬいぐるみと絵本がほしいなぁ(´∀`*)
Posted at 14:09 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2007.01.05

急にアクセス増えたからビックリしたw

何で急に、と思ったら
フセイン処刑フル(?)動画が上がってたんですね^^
期待はずれでゴメンね(´・ω・`)

検索したら行き当たりましたが・・・・
動画は終始画面ゆらゆら、時々真っ暗で見えなかったりでした。
落ちていく瞬間は見えるけれどそのあと真っ暗になり
ぶら下がっているシーンがフラッシュで浮かび上がる感じでした。
ようつべでは18禁にしたようですし
アテクシもあまりオススメはしません。
なにやら期待している人なんかはもっとがっかりするかと思います。
ぶっちゃけ、年末に公開されていた
下ろされてくるまれたモノの方が画質も鮮明なだけに
ショッキングだったようにも思います。

あまりどころかオススメできるモノではありませんが
まだ見られるところもあるようですよ。
Posted at 00:38 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2007.01.04

連載の行方

今日は初詣に行って来ましたよ。
寒いながら晴れていて
神社には「奉祝 悠仁親王殿下ご誕生」と貼られていて
そうそう、やっぱりおめでたいことなのよねと
改めて嬉しくなった今日この頃。

今日は久々にニュー速+を見ていろんな話題を見て回りましたが
2ちゃんではやっぱり毎日新聞が元旦にやらかした
一面に載せた2ちゃん批判的な記事が話題でしたね。
うちは読売を取っているので毎日新聞なんて読みもしないし
興味もないのですが
2ちゃんだけでなくブログなんかでも話題にしてる人が
結構いるようで、ネットにもアップされていたので
記事を読んでみました。

ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その1) 難病児募金あざける「祭り」
ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その2) 「エサ」総がかりで暴露
ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その3止) 2ch管理人に聞く

もはや悪のすくつ(←なぜか変換(ry 扱いですね^^^^^^^^^^
祭りの本質も見ずにねらー批判だけだし
なんかもう、祭ってくださいといわんばかりwww

祭りは大体が祭られた側に原因があったりするわけですよ。
最近は小物も祭られてるようだけど
大規模な祭りで思い出すのは
ネコ虐待して殺害した画像をうpしたディルレとか
店内を走り回る子供を注意した店員を殴ったと
嬉々として日記に書いたことが原因で起きたJOY祭とかかしら(古っw)。
去年ののまねこ問題とかも祭りの範疇かな?
あちこちの板にコピペされまくって人が集まって来てたっけ。
確かにとばっちりを受ける人もいるしかわいそうな面もある。
が、元々は非常識な行いとか違法行為とかを
まるで武勇伝とばかりに自慢してるわけで
そりゃ叩かれるだろうなぁ、と思うわけですよ。
たまに勘違いで叩かれちゃう人もいるけど。

でもこれって・・・・2ちゃんだけじゃなくて
リアルでも見たことあるんじゃない?
こういうことって元々報道機関が嬉々としてやってるじゃないですか。
秋田の小学生殺害事件の時だって
容疑者に四六時中張り付いて
過去のオシゴトのこととかイジメられてたこととか
散々週刊誌とかに書きたてて
終いには張り付かれていることに激怒している容疑者の様子を
何度も何度もテレビで流したりして
なんというか、マスコミの怖さを感じた事件だったわ。
ねらーの祭りなんてリアルでそこまで被害はないよ。
ネットの世界で居づらくなるくらいで済むもの。
それに比べてマスコミの方は性質が悪いと思うよ。
リアルで居づらくなるから。

産科休診:妊婦死亡の病院で 奈良県南部分べん施設ゼロに

 今年8月、入院中の妊婦の高崎実香さん(当時32歳)=奈良県五條市=が転送先探しの難航の末、死亡する問題が起きた同県大淀町立大淀病院(原育史=やすひと=院長)が、来年4月から産科を休診することが分かった。県南部(五條市・吉野郡3町8村)で分べんができる医療施設はゼロになる。婦人科は継続する。病院側は「医師が辞めるわけではないが、十分な看護師、助産師を確保できず、リスクが大きいと判断した」と説明している。

毎日新聞 2006年12月22日 18時14分 (最終更新時間 12月22日 18時18分


これは毎日新聞のネットニュースの記事だ。
現在、医療カテのバックナンバーからこの記事が探せないのは
なぜでしょう(;・∀・)

この妊婦死亡に関する記事を最初にニュースにしたのも
やはり毎日新聞だった。
ググってみたら、医師のブログに行き当たりました。

勤務医 開業つれづれ日記

ちょっと改行が多いので読みにくさを感じる人もいるかもしれませんが
医師の立場からこの問題について当初から意見を書かれています。
こちらの医療崩壊カテゴリの記事は、非常に読み応えがあります。
この奈良の問題についても医師の立場から
報道の問題点について書かれています。

患者の立場にしかなり得ないアテクシとしては
確かにご遺族の気持ちもわかるのです。
身近な人を亡くしてしまうと、あの時こうすれば、ああすればと
後悔の念がわいてくるものなのです。
アテクシなんてペットロスでもそんな感じでしたから
実際に身内が亡くなったら・・・・想像するのも恐ろしいですね。
しかも今回の件は、奥様は病院にいて医者も側にいたというのに
「なんで転院?」
から始まり、きっと受け入れ先が決まるまでの間
祈るような気持ちでいたことでしょう。
しかし時間ばかりが過ぎていき、結果亡くなってしまった。
となると、医療機関への不審も募るってもんですよ。

でも、でもね。
だから即医療ミスってことになるんでしょうか?
もともと命を扱う仕事である医師業ですから
医師として最善を尽くしたとしても
救えない命だってあるわけで・・・・
この場合、アテクシは周辺も含めた医療体制の不備が
問題を大きくしたと思うのです。
医師が懸命に治療した結果手に負えないと判断することは
フツーにあることだと思うのです。
助けを求めることに決めたのは
患者が意識喪失してから1時間20分後のこと。
診察し状態を見てどうするか相談し、判断を下すのに
ちょっと時間はかかっているかもしれないが
想定の範囲内かと思う。
この時点で他の高度な医療処置が出来る病院への搬送を決め
打診することになるのだが
どうも元々県外に搬送される急患が多いといわれているらしい奈良県で
受け入れ先を決めるのは大変だったのでしょうね。
家族にしてみりゃ「なんでだよ!病院だろう!」と思うだろうが
十分な治療が受けられない可能性が高いのであれば
やっぱり引き受けはキビシイと思うのですよ。
これも他人の目だからこそ、言えるのですが、ね。
そういう病院が相次ぎ、結局搬送されたのが6時間後と。
せめてもっと早く受け入れ先が見つかっていれば
このご遺族と病院の間に軋轢が生じることもなかっただろうし
毎日の青木記者が目の色変えてスクープ!なんて
自信満々に記事を書く事もなかったと思うのです。

しかしマスコミはすごいですね。
こういう鬼の首でも取ったかのような
叩き記事(エサ)スクープに
わらわらと各社群がって
この医師の批判を始めるわけです。
中には「恥を知れ!」などと強い口調で叩く記事まであったようです。
実際は失神後処置が始まるまで1時間20分あったという部分より
搬送先の病院で亡くなるまでの「6時間放置」という
最初の記事の部分の方がセンセーショナルで印象に残るので
ますます医師は非道で怠惰で人命を軽視しているかのように見えます。
その記事を見る人たちは、当然医師を批難するでしょう。
アテクシもこの最初の記事だけは見ていましたが
やっぱり6時間放置とかたらいまわしの部分だけ覚えてました。
祭りの始まりですよね、これって。

そしてマスコミの怖いところは
例え自分たちが行き過ぎた報道をしても
「読者が情報を望んでいる!」
と、読者に責任を押し付けるんですよ。
センセーショナルな記事を書いてあとで事実誤認だとわかっても
明確に謝罪したものなんて見たこともありませんがな。
一面ですっぱぬいたら、一面で謝罪すればいいのに。
でも走り出した論調はなかなかとまるものではありません。
結局、奈良県南部から分娩施設が消える羽目になりました。
リスクは負えないでしょう・・・・病院だってさ。
奈良の毎日新聞の中の人たちは「母子救急搬送システムの改善」を
成し遂げた(うちのスクープでヽ(´▽`)ノ)と
自画自賛している模様です。
改善・・・・そりゃ搬送する母子がいなけりゃ
問題も起きないでしょうね。

どうでしょう、2ちゃんの祭りの規模をはるかに超える
マスコミの祭り。
影響力も2ちゃんの祭りの比じゃありません。
だって、奈良県南部の最後の分娩施設を閉鎖させちゃうんです。
すごいですねー(棒読み)

マスコミの祭りは『いい祭り』で
ネットの祭りは『悪い祭り』って言ってるみたいで
なーんか気分悪いんですけどw

今後の連載も、どんな感じになるのか楽しみですね^^^^^^^^
Posted at 08:41 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2007.01.01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もマターリ生温くよろしくお願いします
と思う今日この頃。

「信頼し合って暮らせる社会を」=新年迎えた天皇ご一家

 天皇ご一家は2007年の新年を迎えられた。皇室にとって41年ぶりの男子が誕生し、明るい新年となる中、天皇陛下は宮内庁を通じて感想を公表し、「互いに信頼し合って暮らせる社会を目指し、力を合わせていくよう、心から願っています」と述べられた。
 感想で陛下は、昨年の大雪や竜巻など一連の自然災害で150人が亡くなったことを「痛ましいこと」とした上で、地震で被害を受けた新潟、福岡両県の住民について、「この冬も仮設住宅で暮らしている人々のことが心にかかっています」と気遣った。

平成19年の新年に当たり天皇陛下のご感想



陛下は大晦日から新年にかけて
ほとんどお休みにならずに迎えられるそうです。
それもこれも国民の幸せを祈ってのこと、どうぞお体をいたわり
今年こそ心安らかな一年をお過ごしになられるように祈っております。

某スレで話題の皇室の新年動画&お写真では
無難な仕上がりと言うことで、アテクシも一安心いたしました。
愛子様も笑顔で眞子様、佳子様とすごろくを楽しんでいて
(そこからの憶測はしますまい・・・・)
よかったと思っております。
もう少し悠仁様の映像が見たかった(´・ω・`)
本当に美赤さまでいらして、将来が楽しみです(´∀`*)
来年(年が明けたばかりだと言うのにw)の映像が楽しみですw

さて、テレビで皇室の祝賀行事のニュースがでました。
公開されている新年映像と、祝賀の儀の映像が出ましたが
やはり公式行事だけあって正装なさった両陛下や
妃殿下方のお美しいこと。
雅子さんは『一部』の行事のみ出席ということで
ちょうど映像が出た祝賀の儀にはいませんでした。
車中映像は流れたのですが・・・・
昨年までは精神的なご病気ということで
気にも留めていなかったのですが
スケジュールを見る限りご病気の割には私的外出も多いようですし
ご実家の方々とも頻繁に会われているようなので
なぜ一部の行事にしか出席なさらないのかが不思議でなりません。
周囲の理解が・・・・というのでしたら
治療の効果がどれほど出ているのか発表なさればよろしいのに。
別にバッシングしたいとか、彼女がキライとかではなく
そこまでおつらいのならばいっそ、入院治療なさるとか
宿下がりなさってご実家で静養なさるとか
他の方法が取れるんじゃないかと思うわけですよ。
もう3年も体調の波で出たり篭ったりをくり返してますし。

そんな体調の波も
私的な外出や公的なものでも鑑賞・観覧系のお仕事では
いつも上向きなご様子で
皆勤賞でいらっしゃいますが
皇居にお伺いになるとかの私的な皇室関連の外出や
お仕事的なご公務の時には体調がいつもお悪くていらっしゃる。
それじゃあ、勘繰られてもしょうがないでしょう。
やっぱ仮病?それともワガママ病?
ま、まさか病名が変わったあの病気?
なーんてね。

批判的な意見についてはいろいろ言いたい人もいるようですが
要素を作り出しているのは雅子さんご自身でしょう。
国賓をもてなす午餐を欠席して乗馬とか
どう考えてもおかしいでしょう。
温かく見守るにも限度ってもんがありますよ。
皇太子妃という公人の立場なんですから。

もはやオカワイソウキャンペーンも今年はナシの方向で
お願いしたいものでございますわね。
Posted at 13:47 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。